サイト内
ウェブ

スヌーピーの彫像が随所に!南町田にスヌーピーとコラボしたスケートリンクも誕生

  • 2019年10月19日
  • Walkerplus

新しいスヌーピーミュージアムがオープンする南町田グランベリーパークが、2019年11月13日(水)に「まちびらき」を迎える。これにあわせて、スヌーピーのスタチュー(彫像)が”まち”のいたるところに登場!10体以上ものスヌーピーがゲストを迎えてくれる。

スヌーピーのスタチューは、南町田グランベリーパーク駅構内、商業施設、パークライフ・サイト、鶴間公園など7カ所に、六本木の旧スヌーピーミュージアムでも飾っていたものを含め、計11体も出現する。新しいスタチューは、ミュージアムのロゴマークを3D化して制作されたもので、配された場所により、首輪の色が異なるデザインに。また、鶴間公園内のスタチューには、“哲学的でユーモラスなスヌーピーの名言”が、原作コミックの図版と共に設置される予定だ。

さらに11月30日(土)からは、冬のキャンペーンとして「WINTER PARK」を開催。駅構内から“まち”へと広がるクリスマスイルミネーション「FIRST BERRY CHRISTMAS」を実施するほか、スヌーピーミュージアムが開館する12月14日(土)には、スヌーピーとコラボレーションしたスケートリンク「グランベリーパーク アイスアリーナ」がオープンする。アメリカ・カリフォルニア州にあるシュルツ美術館にアイスアリーナが隣接されているように、南町田グランベリーパークでも冬の風物詩として楽しめるのはうれしい限り!

六本木の敷地面積の約2倍の広さになって生まれかわるスヌーピーミュージアムでは、本家のシュルツ美術館と同じく、いつでもスヌーピーに会える充実した常設展示を新設。全長約8メートルの巨大な「スリーピング・スヌーピー」が出迎える圧巻のスヌーピー・ルームなど、ボリュームたっぷりの展示が続く。

スヌーピーミュージアムに隣接するパークライフ棟では、ミュージアムのオープンに先駆け、ピーナッツ カフェが2019年11月13日にオープン。豊富なメニューに加えて、ピーナッツ・ギャングたちのピクニックをイメージしたバスケットプレートなど、緑豊かな環境にぴったりのメニューをラインナップする。テイクアウト用のボックスを持って、鶴間公園でのランチもおすすめだ。※カフェはミュージアムのチケットなしで利用OK

11月13日に開催され、スヌーピーのスタチューがお披露目される「まちびらきテープカットセレモニー」では、スヌーピーもセレモニーに駆けつけ、「まちびらき」をお祝い!祝福ムード満載のイベントもぜひチェックして。

(C) 2019 Peanuts Worldwide LLC(東京ウォーカー(全国版)・CRAING)

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2019 KADOKAWA. All Rights Reserved.