サイト内
ウェブ

登山の新常識?歩きながら食べる・飲むをしたい人向けおすすめスタイル

  • 2016年10月17日
  • YAMA HACK

アイキャッチ候補3

登山やハイキングをしながら、効率よくエネルギーや水分補給ができたら便利ですよね。今回は、歩きながら”食べる・飲む”をしたい人向けにおすすめのスタイルと便利グッズ、ちょっとしたコツをご紹介します。ぜひ参考にしてみて下さいね。

アイキャッチ画像出典:アシーズブリッジ

現代の登山スタイル

一般的な登山スタイルだと、定期的に休憩を取りますが、現代の登山は、休憩を頻繁にとらず、歩きながら食べたり飲んだりして登山を続けるスタイルが増えてきました。

時間が節約できる、すぐにエネルギー補給ができるという利点から、最近注目されているスタイルです。
無理に現代のスタイルにする必要はありませんが、岩場やスペースがなく休憩が取れない時など、歩きながらエネルギー補給できるのはとても便利です。

今回は、歩きながらエネルギー補給をしたい人のためのスタイルとコツ、グッズをご紹介します。


”歩きながら食べる・飲む”のおすすめスタイル紹介!

アルティメイトディレクション、ノースフェイスといったアウトドアブランドでは、多機能ポケットを搭載したザックを展開していて、行動食がすぐに取り出せたり、ボトルホルダーが付いていてとても便利です。
ミステリーランチ
出典:A&Fブログ
ザックにポケットがついていない場合は、別売りのアクセサリを装着して、ウォーターボトルを入れたり、カメラを入れたりするとよいでしょう。
ウエストベルト活用
出典:A&Fブログ
コンパクトなショルダーポーチを身につけて、飴やチョコ、地図やコンパスなどすぐに取り出したいものを入れておくのも便利です。

ペットボトル
出典:A&Fブログ
水筒は”ペットボトル派”という人は、簡単にペットボトルが装着できるボトルチェーンがおすすめです。
ハイドレーション
出典:vic2
歩きながらストローで簡単に水を飲みたい人は、ハイドレーションバックを使うのがおすすめです。


歩きながら”食べる・飲む”ができる便利グッズ紹介

ポケットやホルダーが備えつけられているリュックや、ザックに装着できるボトルホルダーなど便利グッズをご紹介します。

【ボトルホルダー】

【ハイドレーションバッグ】

【小物入れ】
ショルダーポケット
出典:楽天


【ポケットたくさん便利なザック】



歩きながら”食べる”コツ

ベスト
出典:ATC Store
【どこに入れる?】

歩きながら少しずつエネルギー補給をしたい人は、ザックに備え付けられているショルダーポケットやザックのウエストポケットに一口サイズの行動食を入れておきましょう。

ザックにポケットがない場合は、ウエスト―ポーチやサコッシュを身につけすぐに出せるようにするとよいでしょう。即座にエネルギー補給ができるので、疲労軽減、バテの防止につながります。
ウエストポーチ紹介はこちら
サコッシュ紹介はこちら

【どんな食べ物を食べる?】
糖分の高い、チョコレートやドライフルーツ、ナッツ類を摂取すると即エネルギーになるので効果的です。最近では、片手で食べられるスポーツ用のゼリーやエネルギーバー、羊かんも充実しているので、積極的に取り入れてみましょう。
パワーバー紹介はこちら
スポーツようかん紹介はこちら
トレイルミックス紹介はこちら

ゼリー紹介はこちら

歩きながら”飲む”コツ

【どこに収納する?】

行動しながら水分補給をしたい人は、ハイドレーションバッグを使うか、ザックのショルダー部分にボトルを装着するのがコツです。

ファストパッキングが流行しつつある昨今では、ショルダー部分にボトルホルダーが備わっているザックもあるので、ぜひ利用してみたいですね。

【どんなものを飲む?】
登山やハイキング、トレッキングでは、大量の汗をかきます。効率よく失った水分や塩分を補給するには、スポーツドリンクがおすすめです。ただ、後味が気になる人もいるので、スポーツドリンクとは別に水も持参したほうが良いでしょう。
スポーツドリンク紹介はこちら

登山中の水分量紹介はこちら

便利グッズを取り入れてみよう!

アイキャッチ候補4
出典:楽天
ポケット付きザックやショルダーポーチは、登山中にすぐにエネルギー補給ができるばかりでなく、アクセスの時もザックをわざわざ降ろさず、お財布や携帯電話をすぐに取り出せるのでとても便利です。

Let’s use the convenient goods!

便利なグッズを使おう!

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。