サイト内
ウェブ

東海エリアの絶品つけ麺5選!太麺と濃厚魚介系スープの王道コンビを味わう

  • 2020年2月15日
  • Walkerplus

麺とスープの相性が重要となる「つけ麺」。今回は東海エリアで2016年から2019年までにオープンしたラーメン店の中から、王道のゴールデンコンビ、太麺と濃厚魚介系スープを採用するラーメン店を5つ紹介しよう。シメのスープ割りまで楽しめる、珠玉の1杯をご堪能あれ。

■ 「ラーメン 歩く花」(愛知県豊橋市)

「ラーメン 歩く花」の「つけ麺 並」(880円)は、動物系のダシに魚介を加え丁寧にこすことで、濃厚なつけ汁をなめらかに仕上げている。醤油ダレのため、ワサビや薬味との相性も抜群だ。国産の小麦粉を使いモチモチに仕上げた自家製麺は、粒度の異なる2種類の全粒粉を使うことで、濃いつけ汁に負けない香りを出している。

低温調理のチャーシューは、プロシュートに使われる豚肉を10時間かけて調理。老若男女が楽しめるよう無添加にこだわり、製麺や具材作りなどのすべてを店内で行っているという。

■ラーメン 歩く花 / 住所:愛知県豊橋市牛川通1-19-1 / 時間:11:00~14:00、木金土 ~13:30、18:00~20:30 / 休み:水曜、第1火曜

■ 「麺や たけ田」(愛知県小牧市)

「麺や たけ田」は、岐阜県屈指の人気店「Nageyari」(岐阜県各務原市)で修業した店主が「GOOD NOODLE GOOD PEOPLE」をコンセプトに掲げ、空間にもこだわりを持つラーメン店。1日10食限定の「つけ麺」(850円)は、「コレがつけ麺」という王道の味だ。豚の背骨やゲンコツなどを使用した動物系のダシに、魚介の旨味をプラスしたスープは麺と相性抜群。濃厚な口当たりのなかにある、甘味と酸味を堪能しよう。

■麺や たけ田 / 住所:愛知県小牧市外堀2-235 / 電話:0568-72-6311/ 時間:11:00~14:00 / 休み:月曜

■ 「つけめんや 泉(せん)」(愛知県大府市)

濃厚なつけ汁や自家製チャーシューが評判のラーメン店「つけめんや 泉」。つけ汁はカツオダシと煮干しの魚粉がベースで、塩辛さを抑え、麺によく絡むようなトロトロの仕上がりとなっている。粘度は高いが、べとつく感じはなくあと味はさっぱり。おすすめは「濃厚魚介つけめん」(830円)。粘度の高い魚介系のつけ汁とモチモチの太麺が相性抜群だ。

■つけめんや 泉 / 住所:愛知県大府市若草町2-166 / 電話:0562-85-7665 / 時間:11:30~14:00、18:00~22:30 / 休み:月曜

■ 「麺や 襷(たすき)」(愛知県春日井市)

「麺や 襷」は、鶏白湯(パイタン)のつけ麺とラーメンが自慢の店。醤油ダレにフルーツの酸味を効かせ、さっぱりしたあと味に仕上げた。おすすめは「たすき流 つけ麺」(850円)。極太だがすすりやすい平打ち麺と、濃厚かつクリーミーな鶏白湯のつけ汁がよく絡む。

■麺や 襷 / 住所:愛知県春日井市中央通1-111 ベリアスレイン / 電話:0568-37-3801 / 時間:11:30~14:30、17:00~23:00 / 休み:なし

■ 「元祖つけ麺 中華そば 各務原 大勝軒」(岐阜県各務原市)

つけ麺発祥の店と言われる「東池袋 大勝軒 本店」(東京都豊島区)で修業し、直営の「京都拉麺小路店」(京都府京都市)で店長を務めた店主が、伝統の味と志を受け継ぎ独立したラーメン店。「辛味つけ麺」(750円)のつけ汁は、最初に甘味、次に酸味、最後に辛味を感じる複雑な味わいが特徴。調味料をブレンドした辛味玉と、唐辛子パウダーで辛味を加えて仕上げている。つけ麺は500gまで増量無料だ。

■元祖つけ麺 中華そば 各務原 大勝軒 / 住所:岐阜県各務原市鵜沼各務原町1-118 / 電話:058-370-7711 / 時間:11:00~14:00ごろ、17:30~20:00ごろ ※スープ、麺がなくなり次第終了 / 休み:月曜・金曜

※値段はすべて税込価格です(東海ウォーカー・東海ウォーカー編集部)

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2020 KADOKAWA. All Rights Reserved.