サイト内
ウェブ

【鎌倉さんぽ】センスのよい店が並ぶ「由比ガ浜大通り」で女子力UP!!

  • 2017年10月13日
  • Walkerplus

鎌倉駅近くの御成通りとの分岐から長谷寺へと続く、由比ガ浜大通り。地元の人々にも愛されているグルメ店や雑貨店が並び、女性を中心に人気が高いストリートだ。長谷寺や高徳院の参拝に行く際は、ぶらぶら歩いてステキなもの探しを楽しもう。

■ 鎌倉ならではのおしゃれなグルメ店でランチ&ひと休み

今、由比ガ浜大通りでランチを食べるなら、都内の3つ星店などで修業を積んだ女性料理長が腕を振るう和食店「空花(ソラハナ)」。旬素材を使った体に優しい料理を、品数豊富なコースで提供している。ご飯は土鍋で炊くこだわりぶりで、ピカピカもっちり!

歩き疲れたら、まるで自宅のように居心地抜群な複合カフェ「HOUSE YUIGAHAMA」へ立ち寄ろう。こちらのお店のテーマは“家づくり発見”。内装はギャラリー要素も備えており、インテリアのヒントがいっぱい!店内では約400冊の本を自由に読める。ワークショップも開催。

■ 思わず目移り!食べ歩きグルメで鎌倉の旬を知る

鎌倉散策で外せない食べ歩きグルメ。ぜひ足を運んでほしいのが、ヘルシー派女子を中心に人気のフードスタンド&ギャラリーの融合店「TEMPO.(テンポ) KITCHEN&GALLERY」。野菜中心のお弁当のほか、自家製シロップのソーダ割り480円など各種ドリンクもおいしい。

そして、さんぽ途中に甘いものが恋しくなったら「かわいい娘たち 大仏通り店」でプリンを調達しよう。こちらは長谷の人気ぷりん工房の支店で、今年2月にオープン。横須賀直送の卵や牛乳を使った名物プリンは、季節素材のフレーバーなど個性豊かで、選ぶのも楽しい。

■ 奇跡の出会いがありそう!イチオシ雑貨店

おみやげだって、鎌倉らしいハイセンスな物が欲しい!そんな時は、雑貨店「Dahlia(ダリア)」へ。コンセプトは「鎌倉の生活に寄り添う商品」。上質なリネンやフランスの香り製品、日本の器など、品質・デザイン共に優れたデイリーに使えるアイテムをそろえている。

一方、アジアン雑貨好きにおすすめなのが、タイ・チェンマイ製の心地よい衣類やカラフルな雑貨を扱う「ban rom sai(バーン ロム サイ)」。商品を購入すると、現地の子供たちに支援される。お買い物することで、自分だけでなく誰かもハッピーになれるすてきなお店だ。

「秋Walker首都圏版2017」では、鎌倉のお出かけ情報をまだまだいっぱいご紹介。誌面をチェックすれば、きっと一番旬な鎌倉ワンデートリップを満喫できるはず!【東京ウォーカー編集部】

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2017 KADOKAWA. All Rights Reserved.