サイト内
ウェブ

西日本太平洋側で激しい雨に 東海や関東も午後は要注意

  • 2024年7月11日
  • ウェザーニューズ

2024/07/11 10:25 ウェザーニュース

今日11日(木)は梅雨前線が本州付近をゆっくり南下しています。前線の近くでは雨雲が発達し、朝から西日本の太平洋側を中心に激しい雨となりました。

西日本や東日本では今夜にかけても、大雨による低い土地の浸水や道路冠水、土砂災害などに警戒が必要です。

和歌山県潮岬で非常に激しい雨

今日11日(木)は日本海に伸びていた梅雨前線がゆっくりと本州付近を南下しています。前線に向かって南から暖かく湿った空気が流れ込み、活動は依然として活発です。

今朝は高知空港や長崎県雲仙岳などで1時間に50mm以上の雨量を観測しました。
発達した雨雲は東に移動し、和歌山県の潮岬では9時までの1時間に59.0mmの非常に激しい雨が降っています。

昨夜からの雨量が200mmを超えている所があり、9時時点で西日本から東北南部の所々に大雨警報や洪水警報が発表されています。

土砂災害などに警戒を

これから今夜にかけて梅雨前線はさらに南下する予想となっています。
九州北部や中国地方などの雨は峠を越えていますが、これまでの大雨で地盤が緩んでいるため土砂災害に警戒が必要です。

西日本の太平洋側では昼過ぎまで雨雲の発達しやすい状況が続き、午後は東海や関東でも一時的に雨の強まる可能性があります。

また、九州では一旦、雨が小康状態になっても今夜になると再び強まるおそれがあるため油断ができません。

関東から九州にかけての広い範囲で、大雨による低い土地の浸水や道路冠水、土砂災害、河川の増水に警戒が必要です。

写真:ウェザーリポート(ウェザーニュースアプリからの投稿)

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2024 Weathernews Inc. All Rights Reserved.