サイト内
ウェブ

今日7日(木)の天気予報 前線通過で日本海側は雨 関東など晴れて暖か

  • 2023年12月7日
  • ウェザーニューズ

2023/12/07 05:35 ウェザーニュース

■ 天気のポイント ■

・北日本や北陸は雷雨、突風に注意
・西日本は黄砂の可能性
・関東から西日本の太平洋側は暖かい
今日7日(木)は低気圧が発達しながら日本海を進み、そこから伸びる前線が日本列島を通過します。日本海側で雨の降る所が多く、落雷や突風に注意が必要です。西日本、東日本の太平洋側は晴れて気温が上がります。

北日本や北陸は雷雨、突風に注意

北日本と北陸は前線が通過するタイミングで局地的に雨が強まり、落雷や霰(あられ)、突風などを伴うおそれがあります。3時10分までの1時間に広島県福山10.5mm、4時20分までの1時間に北海道寿都で8.5mmの雨が降りました。

前線が抜けた後は寒気が流れ込むため日本海側で次第に雪に変わり、強い風によって吹雪の所がある見込みです。朝の冷え込みは弱いものの、夕方から夜に気温が急降下するため服装選びにもお気をつけください。

西日本は黄砂の可能性

西日本は朝のうち雨の降る所があるものの、昼間は天気が回復して晴れる所が多くなります。

ただ、黄砂が飛来する可能性があるため、晴れても洗濯物の外干しは避けた方が良いかもしれません。

関東から西日本の太平洋側は暖かい

関東や東海は晴れる所が多くなります。南から暖かな空気が流れ込むため、昼間は気温が上がり、20℃くらいになる予想です。

昼間は上着要らずの陽気になりますので、脱いだ時に邪魔になりにくい上着が良さそうです。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2024 Weathernews Inc. All Rights Reserved.