サイト内
ウェブ

【期間限定】遭難捜索ヘリサービスの「ココヘリ」を5000円分お得に入会する方法!

  • 2018年10月11日
  • YAMA HACK

捜索ヘリ

年間3000件ともいわれる山岳遭難。そのうち4割が道迷いによるものといわれています。編集部では道迷いをはじめとするあらゆる遭難において、早く、確実に遭難者を見つけられるよう「ココヘリ」への入会をすすめています。今回はYAMA HACK限定の非常にお得なプランとともに、ココヘリの魅力をご紹介します。

★★記事中にYAMA HACKだけのお得すぎる情報を公開中!★★


もはや登山者のマナー。遭難者発見率100%(※)の「ココヘリ」って知ってる?

imgp5272
撮影:YAMA HACK編集部
あなたは山に行くときにどんな遭難対策をしていますか?

登山をする人にとって、遭難のリスクはどんな山であっても常に付きまとうもの。山岳保険が各社から用意されていますが、最近では保険の枠にとらわれないサービスも登場しています。今回紹介する「ココヘリ」は、”発信機(会員証)を利用した会員制捜索サービス”。あくまで捜索サービスのため、実際に救助するのは警察や民間の会社になりますが、早急に、かつ確実に(※)遭難者を見つけ出せるサービスです。

※・・・今年のGW以降だけでも、すでに4件中4件の発見実績あり。

ココヘリに入っておけば、遭難で「見つからない」可能性はほぼゼロにできる

ココヘリの仕組み
出典:ココヘリ
ココヘリの仕組みはとってもシンプル。事前にココヘリIDを記入した登山届を提出し、発信機(ココヘリ会員証)の電源を入れて山に入ります。もし予定日を過ぎても降りてこない場合は家族や友人が通報するだけ(スマホの電波が届けば自分で通報すればOK)。これにより、受信機を持った警察やココヘリの提携ヘリが発信機の信号をつかみ、すぐに居場所を発見できるというものです。

電波エリア 発信機の信号はなんと最大半径5km圏内までとらえられるので、どんなに道に迷っても登っている山さえ分かっていれば上空からほぼ間違いなく、すぐに発見することができます

捜索依頼
出典:PIXTA
もしココヘリに入っていない場合、登山届から仮に山域や山が分かっていても、遭難者をその日のうちに見つけ出すのは至難の業。見つからない場合は捜索が打ち切られ、生存の可能性がみるみるうちに減っていきます。

そう、ココヘリに入会して正しく使っていれば、もし山中で遭難していたとしても捜索にかかる時間は格段に短くなり、危険度の高い冬山であっても「雪融けまで待つ」なんてことにはならないのです。特に道迷いは標高の高い山はもちろん、みなさんの地元にある里山のような場所でも十分に起きる可能性があります。むしろ、準備をおろそかにしがちな低山ほど気を付けるべきリスクです。だからこそ、YAMA HACKはすべての登山者にココヘリを強くオススメしています

・・・いやいや、そうはいっても実際どうなのよ?

QA
出典:PIXTA
とはいえ、ココヘリについて紹介するときにいくつか疑問がでてくるのもまた事実。ここではよくある質問に回答します。

見つけるだけじゃなくて、助けてくれなきゃ意味ないよね?

ココヘリは捜索~発見までのサービスで救助は行っておりません。見つけ次第、その位置を救助組織に引き継ぎます。また、北海道や長野県、鳥取県など全国各地の警察・救助組織がココヘリの発信機をキャッチする親機を導入しており、発見~救助まで対応しています。

滑落して気を失ったり、スマホの電波が届かないようなところでも大丈夫なの?

万が一気を失ったり連絡が取れなくても出発前に発信機をONにして家族や友人が通報すれば出動できます。入会するだけでなく登山計画書を提出し、家族や友人に共有しておくようにしましょう。また、障害物によって電波がやや弱まることはあっても水の中を除いて捜索に影響するほどではありません。

発信機の電源はすぐ切れないの?

