サイト内
ウェブ
緑のgoo 10th Anniversary 緑のgoo 10th Anniversary

東京會舘の伝統スイーツに“柚子フレーバー”が新登場

  • 2018年1月5日
  • Walkerplus

大正11年に創業し95年にわたり日本を代表する国際的な社交場を運営する東京會舘の代表的な商品「マロンシャンテリー」(980円)と「プティフール」(1620円)が期間限定商品として登場する。

「マロンシャンテリー」は新商品の柚子、「プティフール」は冬にぴったりの味覚を盛り込んだ「プティフール・ド・ラティール」を販売する。

「マロンシャンテリー」は60年ほどの歴史を持つ、東京會舘初代製菓長 勝目 清鷹が考案したモンブラン。ふんわり裏ごしした栗をほどよい酸味の柚子の生クリームで飾った。甘みと酸味がとけあって後味もすっきり。高知柚子が柔らかく香りたつ和のテイストを盛り込んだマロンシャンテリー。ゼストした皮をトッピングした。通年商品「マロンシャンテリー」との食べ比べもおすすめ。イートイン(サービス料別)、持ち帰り用としても利用できる。

プティフールの冬季限定商品が登場する。チョコオレンジ、はちみつリンゴのパウンドと柚子抹茶、カシス、苺ミルクのソフトクッキーの詰め合わせになっている。苺ミルクは苺クリームとコンフィチュールをしのばせたソフトクッキー。2種類のパウンドケーキ各3個と3種類のソフトクッキー2個ずつ、全部で12個入りだ。こちらも通年商品「プティフール」との食べ比べもおすすめ。

柚子フレーバーと冬季限定詰合せ商品登場。冬の味覚をぜひ伝統スイーツで味わってみて。(東京ウォーカー(全国版)・高橋千広)

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2018 KADOKAWA. All Rights Reserved.