サイト内
ウェブ

汗冷えを防ぐ登山の相棒「アンダーウェア」!街用との違いや季節別の選び方

  • 2018年6月25日
  • YAMA HACK

ファイントラックのアンダーウェア

登山には必須!と言われるアンダーウェア。アナタは登山用を使ってますか?スポーツ用であればどれも同じと思っていませんか?登山中は汗をかくだけではなく気温の変化も激しく、季節や気候に合わせた体温調整が大事!街用との違いや季節に合わせた選び方、さらにおすすめのアンダーウェアまで一挙紹介します。さらにアンダーウェアの下に着る画期的なレイヤーも!

アイキャッチ出典:finetrack

汗を吸水拡散してサラサラ素肌に!

登山 アンダーウェア
出典:Amazon
登山やアウトドアをするうえで、アンダーウェア選びは重要。他のウェアが高機能なものでも、アンダーウェアの性能によっては、機能性を活かせないなんてことも。今回は命の危険にかかわるかもしれないくらい大事な、登山のアンダーウェアや選び方を紹介します。

街用アンダーウェアと登山用アンダーウェアの違いは?

街用アンダーウェア
出典:PIXTA
山の気温は麓の気温より低く、場所によっては風の影響を強く受ける場合も。アンダーウェアが汗をかき濡れたままになっていると身体が冷え、最悪の場合低体温症につながることもあります。街用のアンダーウェアと違い、登山用アンダーウェアは何が優れているのか、3つのポイントを紹介します。
汗をかいても蒸れずに快適(吸汗速乾性)
汗を吸収し拡散させてくれる素材が使われているため、汗による身体の冷えを防ぐ。

激しい動きに対応(ストレッチ機能)
急登や岩場などを登る場合もあるため、ストレッチ機能があるウェアが多い。

抗菌防臭効果
汗をたくさんかく夏場や、何日間かけて登る縦走で使用しても臭くならない。

アンダーウェアに適した素材は、大きく分けて3つ!

洋服
出典:PIXTA
アンダーウェアに適した素材は、大きく分けると【天然繊維】【化学繊維】【天然+化学繊維】の3つです。ここではそれぞれの素材の特徴を紹介します。

①天然繊維
アンダーウェアの天然繊維で使われることが多いウール、さらに肌触りの良いメリノ種の羊を使ったメリノウールなどが多く使われます。高い吸汗性だけでなく保温性、さらに消臭機能があり、肌触り抜群のアンダーウェアです。

②化学繊維
近年は化学繊維を使ったアンダーウェアが多く、たくさんの登山ウェアに採用されています。吸汗性・速乾性・抗菌防臭効果・保温性など、様々な機能を組み合わせても軽量かつ薄手にすることが可能。

③天然繊維+化学繊維
天然素材、化学繊維のカーボン素材を組みわせたハイブリッド型。化学繊維を組み合わせることで機能性をさらにアップさせます。

夏と冬、アンダーウェアは一緒でもいい?違いはあるの?

アンダーウェアはできるだけ季節や気温、運動量に合わせて変える事をおすすめします。夏の暑い時期など、より多く汗をかく時には薄手で防臭抗菌効果のあるウェアがおすすめ。逆に寒い時期には吸汗速乾性に加えて保温性があるウェアがおすすめです。

シーン別のアンダーウェア、おすすめ3ブランドを紹介

季節・汗の量・動きなどシーンあったものを選びたいアンダーウェア。各ブランドごとに様々な素材の特徴がありますが、その中でも特に初心者におすすめの3ブランドのアンダーウェアを、着用するのにおすすめの季節ごとに紹介します。

【モンベル】3つの素材×厚さであらゆるシーンに対応!

モンベル ロゴ モンベルのアンダーウェアは季節によって異なる3種類の素材を使用。特にスーパーメリノウール、ジオラインは高い機能性とコストパフォーマンスの良さが魅力的です。

厚さはシーンに合わせて、3種類から選ぶことが可能。
・ハイキングや普段使いで活躍する薄手の『L.W.
・普段使いからスノースポーツまで幅広く使える中厚手の『M.W.
・極地遠征などのエクスペディションにも使える厚手の『EXP.

