サイト内
ウェブ

100体のテディベアを装飾したツリーを展示!アクアシティお台場でドイツ文化を満喫できるクリスマスイベント開催

  • 2019年11月13日
  • Walkerplus

「アクアシティお台場」は、11月7日(木)から12月25日(水)まで、クリスマスイベント「TOKYO RESORT GERMAN CHRISTMAS」を開催中。

3階のアクアアリーナには、世界で初めてテディベアを作ったぬいぐるみメーカーであるドイツ・シュタイフ社の可愛らしいテディベア約100体と、約5000球の電球を装飾した「シュタイフテディベアツリー」を展示。

また、冬の風物詩であるクリスマスマーケットも登場する。ドイツにちなんだスイーツや紅茶などの食品から、世界的に有名なシュタイフテディベア、そのほかドイツ生まれの雑貨類などクリスマスにぴったりのグッズを買うことができる。

さらに、スポーツ、ミュージックなど、期間ごとにテーマを設けて週末を中心に様々なイベントが行われる。ドイツ発祥の新スポーツ「ヘディス」などを体験できる企画のほか、ドイツにまつわるミュージシャンによる音楽イベント「ジャーマンMUSIC DAY」など、お台場の美しい夜景を眺めながら楽しめる多彩なコンテンツを楽しむことができる

ドイツカルチャーに染まるアクアシティお台場で、家族や友人、恋人と思い出に残るクリスマスを過ごしてみてはいかが。(東京ウォーカー(全国版)・篠田)

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2019 KADOKAWA. All Rights Reserved.