サイト内
ウェブ

たくさんの花と緑がみなかみ町を彩る「花と緑のぐんまづくり2019 in みなかみ」開催

  • 2019年8月17日
  • Walkerplus

群馬県利根郡みなかみ町のたくみの里で、8月31日(土)から9月23日(祝)まで「花と緑のぐんまづくり2019 in みなかみ」が開催される。

11回目を迎える今年は、たくみの里をメイン会場に開催。サテライト会場として、道の駅水紀行館や道の駅矢瀬親水公園でも実施する。各会場や道路に花が装飾され、花と緑で彩られた美しい空間を造り出す。またイベント期間中の休日を中心に、フラワーアレンジメントの他、寄せ植えなどが学べる「花緑体験教室」やステージイベントなども予定。会場では「花と緑のコンテスト」の応募作品の展示も行われる。

担当者は「人と自然との共生が世界基準で認められ『みなかみユネスコエコパーク』に認定された、自然豊かな利根川源流のまちを花と緑で彩ります。メイン会場のたくみの里では、秋そばの花と黄金に穂を付けた稲が広がる里山風景が一望でき、豊楽館北側には秋の収穫のお祝いや、たくみの里の自然をイメージしたメイン花壇を設置します」とイベントの魅力を話す。

美しい自然が魅力のたくみの里。花と緑のフェスティバルに足を運ぼう。(東京ウォーカー(全国版)・ウォーカープラス編集部)

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2019 KADOKAWA. All Rights Reserved.