サイト内
ウェブ

渋谷×ソニー!テクノロジーを駆使した“新感覚の遊び場”が登場

  • 2017年6月19日
  • Walkerplus

6月16日から7月12日までの期間、“新感覚の遊び場”「Smart Playroom with Xperia」が、東京・渋谷の渋谷モディ1階に登場。

同スポットは、“渋谷らしさ”と、ソニーのテクノロジー・製品・コンテンツが融合した企画“Sony Square Shibuya Project”の第2弾として登場した。ここでは、ソニーモバイルコミュニケーションズのスマートフォン最新機種「Xperia XZ Premium」を体験できる。

最新機種が、スマホでは世界初となる「960fps」のスローモーション撮影に対応しているため、それを活かしたコンテンツが用意されている。4つの遊び場の内の1つ「スーパースローボックス」では、誰でも、本格的な“スーパースローモーション撮影”が楽しめるのだ。

撮影コーナーには、撮影に使えるさまざまなパーティグッズが用意されているので、来場者は思い思いにフォトジェニックなショットを撮影することが可能。桜吹雪やスライムを使えば、ユニークなショットが撮れるハズだ!

また、壁やテーブルなどに画面を投影できるXperiaスマートプロダクト「Xperia Touch」を活用した“塗り絵”も体験できる。来場者は、テーブルに浮かび上がるイラストの上に自由に色を付け、オリジナルの塗り絵作品を作ることができるのだ。今回、塗り絵のイラストを描き下ろしたのは、新進気鋭のイラストレーター岡村優太氏。塗り絵内では“ある文字”も見つけることができるので、そちらもぜひチェックしてみよう。

その他、何の変哲もないテーブルにゲームが映し出される「スマートゲームテーブル」や、壁面に投影された不思議なダーツゲーム「ダーツチャレンジ」が用意されている同所。ユニークかつ新たなソニーの魅力を伝えることを目指して開設された、オシャレで楽しいスペースとなっている。【ウォーカープラス編集部/Raira】

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2017 KADOKAWA. All Rights Reserved.