サイト内
ウェブ
緑のgoo 10th Anniversary 緑のgoo 10th Anniversary

プロが伝授!最低限知っておきたい鍋のお作法

  • 2017年12月5日
  • Walkerplus

鍋は基本的に1人より、大勢で食べるもの。カジュアルに楽しめる鍋だからこそ、あらためて頭に入れておきたい最低限のマナーを身に付けたい。テーブルマナーを普及させる活動を行う日本ホテル・レストランサービス技能協会に、知っておきたい鍋の作法について話を伺った。

■ 鍋を囲む際には基本的な席次を知っておこう

基本的には入口から最も遠い席が目上の人やゲストが座る「上座」、入口に近い席が「下座」になる。外の眺めがいい席やゆっくり座れる席などがある場合は、そこが上座の役割を果たすので、臨機応変に対応しよう。もちろん、鍋から具材を取り分けた器を手渡すのも、目上の人から順番に。

■ 直箸は気の合う仲間以外の場ではNG

自分の使った箸で鍋をつつくのは、嫌悪感を覚える人もいるので、取り箸を使用して鍋の具材をとるのが一般的です。その場にいるメンバーが旧知の仲であったり、学生時代の部活の仲間だったり、「直箸」でも気にしない関係性ならば、直箸でも問題ない。

■ 鍋奉行が面倒くさい時は、さりげなく注意を

やっかいな鍋奉行への対応は、その方がどういう立場であるかによって変わるそう。主賓であるならおまかせするのが基本。そうでないなら、場の雰囲気を悪くするようであれば、さりげなく本人に注意を。

■ 鍋を囲む時はリラックスして楽しんで

みんなで親交を深めるのが鍋のよさ。肩肘張らず、格式張らず、楽しい食事の時間を過ごすことが最も大切。そのためにも自己中心的にならず、たとえ仲間内だとしても最低限の気遣いがあった方がいい。自分が楽しむのではく、みんなが楽しめる雰囲気づくりを心がけよう。【東京ウォーカー編集部】(東京ウォーカー・東京ウォーカー編集部)

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2017 KADOKAWA. All Rights Reserved.