サイト内
ウェブ

海野和男のデジタル昆虫記

オツネントンボ Sympecma paedisca

オツネントンボ Sympecma paedisca
オツネントンボ Sympecma paedisca
2018年05月28日

 オツネントンボ(越年蜻蛉)は成虫で冬越しする蜻蛉だ。初夏は産卵の季節だが、まだ林の中にもいる。
あまり綺麗な蜻蛉ではないが、一生懸命生きる姿に感動する。昔、何匹ものオツネントンボが氷まみれで冬越しをしている姿を撮影したときは、すごい生命力だなと思った。

関連タグ
トンボ
飛翔
Olympus E-M1 Mark Ⅱ
小諸周辺
proキャプチャー
前日
翌日

お知らせ

NEW
写真で伝えたいこと第5回「小諸の自然の素晴らしさを子供たちに伝える」が公開されています。
NEW
「海野和男の蝶撮影テクニック」。12/8発売
キンドル版

連載

WEB

過去のWEB

リンク

◎過去の小諸日記

海野和男写真事務所へのご連絡、小諸日記へのご意見
プロフィールページのアドレスへ。

掲載情報の著作権は海野和男写真事務所に帰属します。
Copyright(C) 2018 UNNO PHOTO OFFICE All Rights Reserved.

キーワードからさがす

日本自然保護協会×緑のgoo

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

日本自然保護協会×緑のgoo