サイト内
ウェブ

元プロ野球選手が営む焼肉店、旨すぎる肉のクリーンナップが最強打線だった!

  • 2019年10月18日
  • Walkerplus

チャンネル登録48万人を超える野球ファン御用達のYoutubeチャンネル「トクサンTV」でおなじみのアニキとトクサンが、元プロ野球選手の経営するお店を訪問して本人に直撃インタビュー!現役時代に話せなかったアノ話や、自慢のおすすめメニューを徹底的にしゃぶり尽くす!

ディープな野球談義と、“野球目線”でのユニークな食レポは、ほかでは聞けない!

第1回は、東京・六本木の「焼肉ビーフマン」のオーナー、岡本直也(元横浜ベイスターズほか)さんが登場。最高の肉質を誇る自慢に味をアニキとトクサンが初体験!<パート1、パート2にわけてお届け!今回はパート2>

■岡本直也(おかもと なおや)/1983年岡山県倉敷市生まれ。岡山理大附属を経て2002年横浜ベイスターズ入団。その後メキシコ、米マイナーリーグを経て2011年に東京ヤクルトへ。同年に現役引退。2012年に横浜時代の同僚・橋本太郎氏と「焼肉 ビーフマン」をオープン

■ 野球部の後輩が、日本屈指の牧場のオーナーだった!

アニキ「岡本さん、現役引退の時って、自分の中で踏ん切りはついたんですか?」

岡本「ヤクルトでの最後の登板が横浜スタジアムで、打球がライナーで直撃して歩けなくなったんです。古巣のベイスターズ相手の大事な試合で張り切ってたのに、こんな有様で『オレ、どんだけ運がないんだ』って…。一流になるには運も大事だと前回も話しましたけど、打球を食らって歩けなくなるようじゃ、オレはもうこの世界でやっていく資格はないんだと悟りましたね…。スピードも衰えてないし、まだやれる自信はあったんですけど。でも、野球しかやってこなかったので、やりたいことも浮かばない。で、とりあえずお金の勉強をしようと思って、知り合いの会社に入って経理の勉強をしたんですよ」

トクサン「へえ、そんな人脈があったんですねぇ。経理を学ぶという発想が面白いなぁ」

岡本「お金のことだけじゃなく、それまで社会人経験がゼロですから、最初は電話の取り方もわからなかった…。それでも社長のそばにいて色々な人たちに話を聞けたので、本当に勉強になりましたね。で、横浜時代の同僚で、僕と特に仲が良かった橋本(太郎)と一緒に『何か一緒にやろうぜ』ってことになったんですよ。じつは橋本とは、現役のころからそんな話をしていたんです]

アニキ「それで、焼肉店を橋本さんと共同経営することになったんですか?」

岡本「高校の野球部の1年下の後輩が、川岸牧場(兵庫県)という牧場の3代目だったんですが、そこは神戸牛の生産者として、全国的にも超有名な牧場だったんです。聞いたところでは、川岸牧場から肉を仕入れるのはすごく大変なことらしい。で、電話してみたら、『ぜひウチの肉を使ってください。いい肉ですから!』って言うんですよ。業界の誰に聞いても、"川岸牧場の肉はすごい”ってことなんで、よしっ!焼肉店をやろうと。それで橋本と会社を起こしたんです」

トクサン「そんな有名な牧場主がたまたま後輩だったんだ。野球のつながりが生きたんですね」

アニキ「でも、どうして六本木で開業したんですか? ここは都内でも一等地で地代も高いし、なかなかの初期投資だったと思うんですが…」

岡本「商売を始めるなら、最強の場所でやらないと意味ねぇなって(笑)。田舎で始めて成功してから東京に出るんじゃなく、東京のど真ん中で勝負して、負けたら終わりでいいやと。無鉄砲というか、ま、何も考えてなかったんです。ホントにバカなんでね(笑)。でも、六本木で通用すれば、全国どこ行っても通用するだろうと思ったんですよ。やっぱり、東京が最強なんで(笑)」

アニキ「東京最強ですか(笑)。でも、まさに正論ですよね」

岡本「ま、出だしから順調でしたね。いったん落ち着いたんですが、その後、横浜にもFC展開したり、大阪にも出店したんですけど、どうしても従業員が定着しなくて大阪の店は閉めました」

