サイト内
ウェブ

意外と知らないスキンケアの落とし穴 「化粧水のバシャバシャ使い」は意味がない!?

  • 2023年10月19日
  • 美容最新ニュース

パナソニック株式会社が、20~40代の女性500名を対象に行った「スキンケアにおける考え方」の調査によると、多くの女性が「化粧水はたっぷりの量をバシャバシャ使ったり、重ね付けしたりすると良い」、「クレンジングをしながらのマッサージは、ハリ感のなさによる肌のもたつきケアに良い」など、さまざまな勘違いに陥っていることが明らかになった。

スキンケア好きも間違える、スキンケアの「勘違い」
今回の調査では、勘違いしやすいスキンケアの考え方5項目について、一般女性500名に「正しいと思っている」または「これまでに実践したことがある」ものを回答してもらった。

また、一般女性の中でも、特に「スキンケア好き」(事前調査で「スキンケアについて調べるのが好き」と回答した人/n=295)のみに絞り込んだ集計結果を算出している。その中でも特に間違い率が高かったのが、スキンケア好きの88.1%が「化粧水はたっぷりの量をバシャバシャ使ったり、重ね付けしたりする」と回答した項目だ。また、今回調査で扱った5項目すべてが「勘違い」であることを知っていた割合は、1割未満にとどまっている。

松倉クリニック代官山院長 美容皮膚科医の貴子先生によると、化粧水を大量に塗布しても、角層が吸収できる水分量には限りがあるので意味がないのだそう。

また、肌が水分を過剰に含み過ぎると、バリア機能が低下して、肌の水分が蒸発しやすくなり、結果的に乾燥しやすくなるというデメリットがある。

大切なのは、「水分より成分の吸収を高めること」と、貴子先生。各メーカーの推奨量を使っても足りないと感じる場合は、保湿力が高いアイテムに見直したほうが良いのだそうだ。

また、貴子先生は「保湿成分をしっかりと角層まで浸透させるためには美顔器の使用もおすすめです」と語る。

パナソニック史上最高(※1)の角層浸透を叶える「イオンブースト マルチ EX」
パナソニックが、2023年11月1日(水)に発売する「イオンブースト マルチ EX」は、角層浸透研究を結集した、パナソニック史上最高(※1)の角層浸透を叶える美顔器だ。

外からの異物の侵入を防ぐ役割をしている肌の角層。このような構造のため、分子サイズが大きい美容成分は、ただ手で塗るだけでは浸透しにくく、スキンケア効率が落ちる。

同製品には、美容クリニックに学んだ「パワーブーストテクノロジー」を搭載。
このテクノロジーにより、約3秒で角層を一時的にゆるめて美容成分の通り道を作ることで、手塗りでは浸透しにくい美容成分も、肌の奥、角層まで浸透させることが可能だ。

さらに、自分では鍛えづらい、顔の表情を作る複雑な筋肉にアプローチできる「デュアルダイナミックEMS」機能を搭載。
手ではできない肌の奥の表情筋をトレーニング(※2)することも可能で、毎日のお手入れを手軽な高浸透ケアへアップグレードできる。

※1:2023年9月27日現在 11月1日発売予定
※2:電気刺激を筋肉に伝え、筋肉を収縮させること

間違ったケアに心当たりがある方や、自分の肌状態に満足できない方。
もし今のスキンケアが不安なら、美顔器の使用を考えてみては。

(出典元の情報/画像より一部抜粋)
(最新情報や詳細は公式サイトをご確認ください)

※出典:プレスリリース

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) Estyle, Inc. All Rights Reserved.