サイト内
ウェブ

単なるトーストを超えた!行列の先に待つ、至福の食パンって?

  • 2017年11月14日
  • Walkerplus

切り方、焼き方、トッピングの選び方で、楽しみは無限大!定番の“食パン”がご馳走になって登場した。

「俺のイタリアン」など、洋食店を多数抱える「俺の」グループが、「店で自家製パンを提供したい」と思い付き、1年を費やして開発したのが「俺の生食パン」。

東京・恵比寿の「俺のBakery&Cafe」併設のカフェでは、朝10時の焼き上がりから瞬く間に売れていくこの食パンをはじめ、同店自慢の3種類の食パンを使った創作メニューを優雅に味わえるとあっていつも大盛況。

そのラインアップは「グラタントースト」「4種チーズのトースト」など、単なるトーストを超えた“料理人が作るメニュー”ばかり!ごちそうとしてのトーストの姿がここにある。

また、 築地市場内で60年以上、仕事人たちに愛される生粋の純喫茶「愛養(あいよう)」では、変幻自在の食パン(1枚220円が基本価格)が楽しめる。

同店の“わがまま”トーストは、この道50年以上という店長の鈴木健蔵さんが一人でせっせと作る。“わがまま”と呼ばれるゆえんは、切り方から焼き方、耳のありなしまで、お客さんのわがままによって何通りもの注文が可能だから。

常連なら注文せずとも「いつもの」が登場するが、初訪ならまずはバターとジャムのハーフ&ハーフをお任せの切り方&焼き方で。カウンター越しに繰り広げられる手さばきと共に味わうのもオツだ。【東京ウォーカー】(東京ウォーカー・編集部)

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2017 KADOKAWA. All Rights Reserved.