サイト内
ウェブ

こんなの見たことない!?天神橋筋商店街で発見!「茶碗蒸しラーメン」

  • 2019年11月14日
  • Walkerplus

味噌・豚骨・塩・醤油といえば?そう!ラーメン。皆さんそれぞれお気に入りの味があると思いますが、実は最近、「茶碗蒸しラーメン」というものが誕生したんだとか。一体どんなラーメンなのか、中国人リポーターが食べに行ってみました。

やってきたのは、大阪の天神橋筋商店街にある「丹頂」。

店内はカウンター席のみで、先に食券を購入するシステムです。さっそく茶碗蒸しラーメンをオーダーしましょう!

ジャジャ~ン!

これが、茶碗蒸しラーメン!(税込750円 ※取材当時の価格です)

見た目はただの大きい茶碗蒸し。肝心の麺は一体どこへ…?

このぷるっぷるの茶碗蒸しの下に隠れていました!口の中ですぐ溶ける茶碗蒸しは、ゆずの風味でさっぱりいただけます。

茶碗蒸しとラーメンの奇跡のコラボレーションは一体どのようにして生まれたのでしょうか。茶碗蒸しラーメンが発明されたきっかけをオーナーさんにお伺いしました。

「店のシェフはみんな割烹料理出身なんです」

言われてみれば確かに!オーナーさんの服が割烹着!

「割烹料理の時代、よく女性のお客さんに、茶碗蒸しのサイズが小さいからもっと食べたい、大きい丼ぶりで作ってくれませんか?と言われてました。これはチャンスでは?と思い、会社のラーメン部と一緒に研究して、この茶碗蒸しラーメンを発明したんです」

お客様のニーズと、新しいアイデアをかけ合わせた結晶、それが「茶碗蒸しラーメン」だったんですね!

そして突然、オーナーさんが出してくれたのが…

表面が燃えてる!?

さらにタバスコや、フランスパンとワインまで!一体どんな味に仕上がっているのでしょうか。

続きは動画でご覧ください!(関西ウォーカー・西野 智美(ピー・キューブ))

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2019 KADOKAWA. All Rights Reserved.