サイト内
ウェブ

【NEWS】ただ寝るだけのテントじゃない!? <パーゴワークス>より新作『NINJA TENT』が登場

  • 2019年11月13日
  • YAMA HACK

パーゴワークス

『NINJA TARP(ニンジャタープ)』で知られる<PAAGOWORKS(パーゴワークス)>から、寝るだけのテントではない、とってもユニークな『NINJA TENT(ニンジャテント)』が発売されます! 軽量かつ快適、そして画期的で実用的な開発者のこだわりが詰まったテントとは!?

<パーゴワークス>から、待望の新作テントが発売!

パーゴワークス
「こんなのほしかった」と思わせるアイテムを得意とする日本のアウトドアブランド<PAAGOWORKS(パーゴワークス)>。フレキシブルなパッキングができるバックパック『CARGO』や、“NINJA”の名の通り、変幻自在に30通り以上もの張り方ができる『NINJA TARP(ニンジャタープ)』といったユニークなアイテムが人気です。

そんな<パーゴワークス>から、この度、待望の新作「NINJA TENT(ニンジャテント)」が発売されます!

『NINJA TENT』の“ユニーク”かつ優れた6つの特徴

【1】広い前室

ニンジャテント
提供:PAAGOWORKS
自分だけの開放的な空間が広がる前室。食事をしたり、景色を眺めながらのんびりしたりと、思い思いの時間をゆっくりと過ごすことができます。

【2】大きいエントランスとこだわりのマテリアル

ニンジャテント
提供:PAAGOWORKS
大きな開口部で出入りがしやすく、前室の使用もスムーズ。ポールには軽量で強靭なDACフェザーライト。軽量で耐久性のあるマテリアルを各所に採用しています。

【3】通気を考えた背面ベンチレーション

ニンジャテント
提供:PAAGOWORKS
背面のフライシートを持ち上げるベンチレーションシステムを採用。風抜け具合を自由に調整できるのが嬉しいですね。室内からでも操作可能なのでとても便利。

【4】大きなメッシュパネル

ニンジャテント
提供:PAAGOWORKS
大きなメッシュパネルを前後に装備しているので、室内に熱がこもらず快適に過ごせます。また、吊り下げ式のため、フライシートとインナーテントの間の熱のこもりも防いでくれます。

【5】広々としたテント室内と高いユーティリティ

ニンジャテント
提供:PAAGOWORKS
テント内は1人なら十分な広さ。荷物を入れてもゆったりと過ごせますし、2人でも寝られます。また、室内には大型のユーティリティポケットが6つと、天井にはギアループが6カ所あり、小物の収納に便利。背面アクセスジッパーも採用しています。

【6】画期的な排水機構

ニンジャテント
提供:PAAGOWORKS
フライシート前部には、画期的な排水機構が! 小雨ならフライシートを上げたままでも、シートへの水のたまりを気にせず過ごせますよ。

【7】これぞ“NINJA”の収納ケース

ニンジャテント
提供:PAAGOWORKS
『NINJA TENT』の収納ケースはなんと、ポールを軸にした巻物タイプ。くるくる巻くことでテントの撤収が簡単かつスピーディーに行えます。

【WEBストア限定&予約受付中】『NINJA TENT』は11月下旬発売予定!

“自分だけの時間を、自分だけの空間で過ごす”のコンセプトの通り、こだわりの機能を備え、寝るだけじゃないテントに仕上がっている『NINJA TENT』。このテントがあれば、ひとり時間がさらに充実すること間違いなしですね。

NINJA TENT(ニンジャテント)

価格 ¥45,000 + tax
付属品 インナーテント、レインフライ、スタッフバッグ、ペグ7本、ガイライン2本、ポール2本、
専用グラウンドシート、リペアキット、シリコンシームシーラー (トレッキングポールは付属しません。)
サイズ 120×220×105cm
最小
重量
1,160g(フライシート、インナーテント、ポール2本)
最大
重量
1,600g
定員 2名
シーズン 3シーズン
素材 ナイロン30D シリコンコーティング
入荷
予定
11月下旬
 

『NINJA TENT』は、パーゴワークス公式WEBストアの限定販売商品です。現在ご予約受付中ですので、気になる方はお早めに!

PAAGOWORKS|NINJA TENT

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。