サイト内
ウェブ

海野和男のデジタル昆虫記

シボリアゲハの住む山

シボリアゲハの住む山
シボリアゲハの住む山
2018年10月07日

 ミャンマーから戻った。
 いつもは漠然とその地に住むチョウを求めて旅をするぼくだが、今回のミャンマーは、シボリアゲハに会いたいという目的があった。
 最近は日本人が良く採集に訪れるインド国境に近い地域に出かけた。現地の標高はおよそ2400m、一番高いケネディーピークは2700m以上ある。
 雨期が開けていないと思って出かけたのだが、雨はしばらく降っていないようで、かなり乾燥していた。日本を出て3日目に現地に到着。今回はマンダレーから車で移動したが、およそ15時間ほどかかった。道は舗装されていない部分も多く、移動には思ったより時間がかかる。どこでも道路工事をしていたり、光ケーブルを埋めていたりと、何年かすれば随分と変わってしまうのではないかと思った。
 カレーミヨからシボリアゲハのいる山にいたるテデム街道は急峻な山脈を越える。山の麓は標高180mしかない。およそ50kmで2000m以上の標高差を登る。この道は第二次世界大戦の時に、日本軍がインパール攻略のために使った道の一つで、多数の死者を出し、白骨街道と呼ばれる地域だ。

関連タグ
風景
東洋区
ミャンマー
前日
翌日

お知らせ

NEW
  • 9月下旬発売の新刊アゲハチョウの世界: その進化と多様性好評発売中。読み応えのある本です

  • ストックフォト 「海野和男の昆虫の世界 | 写真の森 フォレスト」
  • 生きもの写真リトルリーグ2018の結果や講評のページです

  • 写真で伝えたいこと第5回「小諸の自然の素晴らしさを子供たちに伝える」が公開されています。 「海野和男の蝶撮影テクニック」。12/8発売
    キンドル版

    連載

    WEB

    過去のWEB

    リンク

    ◎過去の小諸日記

    海野和男写真事務所へのご連絡、小諸日記へのご意見
    プロフィールページのアドレスへ。
  • 掲載情報の著作権は海野和男写真事務所に帰属します。
    Copyright(C) 2018 UNNO PHOTO OFFICE All Rights Reserved.

    キーワードからさがす

    gooIDで新規登録・ログイン

    ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
    たまって環境に貢献できます。