サイト内
ウェブ

「ポッター平井の激推しアイドル!番外編」Queentet Spring LIVE 2019レポート

  • 2019年5月10日
  • Walkerplus

NMB48の吉田朱里、太田夢莉、渋谷凪咲、村瀬紗英による女子力選抜ユニット、Queentetのスプリングライブが4月11日、大阪・Zepp Nambaで行われた。

●Zepp Nambaに降臨!

開演前、渋谷が「私が質問するので、なぎちゃ~ん!と叫んで下さい。一番かわいいのは?(→なぎちゃ~ん!)、一番好きなのは?(→なぎちゃ~ん!)ちらほら違う名前が聞こえますけど、今、アカリンさんが隣で睨んでいます」などと、彼女らしい影アナで会場を爆笑させ、19時10分、メンバー紹介VTRからライブがスタート!4曲続けてのパフォーマンスでヒートアップさせる。

最初のMCで、吉田が「前回はバレンタインにBIGCATさんで単独公演をさせていただいて、今回、Zepp Nambaに来ることが出来ました~!」と喜びのコメント。「女性専用エリア、すごくない?一般エリアにも女の子がたくさん!」と、観客の約半数が女性という光景に驚きを隠せない。「ここからは雑誌の世界観で皆さんと楽しんでいけたらと思います。1ページ目はこちらです!」とVTRへ。各メンバーのファッション雑誌のグラビアふうの写真が映し出される度に、女性ファンの歓声が上がった。

●メンバーの個性が溢れるソロ曲

続いては、ソロコーナー。

太田夢莉が「1994年の雷鳴」(AKB48チームサプライズ)をクールに披露すると、

渋谷凪咲は「右肩」(前田敦子)を選曲。癒しボイスで優しく包み込む。

村瀬紗英は「制服レジスタンス」(AKB48チームK)を、スタイリッシュなダンスと、甘い歌声でパフォーマンス。

吉田朱里は「呼び捨てファンタジー」(AKB48チームB)で、アイドル力を全開させた。

続くMCでは、渋谷と村瀬がラジオ番組っぽく、事前に募集した悩みに答えるコーナー。

渋谷「<握手会で盛り上がる話題を教えて下さい>」

村瀬「コンサートの感想を言ってくれたら嬉しいです」

渋谷「今日来て下さった皆さんは、全員握手会に来て下さい!」(会場爆笑)

村瀬「<男の子にモテそうな仕草を教えて下さい>。髪を耳にかけるのはどうですか?」

渋谷「反対側の手でやるといいって聞きますけど、そんなんやってられないです」(会場爆笑)

スイーツのVTRが流れた後、「キャンディー」「口移しのチョコレート」「野蛮なソフトクリーム」と、スイーツソング3連発!「キャンディー」では客席にキャンディー投げも。

VTRでは、恋愛にまつわる質問が表示され、観客がYESかNOで答え、YESの数で、Queentetの誰タイプなのかをチェック!

Q1 告白は自分でするより相手からされたい

Q2 会えるなら毎日でも会いたい

Q3 相手に尽くしてしまう方だ

Q4 甘えられるより甘えたい

Q5 どちらかというと惚れやすい方だ

Q6 1日でも連絡が途切れると不安になる

Q7 服装やメイクを相手の趣味に合わせることはない

Q8 相手のSNSは毎日欠かさずにチェックする

Q9 イベントや記念日ではサプライズは欠かせない

Q10 異性と2人きりで食事に行くのは許せない

皆さんはいくつYESがありましたか?結果はこちら。

0~2個 太田夢莉タイプ サバサバ

3~5個 渋谷凪咲タイプ 癒し

6~8個 村瀬紗英タイプ 女王

9~10個 吉田朱里タイプ わがまま

「Choose me!」では、間奏で4人それぞれが告白ゼリフを披露。前回の「ハート型ウイルス」でも同様の演出があり、Queentetのライブの恒例になるかも!?

●夏を先取り!かき氷早食い対決&夏うたコーナー

VTR企画では、もうすぐ夏ということで、かき氷早食い対決!その結果、太田が1位、吉田が2位、渋谷が3位、村瀬が最下位となり、村瀬が罰ゲームとして、テンション0から100に上げて曲ふり。「(テンション0で)次はこの曲です。ミュージック…(テンション100で)スタート!」

ここから夏うたコーナーに突入!「西瓜BABY」で海を満喫し、「次はここに行こう!」と、「まさかシンガポール」を、キャリーケースを引きながらパフォーマンス。「次は韓国!」と、KARAの「GO GO サマー!」をカバー!更に「イビサガール」「ポニーテールとシュシュ」と、アゲアゲなサマーチューンを畳み掛け、本編が終了。

●吉田朱里がコスメブランド立ち上げを発表!

