サイト内
ウェブ

“大人な先生”にドキッ!「オランジーナ先生」の新CMが登場

  • 2017年6月19日
  • Walkerplus

サントリー食品インターナショナルは、6月20日(火)、「オランジーナ先生」シリーズの最新CM「バースディパーティ」篇(15秒・30秒)を全国でオンエアする。

新CMに出演するのは、「オランジーナ」ブランドの新しいラインアップとして発売される新商品「オランジーナ フレンチスパークリング」のCMキャラクターである木村文乃、坂口健太郎、佐藤二朗、小峠英二、そして、フランス人若手女優のSalome DE MAAT(サロメ デ マート)。

新商品の「オランジーナ フレンチスパークリング」が、従来の「オランジーナ」より“大人な印象”の炭酸水であることにちなみ、最新作のオランジーナ先生は、普段のかわいらしい雰囲気とは違った“大人の女性の顔”を見せている。

物語の舞台は、フランスにある豪邸だ。そこで、新米教師オランジーナ先生(サロメ)のバースディパーティが開かれ、英語教師役の木村や古文教師役の坂口、体育教師役の佐藤、警察官役の小峠らがユーモア溢れるやり取りを繰り広げる。

日本から参加したこのお馴染みのメンバーは、タキシードやイブニングドレスといった正装で登場。木村先生がフランス語でお祝いの言葉と素敵な花束を堂々たる立ち居振る舞いでプレゼントする一方、大人っぽく着飾ったオランジーナ先生の美しさと、会場の華やかな雰囲気に、坂口、佐藤、小峠は緊張しまくりの様子だ。CMでは、そんな“カチンコチン”の男性陣を前に、新商品でスッキリ喉を潤すオランジーナ先生の姿が映し出される。

新CM撮影後のインタビューでは、出演者らに「人生で一番“カチンコチン”に緊張した瞬間」について聞いてみた。するとサロメは、「私自身、何か行動を起こしてから考えるタイプなので、そういう瞬間はあまりありません」と回答。木村は「先日、東京ドームで初めて始球式をさせていただいたんですが、あんなに大勢の方が見ている中、選手の皆さんにとって神聖なマウンドに立って、ボールを一生懸命届くように投げるという経験は、緊張以外の何物でもなかったです(笑)」と振り返った。

また、小峠は「キングオブコントで優勝したときですね」と回答。「当時バイトをしていて、ここで人生を変えようと挑んだ大会だったので、あのときの緊張が一番だったと思います」と話し、今回のCMについては「せりふが1つもなかったんですけど、無言の演技を見てほしいと思います」と付け加えていた。【ウォーカープラス編集部/Raira】

キーワードからさがす


掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2017 KADOKAWA. All Rights Reserved.