サイト内
ウェブ

-女性だけの山岳会発足-ホンワカ、且つ質実剛健!その活動はまさに男勝りだった!

  • 2018年12月11日
  • YAMA HACK

2018年9月に、なんと「女性だけ」の山岳会が発足しました。 その名は『銀嶺会』。 しかも、山岳連盟加入の山岳会ということで、サークルなどとは明確に異なります。 山岳会と聞いただけでも相当ハードな世界という印象ですが、女性のみで結成された『銀嶺会』、いったい結成経緯や活動内容はどんなものなのでしょう? 興味津々な当会の活動について、代表を務める通称「おさんぽ」さんにお話を伺いました。 その活動内容は男勝りのハードな世界! ほんわかハードな銀嶺会の世界を覗いてみましょう!

アイキャッチ画像提供:銀嶺会

そもそも山岳会ってどんなもの?

出典:PIXTA
皆さんは「山岳会」を知っていますか? おそらく、「聞いたことはあるけど詳しくは知らない」「登山上級者の集まり」「厳しそう・ハードそう」など、知っているようで実はきちんと知らない、そんな方が多いのではないでしょうか。
また、どちらかというと「男性が多く集う会」というイメージもあると思いますが、そんな中、なんと女性のみの山岳会「銀嶺会」が発足しました! そこで、代表を務める「おさんぽ」さんに、山岳会のことや銀嶺会の活動内容について教えてもらいました。




フォト提供:おさんぽさん (4月ソロテント泊@蝶ヶ岳)



フォト提供:銀嶺会 (アルパインアイス(八ヶ岳摩利支天大滝~阿弥陀岳北西稜継続))







山岳会は・・・
山岳会には各会の特色があり、自分のやりたい山とマッチングした会との出会いが大切! 一般登山では学ぶことが困難な知識と技術を学べ、より安全な登山に役立てることができる。 個人加入の一般山岳保険より補償内容と範囲が充実している。

銀嶺会立ち上げの背景

フォト提供:銀嶺会 (北穂高岳 滝谷ドーム中央稜の終了点にて)
希望にマッチングする山岳会と出会えたおさんぽさん。 入会以来、会の皆さんとともに楽しく有意義な山時間を過ごすも、その後、そんな会を卒業し、新会立ち上げに至った経緯はどんなものなのでしょう?

女性アルパインクライマーは絶滅危惧種状態






フォト提供:銀嶺会 (外岩クライミング@小川山)

そして集まる女性クライマーたち

フォト提供: 銀嶺会 (2018年4月@龍王岳 3峰南壁 ジェードルルート登攀)




フォト提供: おさんぽさん (旧会メンバーによる卒業会にて)


銀嶺会はどんな山に登ってるの?

フォト提供:銀嶺会 (アルパインアイス (八ヶ岳広河原3ルンゼ~阿弥陀岳))


フォト提供:銀嶺会 (北岳バットレスの壁の途中でビバーク&宴会)


フォト提供:銀嶺会 (龍王岳3峰南壁ジェードルルート)

フォト提供:銀嶺会 (槍ヶ岳の小槍の上でアルペン踊り)


(※) ルートファインディング
フォト提供:銀嶺会 (甲斐駒ヶ岳 戸台川本谷 駒津沢のF1の大滝)



フォト提供:銀嶺会 (龍王岳ジェードルルート、垂直の南壁を登る)


銀嶺会はまだまだ楽しいルートを見付け挑んでいきます!

フォト提供:銀嶺会 (雪稜(谷川岳東尾根))




インタビュー後記

フォト提供:銀嶺会 (クライミング@小川山)
今回お話しを伺った銀嶺会代表のおさんぽさんは、ホンワカとした雰囲気をまとう華奢な女性ですが、銀嶺会の活動内容は骨太そのもの! なかなか一般ハイカーが踏み込める世界ではありませんが、ひとたび扉を開ければ、虜になってしまうほどの素晴らしい世界が。 困難なことを成し得たときの達成感と満足感は、筆舌に尽くしがたいものがあります。

9月に産声を上げたばかりの銀嶺会、現在はまだ新規会員募集は行っておりませんが、軌道に乗り安定してきたところで募集されるとのこと。 もしこの魅惑の世界に興味がある女性ハイカーが居られましたら、まずは以下ウェブサイトをご覧ください。 今後も銀嶺会の活動に注目していきたいと思います!

銀嶺会 公式ウェブサイト

文 : 三宅 雅也 (山岳ライター/長野県自然保護レンジャー)

>>YAMA HACKでこの記事を読む

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。