サイト内
ウェブ

天橋立を巡るまんぷく旅!丹後くろまつ号のスイーツコース&旬のアオリイカを満喫

  • 2019年10月10日
  • Walkerplus

日本三景の一つ、天橋立を巡る満腹旅は道中からグルメざんまい。観光列車の車内で絶景と共に特製スイーツを味わいながら、旬魚が待つ名勝へ!<※情報は関西ウォーカー(2019年21号)より>

■ “走るダイニング”で絶景&秋スイーツを

「京都丹後鉄道 丹後くろまつ号」のコンセプトは「海の京都の走るダイニングルーム」。福知山~天橋立駅を走る「スイーツコース」では、北近畿の人気洋菓子店「パティスリーカフェ カタシマ」のスイーツプレートを味わいながら、日本海の絶景が満喫できる。プレートは季節ごとに内容が変わり、10月4日からはコウノトリ米のシフォンケーキや栗のロールケーキなど秋メニューに。サブレのおみやげ付き。

10月4日~11月30日(土)は「幸せを運ぶコウノトリ米を使用したシフォンケーキと9種類のよくばりミニスイーツ」が登場/京都丹後鉄道 丹後くろまつ号

■丹後くろまつ号「スイーツコース」/ダイヤ:福知山駅10:10発→天橋立駅11:53着 料金:4900円(運賃込み) 予約:HPまたは0570-200-770(予約センター)で3日前までに要予約 コース:スイーツコース、ランチコース、茶会コース、えらべるほろ酔いコースの4コース 運行日:スイーツコースとランチコース金土日祝、茶会コースとえらべるほろ酔いコース土日祝(要予約、全席指定、各コース定員30人、途中下車不可)

■ イカの王様がてんこ盛り!旬の甘さが詰まった贅沢丼

「よし乃や」は、メニューに載っていないイカ丼がクチコミで広がり、今では天橋立名物に。地元で白イカと呼ばれる剣先イカに続き、9月初旬からはイカの王様、アオリイカをまるまる一杯使用。肉厚なのに柔らかな白い宝石を味わい尽くそう。

毎朝届くアオリイカを大盛りはたっぷり1杯半使用。生卵を絡めれば、より濃厚な味わいに。

■よし乃や<住所:京都府宮津市大垣48 電話:0772-27-0125 時間:8:30~17:00(LO16:00) 休み:なし 席数:58席 タバコ:禁煙>

■ 半生の一刻干しで旨味をギュッと凝縮

フードコートで新鮮な海の幸などが味わえる新観光施設「宮津天橋立漁師町 ととまーと」が、2018年12月に誕生。半生の一夜干し、一刻干しの専門店では、炭火で焼き上げたホクホク&香ばしい旬の魚介が気軽に堪能できる。

軽く塩をして60分ほど干す一刻干しは、ふんわりふっくら。地元・琴引の塩や柚子ポン酢で味わえる。

■Kanemasu 7vn<住所:京都府宮津市漁師1775-25 宮津天橋立漁師町 ととまーと内 電話:0772-25-9006(宮津天橋立漁師町ととまーと) 時間:9:00~18:00(LO17:00) 休み:火曜(祝日の場合営業) 席数:約50席 タバコ:禁煙>(関西ウォーカー・編集部)

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2019 KADOKAWA. All Rights Reserved.