サイト内
ウェブ

昼はイベントで大盛り上がり!最新技術3D花火に注目「第40回記念芦屋サマーカーニバル」を攻略

  • 2018年7月12日
  • Walkerplus

7月21日(土)、兵庫・芦屋では“Ashiya Dancing Fireworks Show”と題して、第40回記念芦屋サマーカーニバルにてさまざまな花火を打ち上げる。昼間から訪れて会場内に設けられたステージでのライブパフォーマンスなどを満喫したのち、夜には最新技術を使った3D花火やメッセージ花火を眺めてみては?<※情報は関西夏ウォーカー2018(5月11日発売号)より>

■ 昼はイベント盛りだくさん!夜は最新花火に酔いしれて

砂浜を幻想的なムードに包み込む色とりどりの花火にうっとり。

■ ココが楽しい!3ポイント

<1>メッセージ付き花火

恋人や伴侶に感謝などを伝えるメッセージ花火(3万円 ※砂浜観覧席券2枚付き)を、HPから申し込んで打ち上げてもらえる。

<2>3D花火に注目!

色とりどりの花火と音楽や松永貴志氏などとコラボレーションした3D花火が特徴。最新技術を用いた花火にくぎづけ必至!

<3>昼からイベント満載

特設ステージが設置され、ダンスや歌など、バラエティ豊かなパフォーマンスが繰り広げられる。屋台もたくさん並ぶ。

■ 快適に楽しむ攻略法

有料エリアでラクラク観戦もおすすめ!リーズナブルな料金の砂浜観覧席(1000円)のほか、クッションシートなどが付いた一般観覧席(前売り2500円、当日3000円)など、さまざまな種類の有料観覧エリアがある。ローソン、セブンイレブンなどで販売中。詳細はHPをチェック。

第40回記念芦屋サマーカーニバルの最寄り駅となる阪神芦屋駅からはかなり遠く、歩くと30分ほどかかるため時間に余裕を持って行動するようにしよう。18時ごろなら潮芦屋緑地もすいているので場所取りもまだ可能。屋台にもそれほど行列ができていないので、18時30分ごろまでに到着しておいて。また、帰りは阪神芦屋駅は大混雑するので避け、少し歩くことになるがJR芦屋駅や阪急芦屋川駅なら比較的混雑が緩和されているはずなので、そちらを利用して。

■花火大会DATA/玉数:6000発 花火の大きさ:最大4号玉 昨年の人出:約9万人 屋台:約150店が出店 打ち上げ場所:潮芦屋ビーチ海上(関西ウォーカー・編集部)

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2018 KADOKAWA. All Rights Reserved.