発信機のバッテリーは約3か月持ちます。出発するときにONにしておけば、たとえ滑落などして動けなくなっても長期間電波を発信し続けることができます。


YAMA HACKからの入会で、通常より5000円分もおトク!!

お金に目がくらむ人
出典:いらすとや
遭難による捜索にかかる時間が減ることは生存率の上昇にもつながります。そこで今回、YAMA HACKではココヘリとタッグを組んでとにかくお得な入会特典をご用意しました!

ココヘリへの入会には初年度のみの入会費(3000円)と毎年発生する年会費(3650円)があります。年会費は1日わずか10円とすでに十分リーズナブルですが、なんと毎年年会費と同じ3650円分の会員ポイント(1ポイント=1円相当)が付与されます。
このポイントはココヘリの会員サイトで提携しているミレーやザ・ノース・フェイスなどの人気ブランド・アイテムを購入するときに使用することが可能。つまり、年会費は実質無料なのです。

すでに十分お得なこの会員ポイントですが、YAMA HACKからの入会でなんと2000ポイント11/30まで5000ポイントアップ!

合計8650ポイントが付与され、入会費を差し引いても入会するだけで実質5000円分プラスとなります。

 
公式ページから入会 YAMA HACKから入会
入会費(初年度のみ) 3000円 3000円
年会費 3650円 3650円
付与ポイント 3650pt 5650pt

8650pt
※2年目以降の付与ポイントは3650ptになります。すべて税別。
 

ココヘリに入会するならYAMA HACKからが圧倒的にお得です。

ポイントアップしてココヘリに入会する

ポイント使用で購入できるのは今注目の人気アイテムばかり!

ポイントを使える商品一覧
出典:ココヘリ会員向けページから、商品のほんの一例
会員ポイントを使用して購入できる商品は、LEKIのトレッキングポールや、ザ・ノース・フェイスのダウン、話題のミレー・ドライナミックメッシュ™など、登山初心者から上級者まで垂涎モノばかり。欲しかった商品の購入に充てられるのはうれしいですね。

本気で”道迷い遭難”をなくしたい

遭難者のイメージ
出典:PIXTA
ここまでYAMA HACKがココヘリをオススメするのには理由があります。

YAMA HACK編集部は、登山の楽しさだけでなくそこに潜むリスクも一緒に伝え、楽しく、安全に自然と触れ合ってほしいと考えています。しかし、遭難者数は20年ほど前からほとんど右肩上がりで、今では毎年3000人近くが全国の山で遭難しています。遭難による死者はそのうち300名ほど。つまり、遭難者の約10人に1人は亡くなっているのです

死亡の原因は転落や滑落が主ですが、それでも道迷い遭難は全体の4割と最も多く、道をそれて気づかぬうちに崖から転落して死亡したというケースも珍しくありません。

登山道
出典:PIXTA
登山道を徹底的に整備すれば道迷いはほとんどなくなるかもしれませんが、それはすぐに実現することではありません。だからこそ、登山を楽しむ一人ひとりが道迷いをした時の正しい行動をとり、見つけてもらう努力をすることは最低限の山でのマナーだと考えています。

ココヘリを持って登山に行くだけで道迷い遭難による行方不明者や死者が減るなら、一人でも多くの人に伝わってほしいと思い、今回このお得なプランをご用意していただきました。

スマホの電波が届かない山の中で自分たちの存在を他人に伝える術はほとんどありません。だからこそ、道迷いのリスクを最低限にする努力を普段から心がけていくようにしましょう。

ココヘリの紹介動画

出典:ココヘリ
※この記事よりココヘリに入会すると、売上の一部がYAMA HACKに還元されることがあります

この記事を読んでいる人にはこちらもおすすめ

>>YAMA HACKでこの記事を読む

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。