【春・秋向け】 ジオライン M.W.《化学繊維》
モンベルのアンダーウェアを代表する万能モデル。優れた吸汗速乾性で休憩時も快適さを保ちます。適度な保温力もあるので、ハイキングや日帰り登山といった軽登山からスノースポーツまで1年中使えるのも魅力的。


【夏向け】 ジオラインL.W.《化学繊維》
特に汗をかく夏の時期や、激しい運動をする時におすすめ。薄手で軽量、さらに速乾性に優れたアンダーウェアです。シリーズの中で最も薄く重ね着もしやすいので、冬場の重ね着用にもおすすめ。


【冬向け】スーパーメリノウール M.W.《天然繊維》
冬期登山やスノースポーツなど、万能に使える中厚手のアンダーウェア。天然繊維ならではのしなやかな肌ざわりが特徴。保温性だけなく吸湿性にも優れており、汗冷えを防いでくれます。


【ファイントラック】高いフィット感で吸汗速乾!

ファイントラック ロゴ ファイントラックのアンダーウェアは独自開発した化学繊維のドラウト®シリーズ、化学繊維と天然繊維を組み合わせたハイブリッドシリーズの2種類。どちらも、高い通気性・吸汗速乾性だけでなく、着心地も重視して作られています。高いフィット感+素材の組み合わせによって、体の表面の汗を残さず吸い上げてくれるのです。

※ハイブリッドシリーズの天然繊維は下記の3つが使われています。
ファイントラックのハイブリッドシリーズ ラミースピン®…清涼感ある苧麻(ラミー)
シルクスピン®…絹(シルク)使用で心地よい肌ざわり
メリノスピン®…羊毛(ウール)がもつ保温性、調湿機能、抗菌防臭性能が特徴

【春・秋向け】ドラウト®フォース《化学繊維》
ドラウトシリーズの中で、最も吸汗蒸散性が優れたドラウト®フォース。汗をかいても留まらず拡散し、常に快適なウェア内に保ってくれます。汗を多くかく夏にもおすすめで3シーズン使用可能。初めての登山用アンダーウェアとしておすすめの1枚です。


【夏向け】ラミースピン®ドライ《天然繊維+化学繊維》
天然繊維のラミースピン®とポリエステルを組み合わせたアンダーウェア。通気性が良く、汗を吸収し素早く乾かしてくれるハイブリッド素材を使用。抗菌防臭性・UVカット機能・冷涼感が得られるため、夏にピッタリのアンダーウェアです。


【冬向け】メリノスピン®サーモ《天然繊維+化学繊維》
ファイントラックのアンダーウェアの中で、最高の保温力を誇るメリノスピン®サーモ。厳冬期の登山でも活躍するアンダーウェアです。
保温力だけではなく吸汗拡散性・調湿機能も優れており、蒸れやすいウェアの中を快適にしてくれます。
抗菌防臭効果もあるため、長期に及ぶ縦走にもおすすめです!

【パタゴニア】永続的防臭加工で大量に汗をかく人に

パタゴニア ロゴ パタゴニアのキャプリーン・シリーズには吸湿発散性に優れた、ポリエステル素材を使用。また「ポリジン永続的防臭加工」という加工が施されているので、大量の汗をかいても臭いを気にすることなく登山に集中できます。袖には親指ループを配置し、裾は長めに設定。そのため袖や裾がまくり上がることがありません。

【春・秋向け】キャプリーン・ミッドウェイト・クルー《化学繊維》
ミッドウェイト・クルーは、吸湿発散性・保温性に優れています。汗を大量にかいてもドライに保つので、気温差の激しい春・秋の登山におすすめ!インナーとしてだけでなく、単体で使用しても保温性が高く、汗で体を冷やす心配なくアクティブに行動できます。


【夏向け】キャプリーン・ライトウェイト・クルー《化学繊維》
ライトウェイト・クルーはキャプリーン・シリーズの中で速乾性・吸湿発散性に最も優れており、さらに最軽量なベースレイヤー。夏の暑い時期はもちろん、1年を通して激しい運動をしたり、季節を問わず汗が大量に出るという方におすすめです!


