サイト内
ウェブ

スクランブル交差点にデジタルアート出現!渋谷を舞台にしたXRアート展がスタート

  • 2019年12月11日
  • Walkerplus

東京・渋谷を舞台にしたXRアート展「INVISIBLE ART IN PUBLIC Vol.2“Synthetic Landscapes"」が、12月11日(水)から同15日(日)までの5日間開催される。

電子音楽とデジタルアートの祭典「MUTEK.JP」の開催にあわせ、KDDI、一般財団法人渋谷区観光協会、一般社団法人渋谷未来デザインの三者で立ち上げた「渋谷エンタメテック推進プロジェクト」により行われる同イベント。「渋谷の街自体を美術館にできたら」という構想のもと、スマートフォンやタブレットごしに、XR(※VR(仮想現実)やAR(拡張現実)、MR(複合現実)といった技術の総称)を用いて街の風景に組み込まれたデジタルアートを体験できる。

実施するのは渋谷ストリーム、渋谷リバーストリート、スクランブル交差点、LINECUBE、スクランブルスクエアの全5エリア。計8カ所に設置された「STYLYマーカー」と呼ばれるQRコードをスマートフォンアプリ「STYLY」で読み取り、端末を周囲の空間に重ねることで画面上にアートが浮かび上がる。ビジュアルにシンクロしたドラム、シークエンス、エフェクトなどのサウンドトラックも同時にダウンロードされるので、ユーザーが自由に音楽と映像をMIXしながらXRを楽しめる仕組みだ。

なお、LINECUBEの体験スポットは14日・15日のMUTEK開催時間内、渋谷ストリームとスクランブルスクエアは11日から15日の施設営業時間内のみ体験が可能となっている。

また、期間中は説明スタッフによる作品紹介を行う特別ガイドツアーも実施する。期間中の16時から20時までの間、渋谷ストリーム2階のCITYSHOP PIZZAにて順次受付。定員に達した時点で締め切りとなる。

再開発が進む渋谷の風景がアートによってまた異なる姿で楽しめるイベント。スマートフォンを片手に作品を巡ってみよう。(東京ウォーカー(全国版)・国分洋平)

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2020 KADOKAWA. All Rights Reserved.