サイト内
ウェブ

歴史ある貴重な桜を鑑賞できる!京都府庁旧本館で「観桜祭」開催

  • 2020年1月24日
  • Walkerplus

京都府庁旧本館では、3月24日(火)から4月5日(日)まで「観桜祭」を開催。期間中は、国の重要文化財に指定されている京都府庁旧本館中庭において、各種文化・芸術作品の展示やステージイベントを実施する。

明治期の建物である国の重要文化財、旧本館の中庭を公開し「祇園しだれ桜」や「容保桜」など6種7本の桜や、中庭を舞台とした日本舞踊を見ることができる。

屋内では高校生によるお茶席、府民参加のオペラや楽器のライブ演奏、福島県の復興支援として福島物産展などが行われる。ほかにも、ゆるキャラとのふれあいイベントや旧本館のガイドツアーなど盛りだくさんの内容で行われる。

この時期だけの美しい桜やイベントを楽しめる「観桜祭」に訪れてみては。(東京ウォーカー(全国版))

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2020 KADOKAWA. All Rights Reserved.