サイト内
ウェブ

【花粉】子供の花粉症デビューは平均7歳

  • 2017年1月27日
  • ウェザーニューズ

2017/01/27 06:14 ウェザーニュース

近年、花粉症の若年化が進んでいると言われています。ウェザーニュースで過去に行った調査では、子供の花粉症デビューの平均は7.4歳という結果に。
皆さんの周りでは実際どうですか?

子供の花粉症デビューは平均7歳

2012年の花粉症調査結果

実際に何歳くらいから花粉症にかかっているのかを調査するため、「お子さんや周りの子供で、症状が出ている子は、早い子で何歳くらいから発症していますか?」と質問をしました。[参加者:29,874人(2012年4月12日〜15日合計)]

その結果、子供の花粉症デビューの平均は7.4歳で、4〜6歳の幼児で発症する割合が27.4%で最も多い結果になりました。調査に参加いただいた医師の中でも、約9割が『子供の花粉症患者が増えている』と回答しており、花粉症の若年化を実感している医師が多くなっています。

若年化の原因は?

若年化の原因については、はっきりしたことはわかっていないものの、昔に比べて食生活が変化し、若い時から高タンパク、高カロリーの食事をする子供が増えていることや、免疫力の低下を要因の一つとして捉える医師もいました。

また、幼児での発症が最も多いことについては、幼稚園や保育園に通うことでそれまでに比べて外に出る機会が増え、花粉が体内に入りやすくなることが原因の一つかもしれません。

花粉症からさらに別の病も…

親を悩ませる花粉症対策

2013年にも花粉症調査を実施。[参加者:29,024人(2013年4月6日〜9日合計)]
フリーコメントでお子さんの花粉症について聞いてみたところ、子供は花粉症からさらに「結膜炎」「副鼻控炎」「後鼻漏」「中耳炎」にまで発展するというケースもありました。

これは、目や鼻をかきすぎることが原因の一つとなっている可能性があります。子どもは目や鼻をかくことが我慢できず、こういった症状が出てしまうのかもしれません。
一方で、マスクは蒸れたり暑い、という理由で付けるのを嫌がる子どもが多く、親は子どもの花粉症対策に悩まされているようです。

早めの花粉症対策を!

西日本ほど大量飛散の恐れ

今シーズンは、西日本を中心に4〜10倍以上となるエリアもある予想です。

子供の花粉症の症状を抑えたり、発症を遅らせるための対策としては、食生活に気をつけ、マスクの着用などで体内に花粉を取り込まないよう工夫をすることが重要です。
早めの対策で、つらい季節を少しでも楽に過ごしていきたいですね。

関連タグ
健康
花粉症
ウェザーニュース

キーワードからさがす


掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2017 Weathernews Inc. All Rights Reserved.