サイト内
ウェブ

【毎日おやつ】卵屋さんが作る、ふっくらまろやかな焼き菓子「リナンシェ」/長野県

  • 2020年10月4日
  • ことりっぷ


全国各地のおいしい・かわいいおやつを紹介する「毎日おやつ」。自宅でのスイーツ時間が楽しくなるとっておきの甘味から、旅のおみやげにもぴったりなご当地の恵みを使った逸品まで、新しい発見にきっと出会えるはずです。今回は長野県の「リナンシェ」をご紹介します。
赤いリンゴのパッケージがキュートな「リナンシェ」は、長野の恵みがたっぷりと詰まった焼き菓子。志賀高原のある長野県、山ノ内町産のリンゴと一緒に焼き上げた、爽やかな酸味が魅力のふっくらフィナンシェです。
平飼いで育てられた鶏の卵、丁寧にコンポートしたりんごはもちろん、はちみつや小麦も信州産を使用、やさしい甘さの中に、リンゴの清々しい酸味を感じます。人工香料、甘味料、保存料等の添加物不使用、手作りならではのほっとする味わいです。
実は「リナンシェ」は、卵の美味しさを伝えたいと平飼い養鶏場が開発したもの。おいしい水と100%手作りの餌で、手間暇かけて育てられた鶏の卵「大地の卵」は、きれいな山吹色をしています。「リナンシェ」のふっくらボリューミーな質感やまろやかさはこの卵でなければ出せないのだとか。
「大地の卵」を100%使用した濃厚プリンも人気を集めています。地元の新鮮な牛乳を使い、天然の上質なバニラビーンズで香りづけ、甘みは抑えめにして固めに蒸し上げました。長野産のリンゴやぶどう入りのプリンもあるので、「リナンシェ」と一緒に大人買いするのもおすすめ。至福のおやつタイムが過ごせそう。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 1996- 2020 Shobunsha Publications All Rights Reserved.