サイト内
ウェブ

海野和男のデジタル昆虫記

チャイロニワシドリのあずまや Amblyornis inornata

2019年11月11日

 ニワシドリのニワシは庭師のこと。アズマヤドリとも呼ぶ。今回は最終日の朝、5時半からブラインドの中で待った。
 ニワシドリは交尾のためにオスがあずまやを作る。飾りでメスをひきつけ、そこで交尾をする。メスはその後に別の場所に巣を作るのだという。ところで枝で作られたあずまやはいつも同じ場所に作るのだろうか。そうでなければそこにブラインドの小屋があるのがおかしい。鳥は2羽いたが、これははたしてオスメスなのか、それともオスが協同でそこを使うのだろうか。

関連タグ
インドネシア
鳥類
求愛

関連動画

紫外線で見たモンシロチョウの世界
紫外線で見たモンシロチョウの世界
庭のヒメシジミ
庭のヒメシジミ
ミツバアリとアリノタカラ Acropyga sp.
ミツバアリとアリノタカラ Acropyga sp.
ミイロタイマイの飛翔 Graphium weiskei
ミイロタイマイの飛翔 Graphium weiskei

お知らせ

NEW

単行本

連載

WEB

◎過去の小諸日記

海野和男写真事務所へのご連絡、小諸日記へのご意見

プロフィールページのアドレスへ

掲載情報の著作権は海野和男写真事務所に帰属します。
Copyright(C) 2020 UNNO PHOTO OFFICE All Rights Reserved.

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。