サイト内
ウェブ

海野和男のデジタル昆虫記

サスライアリにつきまとうハラボソメバエ Stylogaster sp.

サスライアリにつきまとうハラボソメバエ Stylogaster sp.
サスライアリにつきまとうハラボソメバエ Stylogaster sp.
2018年01月28日

 カメルーンで、ある朝、サスライアリの行進につきまとう、おかしなハエを見つけた。あきらかに寄生バエの行動である。
なんとか撮影しようと、30分ぐらい粘った。ところが、その間、ハエがアリに飛びつくことは
なかった。
 ネットで調べたら、ナショナルジオグラフイックの南米のグンタイアリのページによく似たハエを発見。姿からすると、同じ仲間である。その記事に寄れば、このハエは、グンタイアリが追い出すゴキブリに卵を産み付けるのだという。ちなみにStylogaster属のハエはバッタに寄生するものもある。

関連タグ
アブ・ハエ
熱帯雨林
Olympus E-M1 Mark Ⅱ
旧熱帯区(エチオピア区)
カメルーン
前日
翌日

お知らせ

NEW
写真で伝えたいこと第5回「小諸の自然の素晴らしさを子供たちに伝える」が公開されています。
NEW
「海野和男の蝶撮影テクニック」。12/8発売
キンドル版

連載

WEB

過去のWEB

リンク

◎過去の小諸日記

海野和男写真事務所へのご連絡、小諸日記へのご意見
プロフィールページのアドレスへ。

掲載情報の著作権は海野和男写真事務所に帰属します。
Copyright(C) 2018 UNNO PHOTO OFFICE All Rights Reserved.

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。