アニキ「難しいもんですね。スタッフも重要ですし。でも飲食業なんて、オレらじゃ一歩も動き出せんと思います…。ただ、話を聞くと焼肉店は仕入れのルートがカギを握るみたいですね」

岡本「そうですね。ウチはホルモン業者のルートも強かったので」

アニキ「そうそう。精肉とホルモンって、ルートが全然別なんですよね。牛を一頭買っても、ホルモンは別人のものだったりするって聞きました」

岡本「普通は入らないような希少部位とかも結構仕入れてますね。ウチの店は神戸牛をウリにしてるんですけど、神戸牛ってこの世界じゃ別格なんですよ。松坂牛とか近江牛とか、和牛のブランドが色々ある中でもやっぱり格が違うから」

■ 自慢の肉をアニキ&トクサンが実食

アニキ&トクサンが食レポにチャレンジ!ただし、元プロ野球選手のうまい店を紹介する連載なので、普通に「うまい!」ではこの連載らしくない。そこで、お店のおすすめベスト3を野球の打順のクリーンナップ(3番、4番、5番)で紹介。それも、野球に例えて食レポするという編集担当の無茶ぶりで食レポします!

岡本「じゃあ、そろそろ。ウチの自慢の肉を食べていただきましょうか。まずは、当店の3番バッター「プレミアムロース」(4880円)を焼きますね。大判の最高級ロースですが、これはタレではなく、当店秘伝の塩で食べて下さい」

トクサン「おお、待ってました! うわっ。この肉、見るからにうまそう…」

アニキ「おお、これは見た目からして違うわ! サシがさ〜っと入ってるし。これこそ、オレがテレビマンとして長年教えられてきた"うまい肉”そのもののビジュアルや。そもそも、野球で一番見た目がいいのは3番打者やしね(笑)」

トクサン「まあ、確かに3番は男前が多いよね。スタイルもよくて、無骨な選手は似合わないかな。この肉は、まさにそんな感じ。…へえ、そんなふうにサッと焼くだけでいいんですね」

アニキ「高級な肉ほど焼きすぎたらアカンのよ。…おお、これはうまい!! あまりに脂がうますぎて、口の中で溶けてていくのが残念過ぎる…」

トクサン「うわぁ。うまい…。まさに、全対応型の理想の3番打者です。この選手に3番を打たせない監督はバカですよ!」

アニキ「…うん。この肉を嫌いな人はおらんな。いや、全球団で3番を打てる逸材や(笑)」

岡本「店からすれば、1、2番が簡単にアウトに取られた後でもこれで一気に巻き返せるという1皿という位置づけですかね(笑)」

トクサン「肉の甘みがダイレクトに伝わってくるし、この食感もいい。ボリュームもあるしね」

アニキ「この塩がまたいい…。焼肉ってタレという概念があるけど、クリエイティブなプレーをしてくれる感じやね。こいつの2打席目が恐い。何を投げても打たれそうや」

トクサン「もう、何の話をしてるのかわからなくなってきたけど(笑)。とにかく、絶品です。マジでうまい!」

岡本「続いては当店の5番打者、定番メニューの「ビーフマンカルビ」(1980円)です!」

トクサン「…この肉もすごいよ。ホントにやわらかい! 溶けますね〜。口の中で」

アニキ「…う〜ん。このサラっと溶ける口溶けの感じがたまらん。脂がいいのかなぁ。脂のしつこさをまったく感じないですね…」

トクサン「口の中に、甘みが残っていくような…。こんな焼肉は滅多に体験できない!」

アニキ「ハワイで食った謎の高級ステーキも美味かったけど、こっちの肉のほうがずっと上です(笑)」

トクサン「ハワイの謎の肉と比べられても、全然わからないけど(笑)」

アニキ「うーん。これが5番なら、塁上のランナーを全部返すなぁ」

■ これを食べるために来店する価値がある、絶品ホルモン

岡本「では、いよいよ4番打者の登場です。この「初代名物マッスルホルモン」(2800円)は、当てればデカイけど、外れる時もありますが(笑)…」

アニキ「まあ、4番はそういうもんです。今まで3打席凡退していたのに、4打席目で投手のベストボールを右中間に放り込むというね…。うわ、タマネギと一緒に焼くんですね。この匂いがもうたまらん…」

