サイト内
ウェブ

昭和新山|麦畑が突然山に?!世界的にも注目される誕生の秘密とは

  • 2018年11月7日
  • YAMA HACK

日本で初のジオパーク、洞爺湖有珠山ジオパークの一つにも認定されている昭和新山は、昭和の噴火によって突如作られた火山。天然記念物や日本の地質百選にも指定されている貴重な山の一つです。そして昭和新山は実は個人が所有しており登山が出来ない、という特殊な山。しかし一年を通してその珍しい山を見に、多くの観光客が訪れます。今回は昭和新山や有珠山の魅力やアクセス方法、一緒に行きたい観光スポットについて紹介します。

アイキャッチ画像出典:PIXTA

”世界的”に有名な昭和新山。何がすごいの?

出典:PIXTA
標高 山頂所在地 最高気温(6月-8月) 最低気温(6月-8月)
402m 北海道有珠郡壮瞥町 22.8℃ 8.6℃
参考:ヤマレコ
「国の特別天然記念物」「日本の地質百選」「日本ジオパーク」「ユネスコ世界ジオパーク」など、実に多くの項目に認定されている昭和新山。かつて麦畑だった場所ですが、1943年の有珠山噴火をきっかけに突如山ができた歴史の浅い火山です。誕生までの記録やゴツゴツとした赤い山肌も珍しく、国内外から注目を集める世界的に有名な山の一つなのです。
昭和新山をはじめ、有珠山・洞爺湖など周辺地域が「洞爺湖有珠山ジオパーク」として認定されています。

 

ジオパークとは?

  • ・地域の地史や地質現象がよくわかる地質遺産を多数含むだけでなく、考古学的・生態学的もしくは文化的な価値のあるサイトも含む、明瞭に境界を定められた地域である。
  • ・公的機関・地域社会ならびに民間団体によるしっかりした運営組織と運営・財政計画を持つ。
  • ・ジオツーリズムなどを通じて、地域の持続可能な社会・経済発展を育成する。
  • ・博物館、自然観察路、ガイド付きツアーなどにより、地球科学や環境問題に関する教育・普及活動を行う。
  • ・それぞれの地域の伝統と法に基づき地質遺産を確実に保護する。
  • ・世界的ネットワークの一員として、相互に情報交換を行い、会議に参加し、ネットワークを積極的に活性化させる。

【昭和新山の珍しさ①】山の色、形

昭和新山の山肌
出典:PIXTA
赤くゴツゴツとした昭和新山の山肌。実はその色・形も昭和新山の特徴の一つです。
通常粘性の低い溶岩の場合、流れるスピードが速いため、凹凸のない黒山肌になるのが一般的。一方昭和新山は粘性の高いデイサイト溶岩によって生まれています。そのため、溶岩が流れる速度が遅く、土が焼かれながら冷えていったため、赤く凹凸のある山肌に形成されたと言われています。

現在は有珠山とともに常時観測火山に指定されています。
有珠山の火山情報はこちら

【昭和新山の珍しさ②】山を購入した「三松さん」


出典:PIXTA
実は昭和新山は私有地にある珍しい火山。当時郵便局長だった三松正夫さんが、昭和新山の荒廃を守るため、この地を買い取りました。
彼は1943年の体感地震や溶岩ドームの隆起をはじめ、刻々と変わる地形の定点観測を続けました。「ミマツダイヤグラム」と呼ばれる彼の記録は、昭和新山の成長過程が記録されている世界でも貴重な記録です。この記録は、昭和新山の麓にある「三松正夫記念館」で閲覧することができます。

よし、昭和新山に登ろう!……ちょっと待って!

出典:PIXTA
そんな世界的にも有名な昭和新山、登ってみたいですよね。しかし昭和新山は”登れない山”。私有地にあり、かつ国の天然記念物であるため、特別な許可がないと入ることはできず、一般登山者の入山は制限されています。

昭和新山に登るためには?

昭和新山の登山道
伊達市主催で昭和新山登山学習会が開催されています。火山の専門家講師とともに昭和新山へ入山できる貴重な機会です。参加には事前申込必須。詳細は伊達市のウェブサイトをご確認ください。
伊達市HP 昭和新山の勉強会について

ぐるっと一周!昭和新山の魅力を堪能

昭和新山は同じジオパークに認定されている「有珠山」と一緒に楽しむのがおすすめ。昭和新山の目の前にあるロープウェイを使えば、有珠山の火口付近まで簡単に登ることができます。

有珠山(うすざん)って?

出典:PIXTA
洞爺湖の南にある有珠山は標高737m、100年で4度も噴火活動が観測された活発な活火山です。昭和新山同様、粘性の強いマグマのため、噴火の度に山容が大きく変わっているのも特徴です。

おすすめジオパーク巡り【昭和新山~有珠山】

出典:PIXTA
観光のスタートは昭和新山から。ところどころ噴き出している水蒸気を見ると、現在も活動を続けている大地のエネルギーを感じることができるでしょう。

出典:PIXTA
昭和新山を堪能したら、三松正夫記念館でその歴史に触れましょう。世界の火山学者から絶賛されているミマツダイアグラムをはじめ、スケッチ、写真などを展示しています。
出典:PIXTA
今度は昭和新山を上から堪能しましょう。昭和新山の近くにある有珠山ロープウェイ山麓駅から、一気に有珠山山頂へ。昭和新山の姿と一緒に、約2万年前の火山活動でできた有珠山を間近で観察しましょう。ロープウェイからも昭和新山を望むことができます。

