サイト内
ウェブ

急な雨でも安心!街や日帰り登山でも使えるおすすめリュックカバー

  • 2019年4月23日
  • YAMA HACK

雨の日、傘を差していてもリュックが濡れてしまってげんなり…。そんな悩みを抱えている人におすすめなのがリュックカバー!水濡れから大事なリュックを守りましょう。どこで買える?選び方は?完全防水?どんなモデルがあるの?全てお答えします!はじめて購入する人も大丈夫ですよ。街でも登山でも急な濡れから守ってくれる、この頼もしいアイテムの選び方、ご紹介します。

アイキャッチ画像出典:PIXTA

急な雨でもあると安心!街でも活躍するリュックカバー

リュックカバーをしているところ
出典:Amazon
リュックの表面を覆って水濡れから守ってくれるリュックカバー。「傘でもいいんじゃない?」そう思うかもしれませんが、傘では全体をカバーできずに雨に濡れがち!でも、リュックカバーなら水濡れから守れるだけでなく、自転車やフェスなど傘が差せない場面でも両手が空いて便利です。もちろん、ハイキングや登山にも最適!

リュックカバーはどこで買える?

出典:Amazon
リュックカバーは100均やホームセンターでも買えますよ!登山に使うようなサイズの大きなリュック用は、アウトドアショップや登山用品店で手に入れることができます。Webストアでも売られているので、チェックしてみてください。

たくさんあるけれど、どんなものを選べばよい?

リュックカバー
出典:Amazon
リュックの大きさに合っているかどうかが大事です!例えば、15Lのリュックに100L用のカバーは向いていません。容量や大きさに対応したカバーであれば、リュックとカバーのメーカーを必ず揃える必要はありませんよ。

また、被せるだけのものは行動中に外れがち。固定用ストラップが付いているものがベスト。素材についても、アウトドアブランドから出ているような耐久性の高いものにはリップストップナイロンなどが使われています。

これだけ注意!リュックカバーは完全防水ではない

リュックカバーをしているところ
出典:Amazon
背面部分には布がないタイプがほとんどなので、リュック背面と背中の間から水に濡れる可能性もあります。また、防水性の高さを謳うモデルも多少の雨には耐えられますが、台風など雨の強さによっては絶対に防水とは言えない点にも注意してください。絶対濡らしたくないものは個別に防水対策が必須です。

以上のようにデメリット面も挙げましたが、それでも「傘さしてても濡れてしまった」というお悩みは確実に解消できます。そのため、リュックカバーは是非とも持っておきたいところ!

街やフェスで大活躍!気軽に買える&使えるおすすめリュックカバー

街中でリュックカバーを使用しているところ 早速具体的なモデルを見て行きましょう。まずは街やフェスで活躍する、お手頃価格のモデルから。1,000円前後と手に取りやすいお値段なのに、十分に実用的な機能性が備わっています。

リュックレインカバー

低価格で2個セットとお買い得!とにかく価格重視の人におすすめです。少々の雨になら耐えられる防水性があり、背面には脱落防止のバックル付きのベルトも装備。サイズも3種類展開で、幅広いリュックに使えます。


Sunhel リュックカバー

収納バッグと袋が一体型となっているため、使用も収納も素早くできて便利!時短にこだわる人にもおすすめです。にわか雨程度に耐えられる防水性も◎。サイズはS / M / L/XLと複数あります。


i-loop レインカバー

素材に耐摩耗210Dナイロンが使われ、丈夫な造りとなっているのが魅力のモデル。防水性も高く、UVカット機能も装備。付属品として、濡れたままの収納もOKなジップロックバッグが付いてきます。

ドッペルギャンガー ウォータープルーフバッグカバー

自転車に乗ることが多い人ならこのモデル。ライディング時の前傾姿勢でもリフレクターがしっかり見え、安全性もGOOD!走行時の脱落を防ぐ背面の固定ベルトは面ファスナー採用で、様々な形状のリュックに合わせやすくなっています。


やっぱり登山ブランドが安心!おすすめリュックカバー



出典:PIXTA
お値段は先ほどよりやや張るものの、そこはやはりアウトドアブランド。ハイキングや登山などフィールドでも使える耐久性の高い素材が使われ、固定方法や収納性についても使いやすさが考えぬかれた機能的なものばかりです!

モンベル ジャストフィット パックカバー

リュックカバー
出典:mont-bell
アウトドアブランドの中でもリーズナブルな価格で経済的。天頂のドローコードを調整することで、荷物の量に合わせてフィット感を自在に合わせられるなど機能性も高く、コスパを求めるならコレ!20L~110Lまで容量別に細かくサイズ展開されています。

サイズ:20L対応
カラー:6色
重量:80g
収納サイズ:7×7×3.5cm
素材:40Dリップストップナイロン(裏面:ハイドロプロ®)
モンベル ジャストフィットパックカバー20

ザ・ノース・フェイス スタンダードレインカバー

スタンダードな形状のリップストップナイロン素材カバー。耐摩耗性が高く、防水性も◎。アウトドアブランドの中でもトップブランドなので安心感あり!ボトムにはライト用ループが備わり、携行用の収納ポーチも付属します。サイズは2種展開。



ザ・ノース・フェイス コンバーチブルレインカバー

雨蓋に取り付ける上側と本体に付ける下側の2つのパーツで構成されたモデル。リュックに装着した状態で本体へアクセスできるため、一々カバーを外してリュックを展開する煩わしさもありません!



マムート レインカバー

420D Nylon Oxfordという頑丈な素材が使われ、木々の生い茂るフィールドでの使用も安心です。ボトムには水はけ用の口付き。S/M/L/XLと4サイズ展開しています。


グレゴリー クラシックレインカバー

デイパック用のリュックカバーで、ワンサイズのモデル。グレゴリーのリュックを使っている人はもちろん、幅広いデイパック用リュックに使えます。容量別にカバーを揃える必要もなく、これ一つでオールマイティーに使えるのが魅力。


コロンビア レインカバー

オムニシールドによる高い撥水性を備えたカバーで、デイパックをはじめハイキングや小屋泊登山用のリュックに最適なサイズ展開がされています。縦横両方向でリュックに固定し、カバーのズレも心配なし。また、収納バッグは本体と一体化して紛失の心配もありません。


リュックカバー1つで、もう雨の日も怖くない!

リュックカバーをリュックに入れるところ 傘だと水濡れからリュックを完全に守れなかったり、傘の差せないシーンで困ったり…。でもリュックカバー1つで、そんな悩みから完全に解放されちゃいますよ!お値段もそれほど高くありません。是非1つ手に入れて、リュックに入れておきましょう。

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめ!

>>YAMA HACKでこの記事を読む

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。