サイト内
ウェブ

業界の人ってどんな登山してるの?『山の日』だからこそプライベートを根掘り葉掘り聞いてみた

  • 2019年8月11日
  • YAMA HACK

日頃YAMA HACKの記事を読まれている読者の皆さん。本日8月11日は「山の日」です!祝日法第二条で「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する日」とされている今日だからこそ、これから益々山を楽しむための、ヒントを提供できるような企画を考えました。それが先月下旬に開かれた山の仕事人たちによる特別座談会。日々の仕事で何らかの形で山に関わるゲストスピーカーたちは、普段何を楽しみに山に登っているのでしょうか?ざっくばらんな会話中に、山登りをより面白く、そして豊かにするアイデアが隠れているかもしれません。

アイキャッチ画像:いらすとや

今日は何の日?

山の日
出典:PIXTA
本日8月11日は、国民の祝日「山の日」。多くの登山者で賑わうこの日、みなさんはどんな登山を楽しんでいますか?
「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する日」とされている今日だからこそ、”山登りの楽しみ方”について考えてみましょう。

撮影:YAMA HACK編集部
救助隊員や山岳カメラマンなど、山というフィールドの中で仕事をしている人たち。登山用品を販売したり、登山技術を教えたり、登山者を通じて山に関わっている人たち。普段”仕事”として山に関わっている人達がプライベートではどのように山を楽しんでいるのか、気になりませんか?

山の日という特別な日だからこそ、普段から様々な形で山に関わっている4名の方に、プライベートでの登山の楽しみ方について聞いてきました。

個性豊かな4名のゲストスピーカー

若村勝昭
撮影:YAMA HACK編集部
日本山岳救助機構合同会社 代表 若村勝昭さん
捜索救助のコンサルや山岳遭難・救助費用の補填、救助隊派遣の斡旋や講演会など、新しい山岳遭難対策制度「jRO(日本山岳救助機構会員制度)」を運営している。
中学生の頃、ボーイスカウトから山に接し、大学サークル、社会人山岳会に所属。一旦山から遠ざかるが復帰。東京都山岳連盟の役員後に、現在の立場で仕事として山と関わることになる。

岩田京子さん
撮影:YAMA HACK編集部
登山ガイド 岩田京子さん
日本山岳ガイド協会認定登山ガイド。アウトドアメーカーで勤務した後、登山ガイドに。主に初心者から中級者を対象に山を案内している。
海外トレッキングの添乗業務なども行いながら、2016年にチョ・オユー(8,201m)、2017年にマナスル(8,163m)、そして今年ローツェ(8,516m)・エベレスト(8,848m)に登頂。

上田優紀さん
撮影:YAMA HACK編集部
写真家 上田優紀さん
”記録”ではなく”未知の風景”を届けるため、国内外の風景を中心に撮影活動をする写真家。
1年半の世界一周旅行で写真の魅力に気付き、未知の世界に出会った時の心の揺れが、人々の心を豊かにすることを心情に、魅力的な作品を発表している。2018年にアマ・ダブラム(6,856m)登頂。2019年秋にマナスルに挑戦予定。

新井春菜さん
撮影:YAMA HACK編集部
株式会社コロンビアスポーツウェアジャパン マーケティング部 新井春菜さん
コロンビアやマウンテンハードウェアなど、様々なブランドからたくさんのアウトドア商品を展開する大手アウトドアメーカー「株式会社コロンビアスポーツウェアジャパン」所属。
高校では山岳部、大学ではキャンピングツアー部でアウトドアを楽しむ。アメリカのロングトレイルの1つである”ジョン・ミューア・トレイル”の踏破経験もあり。現在はクライミングからトレランまで、幅広く山で遊んでいる。

普段の仕事では関わることの少ないこの4名。それぞれの立場から、どんな山の楽しみ方を教えてくれるのか楽しみですね。
それでは、座談会の始まりです!

1人かグループ、あなたはどっち?

座談会2
撮影:YAMA HACK編集部


撮影:YAMA HACK編集部





座談会7
撮影:YAMA HACK編集部




撮影:YAMA HACK編集部



撮影:YAMA HACK編集部(お酒の話になると、自然と笑顔が溢れます。笑)



「どう楽しむのか」こそが登山の醍醐味



撮影:YAMA HACK編集部






座談会8
撮影:YAMA HACK編集部(ご飯の話を楽しそうに語る新井さん)





撮影:YAMA HACK編集部




座談会5
撮影:YAMA HACK編集部


一同:あーーーーーーーーーーーー(笑)。間違いないですね!

誰もが詩人になれる。山でしか味わえない楽しみ

登山での楽しみ方として、初級者でも始めやすい山ごはん。でも山の楽しみ方は他にもある、と若村さんはいいます。

撮影:YAMA HACK編集部




出典:PIXTA



撮影:YAMA HACK編集部



「登山初級者でも楽しめる山」ってどこがおすすめ?

登山を始めたての初心者の時は、ロープウェイを使ったり、短時間で登れる低山などから楽しんでいたのではないでしょうか?

道具も少しずつ揃ってきてステップアップし、「登山初級者」くらいになってくると、さらに色々な絶景を見てみたくなってくる頃だと思います。

そこで最後に、”登山初級者”の方でも楽しめる、オススメの山域について伺いました。

座談会6
撮影:YAMA HACK編集部




出典:PIXTA




撮影:YAMA HACK編集部


人の数だけ山の楽しみ方はある

山の日
出典:PIXTA
4名のゲストピーカーの話から、いろいろな楽しみ方を知ることができた今回の座談会。写真を撮ることを目的にするのも楽しそうだし、山ごはんにこだわるのもいいですよね。人それぞれの楽しみ方があって、それがネットワークのように繋がって、そこからまた新しい楽しみ方が生まれるのかもしれません。これからも山登りをエンジョイしましょう!

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。