サイト内
ウェブ

名古屋から行く東海・北陸エリアの透明度抜群!ビーチ

  • 2018年7月12日
  • Walkerplus

うだるような暑ささえも味方につける、夏のレジャー、海。「でも、日本の海はきたないしなぁ…」そんなイメージを覆す、透明度抜群の海を6つ厳選してご紹介!夏休みの楽しみを、またひとつ増やしちゃおう!!

■ 無人島ビーチで非日常のひと時を

敦賀湾に浮かぶ「水島」(福井県敦賀市)は、夏の間だけ船で渡れる無人島。今年は8月31日(金)までの期間、色ヶ浜と浦底から毎日船が運航する。透明度抜群の海、遠浅のビーチ、白い砂浜は日本にいることを忘れる美しさ。無人島には自販機や売店はないので、準備を整えて乗船しよう!

■ マツ林を背に約1㎞続く白い砂浜

「三木里ビーチ」(三重県尾鷲市)は、“徳川吉宗が植えさせた”という言い伝えが残るマツ林の前に広がる。約1㎞続くさらさらの砂浜と透明度の高い青い海のコントラストが美しい。9月末まで開催の「シーカヤック体験」(1艇90分6000、要予約)をはじめ、キャンプなどのシーレジャーも充実しているので、思い出作りにはもってこいだ!

■ 太平洋を望む、“鳥羽十景”の1つ

鳥羽と志摩を結ぶドライブウェイ「パールロード」から近く、ドライブがてら訪れる人も多い「千鳥ヶ浜海水浴場」(三重県鳥羽市)。遠浅で500m続くロングビーチの美しさから、“鳥羽十景”にも名をつらねている。7月30日(月)から8月24日(金)の平日限定で開催される地曳網(じびきあみ)体験にも注目!※8月13日(月)から17日(金)は除く

■ マリンブルーの美しい海岸線

「御座(ござ)白浜海水浴場」(三重県志摩市)は、透明度抜群の海と白浜のコントラストが美しく、“快水浴場百選”にも選ばれたスポット。御座岬から程近く、山に囲まれた遠浅のビーチで、波の穏やかさも人気の理由だ。付近にはキャンプ場や磯釣りができる岩礁地帯もある。

■ 海上アスレチックで夏を満喫!

風力発電の白い風車が青空に映える「マリンパーク御前崎海水浴場」(静岡県御前崎市)。入り江になった、波が穏やかな海水浴場ではのんびり磯遊びができる。また、アクティブ派には、海上に浮かぶアスレチックのアクアランドやバナナボート(2000円)もおすすめだ!

■ 海水浴&潮干狩りを1度に満喫!

「弁天島海浜公園 海水浴場」(静岡県浜松市)は浜名湖の玄関口にあり、高さ18mの赤い鳥居風タワーがシンボル。8月5日(日)には海水浴場宝探し大会を開催するほか、8月15日(水)までは海水浴と同時に潮干狩りができるのも弁天島ならでは。アサリは持ち帰りできる。(600円、1人1kgまで)(東海ウォーカー・東海ウォーカー編集部)

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2018 KADOKAWA. All Rights Reserved.