【冬向け】キャプリーン・サーマルウェイト・クルー《化学繊維》
サーマルウェイト・クルーはパタゴニアのベースレイヤーの中で最も保温性・通気性を重視。ウェア内が汗で蒸れやすい冬でも、ドライに保ちつつ体を温めてくれます。休憩時ありがちな、汗による体の冷えも軽減。アップダウンの激しい、冬期登山で活躍する1枚です。

アンダーウェアの下にさらに着る?!画期的なレイヤー2選

ここではアンダーウェアの下に着る、肌着的な役割を果たすレイヤーを紹介!アンダーウェアの下に着ることで最大限の効果を発揮します。

あみあみがインパクト大!ミレー ドライナミック™

ミレーの下着 あみあみが特徴的なミレーのドライナミック™メッシュは、疎水性に優れたインナーです。汗をドライナミック™メッシュが瞬時に吸収し、上に着たアンダーウェアで拡散させるという仕組み。汗を吸い上げつつ、濡れたウェアの張り付きを防ぐことで、体温が奪われるのを防ぎます。
発汗の多い夏はもちろん、ウェア内が蒸れやすい冬にも着用可能。年中快適な登山を楽しめます。


ファイントラック ドライレイヤー®

ファイントラックのドライレイヤー 高機能アンダーウェアの下に着用することで効果を発揮するドライレイヤー®。高い耐久撥水加工が施されており、生地自体が保水しにくいのが特徴です。汗を上に着たアンダーウェアへ移行させ、肌をさらさらに保つことで、汗冷えを防ぎます。



意外と盲点!登山では下着も重要!

登山用の下着
出典:Amazon
登山のアンダーウェアというと、ベースレイヤーに注目されがちです。しかし一番初めに肌に触れる下着選びも、実は重要です。特に女性はブラ・ショーツと肌に触れる面積が大きくなるので、素材にはこだわりましょう。

【メンズ向け】さらっとした履き心地を追求

登山で使う下着は、汗の吸収発散性・速乾性のある素材が使われた、フィット感のいい下着がおすすめ。

C3fit メッシュトランクス
動きやすさを重視したストレッチの効いたトランクス。メッシュ素材で通気性が良く汗をかいても、さらっとした履き心地です。蒸れやすいウェストゴムにも速乾性が備わっています。


ファイントラック パワーメッシュボクサー
耐久撥水加工を施したボクサータイプの下着。ドライレイヤー®シリーズの下着なので、汗による体温低下を防ぐ役割も果たします。登山はもちろん、ランニング・トレーニングなどの激しいスポーツにもおすすめ!

【レディース向け】素材だけでなく、ホールド力にもこだわろう

レディース向けの登山下着は素材はもちろんですが、ホールド力にもこだわりましょう。フィット感がよく動きの邪魔にならないものがおすすめです。

モンベル スーパーメリノウール L.W. ソフトブラ
天然素材のスーパーメリノウールを使用したソフトブラ。ベースレイヤーにも使用されるほどの高機能素材は保温性・抗菌防臭効果を持ちます。肌触りも良くチクチクすることがないので、動きの多い登山で活躍する1枚です。


ワコール スポーツブラ 走る人のブラ
トレラン・ランニング・フットサルなど激しい運動に対応するブラ。吸汗速乾性に優れており、汗をかいてもウェア内は快適です。5方向の動きに対応し、バスト揺れを軽減。下着メーカーならではのホールド力を備えています。


モンベル スーパーメリノウール L.W. ショーツ
適度な保温性に優れた薄手のスーパーメリノウールショーツ。登山・ハイキング・普段使いに適しており、1年中使えます。抗菌防臭効果が備わっているので、縦走などの長時間に及ぶ登山にもおすすめです!


ファイントラック スキンメッシュ®サニタリーショーツ
発汗が多い季節、蒸れやすい冬の登山で活躍する女性用ショーツ。体内の蒸れを発散してくれるので、汗だけでなく生理中の特有の不快感を軽減してくれます。登山に限らず、普段使いにもおすすめです!

登山はアンダーウェア選びから始まる!

登山アンダーウェア・まとめ 登山はアンダーウェア選びから始まっている、と言っても過言ではないほど重要な項目です。今回紹介したアンダーウェアは、汗をかいても快適かつ湿度の調整をしてくれる役割があります。山頂で汗を感じずに、笑顔で景色を眺めるには欠かせない相棒です。快適な登山をするために、アンダーウェアを慎重に選びましょう!

この記事を読んでいる人にはこちらの記事もおすすめ!

>>YAMA HACKでこの記事を読む

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。