サイト内
ウェブ

サマージャンボの当選を引き寄せる!?金運をアップさせる宝くじの買い方とは?【シウマさんが教える琉球風水的金運アップ法】

  • 2022年6月24日
  • Walkerplus

コロナ禍が長引く今、お金について改めて考えることが多くなり、悩みを持つ人も増えています。そこで、琉球風水志のシウマさんが、楽しく金運アップしていくためのコツを伝授!従来の風水よりもゆるりと実践しやすい“琉球風水”や、数のエネルギーを活用する“数意学”をベースに、開運アイテムやアクション、注意するポイントなどもわかりやすく解説します。毎日の生活に取り入れて、どんどん金運をアップしていきましょう!

■宝くじは買わなきゃ当たらない!7月は複数買いが吉
宝くじを含め、「くじ」はギャンブル運も大きく関与するのですが、多くの方にとって金運=宝くじを当てる、というイメージがあるのではないでしょうか。ちょうど7月は九星気学でみると六白金星にあたるため、金運にはいいタイミングな上に、来週7月5日(火)からはサマージャンボ宝くじが発売になります。そこで、宝くじにまつわる開運アクションをお教えしたいと思います。

まず、当たり前のことですが、「どうせ当たらないから」と言って宝くじを買わない方は、絶対に当たりません。また、宝くじを買うことで経済が回り、さらに購入金は公共事業などにも使われるので、社会貢献をすることにもなります。そもそも琉球風水では、お金を回転させることを重要視するので、宝くじを買うこと自体が金運アップアクションと言えるのです。

また、六白金星の7月は高級志向の月で、ケチるといつも以上に運気が下がるため、お金を出した方がいい月でもあります。また、遊び心も大切な月なので、1枚買いよりは複数枚購入して、どれが当たるかワクワク待つ方が当たりやすくなります。あとは、無欲の方が当たるとも言われるので、「絶対に当ててやる!」とガツガツしないことも大切です。

■周りの人の十二支を調べて、“持ってる”人の協力で当たりを引き寄せる!
それでは、金運アップを狙える買い方をお教えします。まず、金運にいい十二支=金三合の丑・巳・酉と、同じく金運によく、さらに勝負強い寅を活用することが基本となるので、十二支が金三合に該当する日を調べて買いに行きましょう。さらに大安や友引、一粒万倍日や天赦日などの吉日が重なっていたらベターです。

そして個人で買う場合、生まれ年の十二支が金三合の丑・巳・酉なら、ぜひやっていただきたい開運アクションがあります。丑の方は巳か酉の人に、巳の方は丑か酉の人に、酉の方は丑か巳の人にお札を交換してもらい、そのお金を持って買いにいくと当選しやすくなります。先ほどもお話した通り、琉球風水ではお金を回す・動かすことが重要で、自分のお財布から直接お金を出すのではなく、少し回してから買いに行った方がよいとするからです。生まれ年が丑・巳、酉でない方は、いずれかの金三合の人に交換してもらってください。

グループで買う場合も、金三合のメンバーにお金を預けて、ほかの金三合の人からお金を交換してもらい、そのお金で買いに行くよう頼んでみてください。金三合のメンバーがいなければ、やはり金運にいい十二支で、勝負強さもある寅のメンバーに頼むか、せめて金三合の人にお金を交換してもらうこと。そして、金三合は楽しまないとお金が生まれないという気質もあるので、みんなで楽しみながら宝くじを買うのもポイントです。

なお、年の十二支はいわゆる節分を過ぎて切り替わるため、誕生日が1月1日から節分までの方は、前の年の十二支に該当します。とくに2月3、4日の節分付近が誕生日の方がいたら、その年の節分の日をネットで調べて、どちらの十二支に該当するかを確認してください。

■知り合いにいたらラッキー!7月の金運がよい生まれ年とは!?
7月は九星気学でいうと六白金星にあたるため、五黄土星と七赤金星、一白水星の人も宝くじに当たりやすいと言われています。また、六白金星の人も7月に財の運気に入るので、悪くありません。これらの九星で、先ほどお伝えした金三合の十二支のいずれかが該当するなら、さらなる金運アップが期待できます。

そのため、平成5年と昭和32生まれの七赤金星の酉の方は、七赤金星と酉がいずれも西のエネルギーを司っているので、ベストな人選と言えます。また、昭和60年と昭和24年生まれの六白金星の丑、昭和56年、昭和20年生まれの一白水星の酉の方に宝くじを買ってもらうと、かなり当たりやすくなります。

さらに、卯は7月の十二支の未と相性がいいので、平成11年と昭和38年生まれの一白水星の卯の方にお願いするというのも一つの手です。なお、九紫火星の人に買ってもらうというのもなぜか当たりやすいのですが、当選したときにダメージが大きくなります。また、九星も十二支と同じで、1月1日から節分までが誕生日の方は、前年の九星に該当しますので、間違えないようにしてください。

■こんな売り場は当たりやすい!?方位や時間、混み具合もチェック!
基本的に当たりやすい時間は、日の入り前の夕方、16時頃以降になります。この時間帯は、西の太陽のエネルギーを取り込み、金運がアップしやすいからです。できれば、日の入りまでの時間に買えるとベストです。さらに、旬のフルーツを食べてから買いに行けば、より金運アップ効果が望めます。

宝くじの売り場は、自宅や会社など自分の拠点から見て巳の方位の東南、酉の方位の西、丑の方位の北東のいずれかにある売り場がおすすめです。いずれも金運にいい方位になります。さらに、ここでも金三合を使うと、より開運に効果的です。酉の人は丑の日に巳の方位、もしくは巳の日に丑の方位へ、巳の人は丑の日に酉の方位、もしくは酉の日に丑の方位へ、丑の人は酉の日に巳の方位、もしくは巳の日に酉の方位へ買いに行きましょう。

オンラインで宝くじを購入するなら、酉の刻の17時から19時、丑の刻の深夜1~3時がいいでしょう。朝は宝くじがらみの金運に合わないので、巳の刻の9~11時は避けてください。また、動いて手間をかけた方がゲン担ぎになるので、オンラインよりも実際に売り場に買いに行った方が開運アクションになります。とくに、「よく当たっている」ということも引き寄せの法則になるので、行列ができるような売り場で買う方がベターです。金三合の方位に買いに行けない場合は、せめて人気の売り場を選びましょう。

なお、行き慣れていない場所や旅先で買うと当たりやすいとも言われています。そういう場所はエネルギーが変わっている上に非現実的な要素が入ってくるため、非現実的な宝くじと波長があう可能性があるからだと考えています。そして、もし当選したら、一部の金額をその土地に還元するようにしてくださいね。


【シウマさんプロフィール】
琉球風水師である母の影響で琉球風水を学び始めたのち、姓名判断や九星気学などを基にした「数意学」を考案。人気番組『突然ですが占ってもいいですか?』(フジテレビ系)など、多くのメディアやイベントに出演し、驚異的な的中率を誇る。主な著書は『シウマさんの琉球風水開運術!』(KADOKAWA)、『あなたの居場所がすべて開運スポットになる琉球秘術』(宝島社)、『琉球風水志シウマが教える 身の回りをパワースポットに変える「数字の魔法」』(講談社)など。

取材・文=秋月美和/撮影=島本絵梨佳/イラスト=田中斉

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2022 KADOKAWA. All Rights Reserved.