アンコールのMCで、吉田朱里がコスメブランド「B IDOL」を5月1日に立ち上げ、その第1弾として、リップを発売することを発表すると、女性ファンから大歓声!「こんなに喜んでもらえると思わなかった。本当に皆さんのおかげです。ありがとうございます!」と、大感激。そんな感動的なシーンに、「皆さん、発売まで唇をカッサカサにしておいて下さい」と、渋谷がボケて、「そういう意味の待望じゃない。やっと塗れるじゃないから」と、太田がつっこんで笑いを取るあたりも、Queentetの魅力のひとつ。

更に、6月2日に東京・豊洲PITで3rdワンマンライブの開催が決定したことをサプライズで発表!会場は再び大歓声に包まれた。そして、各メンバーが今の心境を語る。

渋谷「たくさんの方が来て下さって、ステージの袖でアカリンさんとスタンバイしていた時に泣きそうになって…。でも、このメンバーでシングルを出したくて、今日はその夢への第一歩なのかなと思います。これからもずっと一緒に私たちといろんな景色を見ながら、頂上まで辿り着きましょう!」

村瀬「会場がどんどん大きくなって、関東でもライブが決まって、Queentetの可能性、成長を皆さんに見せ続けられたらいいなって思います。本当にライブをする度に、人の温かみを知ることが出来ます。楽しかったです、今日も!」

太田「今は他のグループさんの曲をお借りしてライブをしているんですけど、Queentetのアルバムとかを出せたら、楽曲が潤い、ライブが出来て、いい流れになるんじゃないかなって。これからもQueentetを応援して下さったら嬉しいです!」

吉田「紗英ちゃんはANDGEEBEEというブランドを立ち上げて、夢莉ちゃんは写真集を出して、女優デビューもして、凪咲もいろんなバラエティ番組に出て、それぞれの場所で活躍してくれているのが嬉しいし、4人が集まった時はこんなに温かいファンの皆さんに囲まれて、楽しいライブをすることが出来て嬉しいです。私はもっとこの4人と、ファンの皆さんとで、いろんな夢を叶えたいと思っています!」

●最後に渋谷凪咲に異変!?

そして吉田が「やっぱりラストは盛り上がりたいですよね~!」と、観客を煽っていると、渋谷の様子がおかしい。その理由を聞かれた渋谷は「次の曲、何歌うか忘れてた(会場爆笑)これはボケじゃないねん。ホンマにごめんなさい!『三日月の背中』やろ?」と、ラスト曲をバラすという展開に。これには村瀬も「バラエティの勉強しすぎや」、吉田も「みんな、今のは忘れて!」などとつっこみ、爆笑を誘う。吉田が仕切り直して「みんなで夢が叶うように、この曲を歌いたいと思います。『三日月の背中』!」と、曲ふり。4人は黄色いサイリウム一色に染まった景色を見渡しながら、最高の笑顔を届けた。

Wアンコールでは、初オリジナル曲「Which one」を再び披露。最後に吉田が「次は豊洲PITでお会いしましょう!」と、再会を約束し、2時間超のライブは幕を下ろした。

6月2日の豊洲PITでは、どんなQueentetを見せてくれるのか。夢への階段を上り続ける彼女たちの煌めきを目撃してほしい。

◆「Queentet Spring LIVE 2019」セットリスト(2019年4月11日 Zepp Namba)

映像(メンバー紹介)

M1 Girls talk

M2 Mosh & Dive

M3 ガールズルール

M4 Which one

~MC(渋谷・村瀬ラジオ)

M5 1994年の雷鳴(太田)

M6 右肩(渋谷)

M7 制服レジスタンス(村瀬)

M8 呼び捨てファンタジー(吉田)

~MC

映像(スイーツ)

M9 キャンディー(吉田・太田)

M10 口移しのチョコレート(渋谷・村瀬)

M11 野蛮なソフトクリーム

映像(YES NOチェック)

M12 Choose me!

M13 空腹で恋愛をするな

M14 記憶のジレンマ

M15 抱きしめられたら

M16 甘い妄想

映像(かき氷早食い対決)

M17 西瓜BABY

M18 まさかシンガポール

M19 GO GO サマー!

M20 イビサガール

M21 ポニーテールとシュシュ

アンコール

M22 スキャンダラスに行こう!

M23 大声ダイヤモンド

~MC

M24 三日月の背中

Wアンコール

M25 Which one

~MC

【取材・文=ポッター平井】

<ポッター平井・プロフィール>

構成作家・ライター。MBSラジオ「NMB48のTEPPENラジオ」などを担当。松田聖子さんの“輝き”に魅せられて以来、30年以上アイドルを応援し続けるアイドルサポーター。(関西ウォーカー・ポッター平井)

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2019 KADOKAWA. All Rights Reserved.