サイト内
ウェブ

海野和男のデジタル昆虫記

オナガタテハ Vagrans egista

オナガタテハ Vagrans egista
オナガタテハ Vagrans egista
2018年10月25日

 オナガタテハは地面に吸水に降りても翅を開閉させながらせわしなく動く。ウラベニヒョウモンの仲間の動作と似ているなと思った。それもそのはず、属は違うが、両種ともウラベニヒョウモン族に属するチョウだ。
 族と属、何やら紛らわしいが、分類の単位で、属の上の分類が族になる。グループによって同じ族に属するものでも、習性などがかなり違う。例えばモンシロチョウ属とトガリシロチョウ属はシロチョウ族に属している。モンシロチョウとトガリシロチョウとは随分飛び方が違う。けれどオナガタテハとウラベニヒョウモン属(Phalanta)かなり近い属のように思う。

関連タグ
チョウ
Olympus E-M1 Mark Ⅱ
東洋区
ミャンマー
前日
翌日

お知らせ

NEW
  • 写真で伝えたいこと6回目が公開されました。今回は憧れのチョウを世界中に追いかけてというタイトルです。
  • NEW

    単行本
    キンドル版

    連載

    WEB

    過去のWEB

    リンク

    ◎過去の小諸日記

    海野和男写真事務所へのご連絡、小諸日記へのご意見
    プロフィールページのアドレスへ。

    掲載情報の著作権は海野和男写真事務所に帰属します。
    Copyright(C) 2019 UNNO PHOTO OFFICE All Rights Reserved.

    キーワードからさがす

    gooIDで新規登録・ログイン

    ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
    たまって環境に貢献できます。