サイト内
ウェブ

足元もこだわろう!マウンテンバイクシューズのおすすめモデルと選び方

  • 2018年7月11日
  • YAMA HACK

街乗りから大自然まで幅広く使えるマウンテンバイク。オシャレに乗りたい人も本格的に使いたい人も見落としがちなのが足元。シューズはライディングに大きく影響する重要なアイテムです。そろそろマウンテンバイクに合うシューズを探しませんか? でも「どれがいいのか分からない・・・」そんな人のために、今回はマウンテンバイク用のシューズの選び方からおすすめまでご紹介します。

アイキャッチ画像出典:Facebook/Shimano-Cycling Japan

スニーカータイプもある?マウンテンバイク用シューズの選び方

マウンテンバイク 出典:PIXTA
マウンテンバイクを利用するにあたって、靴は力を伝える重要なアイテムです!街乗りなのか、本格的に乗りこなしたいのか、自分の使い方と相性のいいものを選ぶようにしましょう。

シューズを選ぶその前に!ペダルのチェック

ペダル
出典:SHIMANO
自転車用のペダルは大きく分けて2種類あります。どちらのタイプにのペダルを使うのかでシューズ選びも変化します。
◆フラットペダル(画像左)
一般的なペダルです。両面が使えるタイプで、シューズが限定されず気軽に利用できます。

◆ビンディングペダル(画像右)
競技用に利用されているペダル。専用のシューズの底にクリートという器具を取り付け、ペダルとシューズを固定する仕様になっています。フラットペダルに比べて、より力を伝達することが可能です。

マウンテンバイク用シューズの特徴

シューズ
出典:SHIMANO
ロードバイク用シューズと異なり、マウンテンバイク用シューズは通常のスニーカーのようにやわらかく、前述のビンディングに使うクリート部分は取り外しが可能です。最近では、見た目が普通のスニーカーでビンディング付きのタイプもあります。

マウンテンバイク用シューズの選び方

マウンテンバイク 出典:PIXTA
シューズ選びに大切なのが、ご自分の利用シーンに合わせて選択するということ。主に街乗りがメインならサイクリング用のスニーカーでOK。マウンテンバイク用のシューズは、操作性が高く疲れにくい設計なので、トレイルライドなどにおすすめします。ビンディングの有無に関しては、取り外しが可能ですので、一度試してみるのもいいでしょう。

ファッションにもこだわりたい!街乗りに使いやすいおすすめモデル5選

マウンテンバイク,街 出典:PIXTA
通常のスニーカーとサイクリングスニーカーの一番の違いは、ソール(靴底)の硬さです。ソールが薄いスニーカーは底が柔らかいため、ペダルを踏み込んだ時に力が逃げやすく足に負担がかかります。 一方、サイクリング用スニーカーは、ソールが硬いためペダルに力が伝わりやすく、足裏も疲れにくいのがメリットです。

SHIMANO(シマノ)

CT5
シンプルなシルエットで街中でも浮かずに履けるタイプです。簡単にクリートが取り付けられて便利。毎日サイクリングする人におすすめです。


CHROME(クローム)

KURSK
ソールは滑りにくいゴム製。クラシカルな雰囲気で、普段着と合わせてもおしゃれなシューズです。紐が絡まないよう、収納できるので安心です。

KURSK PRO 2.0
ソールに付いているカバーを外せばビンディングシューズへ。かっこ良いデザインながら機能性も抜群です。普段履きからマウンテンバイク用にと幅広く使えるシューズ。

DZR(ディージーアール)

Minna
男女ともに使えるデザインのビンディングシューズ。つま先などはスエード素材なのでキレイ目のスタイルでも違和感がありません。スーツでの通勤時にも◎

本格的に遊ぶなら!MTB用シューズのおすすめモデル6選

マウンテンバイク 出典:PIXTA
道が悪いところを走ることも多い、クロスカントリーやトレイルライド。場所によっては押して歩くことにもなるので、マウンテンバイク用のシューズは歩きやすく設計されたものが多く販売されています。汚れに強い素材を採用しているので丈夫なのが特徴。

SHIMANO(シマノ)

MT3
全ての道でその性能を発揮してくれるマルチシューズ。足へのフィット感が良いのでアクティブに動き回る場面に最適です。


MT5
丈夫で軽量。歩いた時もマウンテンバイクに乗った時も快適に活動できるシューズです。紐は素早く調整ができるシステムを採用しています。

SIDI(シディ)

MTB SD15
抜群のフィット感でストレス知らず。優れたヒールカップでマウンテンバイク利用時にも力が入れやすく変形しません。走りながらでもシューズの締め付けができるシステムを採用しているシューズです。

MTB DEFENDER
足首を守り、長時間の走行時におすすめ。ビンディングを採用した本格派シューズです。ソールは泥などが排出されやすい設計で悪路でも問題なし。天候を気にせず楽しみたい人におすすめです。

fi’zi:k(フィジーク)

M6B
マウンテンバイク用シューズのエントリーモデル。滑りにくく歩きやすいシューズで歩行も安心です。足をしっかりとホールドしてくれるので動きやすい。


納得の1足を見つけよう!

マウンテンバイク 出典:PIXTA
ご自分のスタイルに合わせて選べるマウンテンバイク用のシューズ。あなたが、今後もっと長時間の走行やトレイルでも走りたいと考えてはいても、本格的なレースはまだちょっと…と思っているなら、ぜひ歩きやすさも考慮したシューズを選びましょう!

>>YAMA HACKでこの記事を読む

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。