サイト内
ウェブ

「おいしそうな爆盛り」がポイント!丼ものだらけのインスタグラムが、飯テロすぎる…

  • 2020年9月21日
  • Walkerplus

「猛烈に食べたい!」「おいしそうを通り越して美しい」などの声が数多く寄せられる、夏服さん(@natsu_fuku_0307)のインスタグラムアカウント。その人気の理由は、具材が大胆に盛られたインパクト抜群の丼ものたち!

さらに、それらの大半が朝ご飯だというから驚きだ。そんな夏服さんの発信の裏側を探るべく、たっぷり話を聞いた。

■インパクトのある見た目で、見る人を笑顔にしたい
ーー丼ものをたくさん作っているのはなぜですか?
【夏服さん】仕事のある平日の朝は時間がないので、スープや野菜ジュースなど液状のものでの栄養補給が大半です。その反動もあって休日は、お米をもりもり食べられる丼ものになりがちなんです。米どころの東北に住んでいることもあって、白米が大好き!ワンボウルで簡単だし、最高です!

ーー作る際のこだわりはありますか?
【夏服さん】見た人がクスッと笑ってしまうような、インパクトのある盛り付け方でしょうか。「おいしそうな爆盛り」が理想です。

ーー「おいしそうな爆盛り」という言葉、とてもしっくりきます(笑)。では、特に反響の大きかったものを教えてください。
【夏服さん】シンプルなシャウエッセン丼には、たくさんのいいねをいただきました。ウインナーと半熟の目玉焼き。普通の朝ご飯メニューだけど、間違いなくみなさん好きですよね!丼にしてしまえば洗い物も減りますから、一石二鳥です。

■残り物もレトルト食品も、ご飯にのせれば素敵な丼料理に
ーー新型コロナウイルスが流行するなか、夏服さんはどのように過ごされていましたか?
【夏服さん】楽しみにしていたイベントが中止になったり、県外へ遊びに行くことができなくなったりした時期は、丼で憂さ晴らしをしてた気がします。ちょっとふざけてみたり、少し高級な食材使ってみたり。例えば、エビや野菜、伊達巻など具材をたっぷり使った中華丼などです。

ーー丼ものつくりを楽しんでいるのが伝わってきます!料理が苦手な人も少なくないと思いますが、料理を楽しむコツはありますか?
【夏服さん】毎日3食、家族の分のご飯を用意するのはなかなか大変なことだと思うので、ちょいちょい手抜きをしたらいいと思います。前日の残り物でもスーパーの総菜でもレトルト食品でも、ご飯に乗せるだけで素敵などんぶり料理になるのでおすすめですよ。

取材の際に「目指していることなどは、特にないです。見てくれる人に笑ってもらえたらいいです」と語ってくれた夏服さん。まず自分自身が作ることを楽しみ、そしてそれを見てもらうことで楽しみを広めたい、という純粋な思いが、彼女の料理をより魅力的にしているのかもしれない。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2023 KADOKAWA. All Rights Reserved.