サイト内
ウェブ

明日15日(土)の天気予報 九州や四国で梅雨空 東日本や北日本は日差し届く所が多い

  • 2024年6月14日
  • ウェザーニューズ

2024/06/14 17:00 ウェザーニュース

■ 天気のポイント ■

・西日本は太平洋側で曇りや雨
・関東や東海は日差し届く 夜は雨に注意
・北日本は晴れて真夏日予想のところも

明日15日(土)は梅雨前線が北上する影響で、九州や四国で梅雨空が戻ります。太平洋側を中心に雨が降りやすくなる見込みです。

そのほかの西日本は雲が増えるものの、大きな天気の崩れはなく、東日本や北日本も日差しの届くところが多くなります。

西日本は太平洋側で曇りや雨

梅雨前線の北上により西日本は太平洋側を中心に雲が広がります。九州南部や四国の太平洋側では雨の降るところがある見込みです。種子島・屋久島から奄美地方にかけては局地的に雨の強まるおそれがあります。

近畿中部や北部、中国地方は多少、雲が増える程度で日差しが多く、昼間は30℃前後の暑さとなる予想です。

関東や東海は日差し届く 夜は雨に注意

関東や東海は午前中を中心に晴れて日差しが届きます。昼間の気温は今日14日(金)よりは低いものの、30℃前後まで上がり暑さは続く見通しです。

夜は沿岸部を中心に雨雲がかかる可能性がありますので、帰りが遅くなる場合は、念のため折りたたみ傘など雨具をご用意ください。

北日本は晴れて真夏日予想のところも

北日本や北陸は晴れるところが多くなります。南東からの風が山越えになるため日本海側で気温が上がりやすく、秋田市など東北北部でも30℃以上の真夏日になる予想です。

北海道の太平洋側は海からの湿った風の影響で雲が広がりやすく、すっきりしない天気が続きます。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2024 Weathernews Inc. All Rights Reserved.