サイト内
ウェブ

隠れたカレー天国!?サンシャインシティの変わり種カレー5選

  • 2018年8月10日
  • Walkerplus

水族館や展望台などレジャー施設が充実しているサンシャインシティ。飲食店舗も約80店が立ち並ぶが、そのうち30店舗でカレー関連メニューを提供している“カレー天国”であることをご存じだろうか?今回はそんなサンシャインシティから厳選した「変わり種カレー」を5つ紹介しよう!

■ 伊豆高原ケニーズハウスカフェ「白いカレー」

カレーと言えば思い浮かべる色は”茶色”や”黄色”だが、そんなカレーの常識を覆すのが、このアルパ1F 伊豆高原ケニーズハウスカフェの「白いカレー」(1380円)だ。カレー粉を使わずに、香辛料とバター、ココナッツミルクなどで白く仕上げた。見た目と裏腹にスパイシーなのもポイント。

■ 洋食ビストロ ティガ ボンボン「マウンテンチキンカレー」

アルパ3F 洋食ビストロ ティガ ボンボンの「マウンテンチキンカレー」(1058円)は、山のようにそそり立つチキンカツが圧倒的なボリューム感。香味野菜をじっくり炒め、15種類のスパイス、ワイン、調味料、スープで煮込み、コクと甘み、旨味を引き出したオリジナルの辛口カレーに、チキンカツをまるで山のように積み上げたカレーだ。

■ 茶鍋カフェ・カグラザカ サリョウ「低アレルゲン 海辺のイルカレー」

アルパ1F 茶鍋カフェ・カグラザカ サリョウの「低アレルゲン 海辺のイルカレー」(680円)は、色とりどりの野菜にリンゴとハチミツを加えてじっくりと煮込んだカレー。見た目がかわいいだけでなく、特定原料不使用で低アレルゲンの子どもにも嬉しい一品だ。

■ Cafe Quu Quu Quu「SKY CIRCUS 恐竜火山カレー」

SKY CIRCUS サンシャイン60展望台 Cafe Quu Quu Quuの「SKY CIRCUS 恐竜火山カレー」(1150円)は、“恐竜” と“鳥”をテーマにした「恐竜くんプロデュース 恐竜スカイミュージアム~鳥は恐竜だった!~」でイベント限定のオリジナルメニューとして、恐竜が生きていた時代の火山の噴火をイメージしたカレー。恐竜型のナゲットのトッピングが可愛らしく、小さい子どもにもおすすめだ。提供は9月2日(日)まで。

■ カナロア カフェ「ヘラオヤモリキーマカレー」

サンシャイン水族館 カナロア カフェの「ヘラオヤモリキーマカレー」(885円)は世界中から「化ケモノ」のオールスターがそろう特別展「化ケモノ展」限定メニュー。キーマカレーの上に木の枝に見立てたごぼうチップスをのせ、彩りで枝の先の葉っぱに見せたチャービル(香草)をオン。全体にドライパセリを散らし、チェダーチーズを型で抜いたヤモリが、ご飯を登って枝に紛れに行く姿をイメージした商品だ。キーマカレーはチャツネやリンゴを使ったフルーティーな味わいを楽しめる。提供は11月25日(日)まで。

隠れたカレー天国のサンシャインシティで、おすすめの”変わり種カレー”を味わってみてはいかが?(東京ウォーカー・モリオカユカ)

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2018 KADOKAWA. All Rights Reserved.