トクサン「やっぱ、4番打者は打席に入る歩き方からして違うよね。強いチームの4番は、もうアップの段階で既にオーラを放ってるから。でも、こんなホルモンってあるんだ。なんか、まったく見たことない感じ…」

アニキ「う〜ん。確かにこんなのは見たことないよなぁ。強豪チームの4番打者って、だいたい見たことないような打球を飛ばすし(笑)。あんな一塁線ギリギリでホームランになるんか、みたいな」

トクサン「そういう強打者は、あっさり見逃し三振しても不気味さを残しますよね。『コイツ、何かを考えてるな』という…。さてさて、このマッスルホルモンはどうか? …う〜ん。これは絶対に4番だ。口の中にドーンと美味さが!迫力抜群です」

アニキ「これまた、肉質が最高やなぁ。タレの甘さもたまらん…。しかし、こんなにもあっさり食えるホルモンは人生初や…」

トクサン「このタマネギの香りもホルモンと相性バッチリですね。まさに、確実性のある4番ですよ!」

アニキ「そもそも、4番打者の役割は何かというとね。チームの勝利のために、最後の全てを担うべき存在かと思うんです。つまり、何でもできないといけない。このマッスルホルモンは、タマネギ、卵、ホルモンと複合的な要素を持っているし、栄養までもフォローしてるよね。ホルモンには一発感もあるし、まさに何でもできる完璧な4番打者です。例えるなら落合(博満)か、松井(秀喜)クラス!」

岡本「おお、認めてもらえましたか。有り難うございます。ところで、最近のプロ野球では一時期多かった“つなぎの4番”というのが減ってきましたね」

アニキ「そうですね。やっぱり4番という存在は、本来つなぎ役ではダメなんですよ」

トクサン「やっぱり、ファンが『この人を見るために球場に行く』というのが、プロの4番打者でしょうね。つまり、このマッスルホルモンを食べるだけでも、ビーフマンにくる価値があると言える!」

岡本「丁寧に下処理をしているから鮮度が抜群でしょ。このタレも自慢なんですよ。開店時からメニューにあるので、“初代名物”と謳っているんです。2代目名物のモンスターホルモンもあるんですが、マッスルホルモンがずっと人気ナンバーワンですね」

アニキ・トクサン「いやあ、最高の肉でした!今日は本当にありがとうございました!」

■焼肉 ビーフマン 六本木本店

神戸牛の牝牛のみを育てるという川岸牧場の希少な牛肉を使用し、最上品質を誇るホルモンなど、肉質の良さで知られる人気焼肉店。野球界をはじめ、スポーツ界はもとより、六本木という土地柄からか芸能界にもファンが多い。

■住所:東京都港区六本木7-16-5 戸田ビル 1F 電話:03-5785-2082 営業時間:18:00~23:00(LOフード22:15、 ドリンク22:30) 休み:日曜 席数:50席<喫煙可> アクセス:都営大江戸線六本木駅7番出口徒歩1分

■トクサンTV/チャンネル登録者数48万人、再生回数3億回超を誇る驚異的人気のYouTubeの野球チャンネル。トクサン、ライパチ、アニキの3人が、野球がうまくなる練習法をはじめ、元プロ野球選手との対戦や野球グッズレビュー、自身が所属する草野球チームの試合などを配信。https://www.youtube.com/channel/UCfkM3u-0uSKADDitZLpXcfA

■トクサン(徳田正憲)/1985年東京都出身。帝京高校で甲子園に出場。創価大学では主将を務め、ドラフト候補にもなる。2016年に始めたYouTube「トクサンTV」が大ヒット

■アニキ(平山勝雄)/1978年大阪府出身。神戸大のエースとして活躍。テレビマンとして数多くの番組を手がける傍ら、トクサンTVを立ち上げ。トクサンも所属する草野球チーム「天晴」のエースを務める(東京ウォーカー(全国版)・渡辺敏樹)

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2019 KADOKAWA. All Rights Reserved.