サイト内
ウェブ

【漫画】結婚相手は、15年ぶりに再会した同級生。SNSの一通のメッセージがきっかけに!?

  • 2022年11月26日
  • Walkerplus

30代前半で5年付き合っていた彼氏と別れ、新しい出会いを重ねても心はときめかず、恋愛から遠ざかり、気付けば推し活に専念しこじらせてしまって…。そんなアラサー女子が高校の同級生と再会し、結婚をするまでの実体験を漫画にした「15年ぶりに再会した高校の同級生と結婚した話」がInstagramで話題となっている。書いているのは、ブロガーのえんさん(@tamago_en)。

今回ウォーカープラスでは、全33話の漫画を6回の連載形式でお届け。新しい出会いにばかり目を向けている女性たちに送りたい「運命の人とはもうすでに出会っているかもしれない」というメッセージと共に、作中で描き切れなかったえんさんの当時の心境もお送りする。

連載第3回目となる今回は、15年前、旦那さん(ハト氏)と出会った高校時代のエピソードが描かれる。席替えで隣の席になり、ハト氏を意識するようになるえんさん。しかし、上手に会話ができず、距離も縮まらない…。甘酸っぱい気持ちにさせてくれる、絶妙な距離感の2人に注目だ。

■同級生が結婚相手「どこか気になる存在だった」
青春時代の2人が描かれた今回のお話。”ハト氏がえんさんを好き”という噂を聞き、ハト氏のことが気になるようになったえんさん。彼女に当時の気持ちを聞いてみた。

「漫画の中に出てくるような『無表情であまり楽しそうな雰囲気じゃないのに、なんでいつも周りに人がいるのかな?』など、彼がどんな性格なのか分からない部分も多かったので『どういう人なんだろう?』とは気になっていました。隣の席だったのにお互いに内気でほとんど会話をしなかったのに、そんな2人が卒業式では勇気を出してツーショット写真を撮ったことは今もいい思い出です」

お互い気になる存在であったが、当時は友達以上の関係になることはなかった。大人になり、同窓会をきっかけにハト氏に連絡を取ったえんさんだったが、ずっと気になる存在だったのだろうか。

「高校を卒業してしばらくは気になっていましたが、年月が経つにつれて私にも他に恋人ができて、ずっと気になっていたという訳ではありませんでした。ただ彼の誕生日は記憶していて、毎年その日になると『今日ハト氏くんの誕生日だなー』とぼんやり思っていたので、どこかで気にはなっていたんだと思います」

■悩んで足踏みするよりも「まずは行動!」
ハト氏の存在が頭の片隅にずっとあったと言うえんさん。同窓会の案内が来た時は「ハト氏に連絡する良い口実!」と思い、Facebookにメッセージを送ったと言う。

「恋愛に発展しないとしても、大人になった今なら普通に会話できるかもしれないし、ハト氏と話してみたいと思って連絡しました」

この連絡が再会のきっかけとなり結婚へと繋がるのだから、えんさんのように、行動し続けることの大切さを考えさせられる。

「『今』の自分ではなく『未来』の自分がどうなっていたいか、そのためには『今』の自分は何をすれば良いか考えていました。案ずるより産むが易しです!」

考えて悩む日々以上に、アクションを起こすことを大切にできれば、未来の自分は変われるのかもしれない。次回は、えんさんがついにハト氏と15年ぶりの再会を果たす!高校時代から成長した2人の物語に期待を。 婚活女子へのアドバイスもためになる、彼女の物語を今後もお楽しみに。

取材・文=左近智子

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2023 KADOKAWA. All Rights Reserved.