サイト内
ウェブ

繭クラフトや絹作品を堪能!群馬県立日本絹の里で「まゆクラフトと絹の作品展」開催中

  • 2019年3月8日
  • Walkerplus

群馬県高崎市にある群馬県立日本絹の里で「まゆクラフトと絹の作品展」が4月7日(日)まで開催されている。

同館は、繭や生糸に関する資料や群馬の絹製品などの展示、絹を使った染織体験などにより、伝統ある群馬県の蚕糸絹業の足跡と天然繊維であるシルクのすばらしさを紹介している施設だ。

同展は、繭の特性を活かして作るまゆクラフト作品を一般公募し、繭の優れた魅力を紹介する内容だ。絹を用いた染色や織物、人形、刺繍などの展示も行う。

関連行事として3月23日(土)・24日(日)に工芸品即売会を実施。また、3月9日(土)、21日(祝)、27日(水)には、繭を使ってイノシシを作る「ひと粒まゆのイノシシ」の無料体験イベントが開催される。その他、染色体験や手織り体験もあり、多彩な体験を通じて繭の魅力について学べる。

週末は群馬県立日本絹の里に出かけてみよう。(東京ウォーカー(全国版)・ウォーカープラス編集部)

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2019 KADOKAWA. All Rights Reserved.