出典:PIXTA
山麓駅から山頂駅まではロープウェイで約6分。山頂駅そばにある洞爺湖展望台からは、昭和新山はもちろん、洞爺湖や羊蹄山の姿も一望できます。ここから7分ほどの距離にあるのが火口原展望台。ここからは噴煙を上げる火口を見下ろすことができます。

出典:PIXTA(火山村・駐車場)
麓へ降りたら火山村でひとやすみ。火山の仕組みや洞爺湖有珠山ジオパークについて学べるスペースやショッピング、お食事も楽しめます。「噴火体験室」では噴火の瞬間を音と光、映像で再現しています。
火山村の施設はこちら

昭和新山周辺の観光情報

昭和新山周辺には見所がたくさんあります。昭和新山や有珠山だけではなく、他の洞爺湖有珠山ジオパーク巡りをするのもおすすめ!

洞爺湖

出典:PIXTA
サミットが開かれたことでも有名な洞爺湖は、約11万年前の有珠山噴火により誕生したカルデラ湖です。昭和新山・有珠山を語る上では切り離せないこの湖。中央には溶岩ドームが固まってできた4つの島があり、そのうちの一つ「中島」には遊覧船を使って散策することも可能です。

住所:北海道虻田郡洞爺湖町と有珠郡壮瞥町

昭和新山 熊牧場

出典:PIXTA(写真はイメージです)
昭和新山そばにある昭和新山 熊牧場では、のんびりじゃれ合ったり、相撲をとったりする熊たちを観察できます。大迫力の鳴き声を間近で聞くことも。餌やり体験も可能です。

住所:北海道有珠郡壮瞥町昭和新山183
電話番号:0142-75-2290
営業時間:夏期(5月から10月)8:00-17:00
冬期(11月から4月)8:30-16:00 ※12月31日、1月、4月は一部変更あり
定休日:年中無休
料金:大人(中学生以上)850円、子ども(6才以上)400円

壮瞥公園

出典:PIXTA
梅の名所として知られる壮瞥公園。5月上旬から中旬には、洞爺湖湖畔沿いの300本の梅林が淡いピンク色に染まります。洞爺湖や有珠山、昭和新山やサミットの会場でもあったウインザーホテルを見渡せるベストスポット。

住所:北海道有珠郡壮瞥町字東湖畔
営業時間:開園 / 5月~10月(終日)
定休日: 閉園 / 11月~4月

洞爺湖温泉街

出典:PIXTA
三松正夫氏らが見つけた源泉がはじまりの洞爺湖温泉。北海道にある数多くの温泉街の中でも、規模の大きな温泉街です。泉質はナトリウム・カルシウム‐塩化物温泉(中性低張性高温泉)など。宿泊施設だけでなく、手湯、足湯、日帰り温泉の施設も充実しています。

昭和新山の歴史を学ぼう

昭和新山の購入者【三松正夫記念館】
出典:PIXTA
昭和新山の誕生過程を、独自の方法で克明に記録し続けた三松正夫氏の記念館。彼の記録であるミマツダイアグラムや、書画の才能あふれるスケッチ、写真などの貴重な資料を展示しています。

昭和新山周辺の歴史も一緒に勉強【昭和新山パークサービスセンター】
昭和新山パークサービスセンターでは、昭和新山、有珠山の誕生、洞爺湖周辺の自然などを写真や剥製、模型やレーザーディスク映像で紹介しています。入場無料です。

アクセス方法まとめ

昭和新山へのアクセス方法を紹介します。有珠山の麓に位置しているため、カーナビなどを使う際は有珠山ロープウェイを目的地にするとわかりやすいでしょう。

車の場合

道央自動車道伊達IC→昭和新山(約15分)

電車・バスの場合

JR洞爺駅から道南バス洞爺湖温泉行きで15分
終点洞爺湖温泉バスターミナル下車

道南バス昭和新山行きに乗り換え15分、終点下車
※冬期間は運休

駐車場情報

出典:PIXTA(イメージ画像です)
【昭和新山 駐車場】
住所:北海道有珠郡壮瞥町昭和新山
駐車台数:約32台
料金:二輪車200円 、普通自動車500円


【有珠山ロープウェイ 駐車場】
住所:北海道有珠郡壮瞥町昭和新山184-5
駐車台数:約400台
料金:普通自動車1日500円

日々変動する昭和新山。今の姿を目に焼きつけて!

出典:PIXTA
名前は聞いたことがあるかもしれないけれど、実はよく知らない昭和新山。知れば知るほどその魅力に引き込まれていくこと間違いなし!また昭和新山を作った有珠山は、20から30年に一度のペースで噴火を繰り返してきた活火山。再び有珠山を訪れたとき、その山容は大きく変わっているかもしれません。ぜひ今の昭和新山の姿を目に焼き付けておきましょう。

【登山時の注意点】・登山にはしっかりとした装備と充分なトレーニングをしたうえで入山して下さい。(足首まである登山靴、厚手の靴下、雨具上下、防寒具、ヘッドランプ、帽子、ザック、速乾性の衣類、食料、水など。)
・登山路も複数あり分岐も多くあるので地図・コンパスも必携。
・もしものためにも登山届と山岳保険を忘れずに!
・紹介したコースは、登山経験や体力、天候などによって難易度が変わります。あくまでも参考とし、ご自身の体力に合わせた無理のない計画を立てて登山を楽しんで下さい。


>>YAMA HACKでこの記事を読む

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。