サイト内
ウェブ

佐藤美波がラブライブ!シリーズのミュージカルに出演「私の存在は消して演じるべきだと思う」

  • 2022年12月6日
  • Walkerplus

AKB48の佐藤美波が、2022年12月10日(土)から「新国立劇場 中劇場」で上演される、ラブライブ!シリーズの新作、初のミュージカル『スクールアイドルミュージカル』に出演。これまでのラブライブ!シリーズ作品のミュージカル化ではなく、完全オリジナルの新作ミュージカルとなる。新たに書き下ろされた楽曲と共に、10人の少女たちと叶える青春学園ドラマが繰り広げられる。全国レベルの学力と伝統を誇る兵庫の名門進学校・椿咲花(つばきさくはな)女子高校の三笠マーヤ役演じる佐藤美波に同作について話を聞いた

■出演が決まって、まだ夢のようで信じきれてなくて、今も若干実感が湧いてない

――完全オリジナルの新作ミュージカルなんですよね。まずは、このミュージカルに出演が決まったときの気持ちを教えてください。

【佐藤美波】元々ラブライブ!シリーズが大好きで自分が出られるというか、オーディションに受かるとずっと思ってなくて。でもやっぱり絶対に自分が出たいっていう強い気持ちがあったので、受かるかなってちょっと不安なところもあったんです。無事合格できて出演が決まって、まだ夢のようで信じきれてなくて、今も若干実感が湧いてないです。

――佐藤さんのどこがよくて受かったと、自身では思っていますか。

【佐藤美波】いや、わからなくて、歌もダンスも苦手というか、上手な方ではないし、お芝居ももっと上手い人がたくさんいたからなんでだろうと思ったんです。でも、オーディションの日に印象に残ることが大事かなって思って、『ラブライブ!虹ヶ咲園スクールアイドル同好会』の中須かすみちゃんというメンバーがいるんですけど、かすみんのお顔がばーんと大きく印刷されているTシャツを着て、オーディションに行ったので、ラブライブ!シリーズへの愛で受かったのかな。

――ラブライブ!シリーズはいつごろからハマったんですか。

【佐藤美波】何歳のときかちゃんと覚えてないんですけど、小学校4、5、6年生のどこかでは絶対にハマっていて、6年生の時点ではもうすごい『ラブライブ!』が好きだったので、4、5年生のどこかのタイミングでハマった気がするんですよね。

■全力でマーヤちゃんを演じられるように頑張ろうって台本を読んだときは思いました

――今回は完全オリジナルストーリーですね。台本を渡されたときはどんな気持ちでしたか。

【佐藤美波】三笠マーヤちゃんっていう役を演じさせていただくんですけど、マーヤちゃんってどんな子なんだろうと思いながら、簡単なプロフィールを見たときは、アニメとアイドルが好きな、ちょっと天然という事前情報があったので、それを踏まえて台本を読んだら、だいぶぶっ飛んだ子だなって。

本当にひとりだけちょっと違うというか、みんながあたふたしてるなか、お花畑的なほんわかした発言をしたりとかする子だったので、そう来たか?みたいな、そういう子なんだって、おもしろい子だなと思って、自分に演じきれるかなっていう不安もありました。

でも、自分に近いところも何個かあったので、全力でマーヤちゃんを演じられるように頑張ろうって台本を読んだときは思いました。

――どんなところが佐藤さんと近いと感じましたか。また、どんな風に演じてみたいと思っていますか。

【佐藤美波】マーヤちゃんは底なしに明るくて、逆に私は外面では明るくしてるけど、実際は意外とそうでもなかったりするところもあるので、そこは若干違うのかなと思いました。

でも、癒やし系というか、なんか憎めない存在みたいな感じになってるのが私と一緒なのかなって。自分で言うのも変なんですけど、AKB48のメンバーとかにも、美波だったら、本当は許せないことだけど、まあうんみたいに言ってもらえることが多いので、かわいらしくて憎めない存在というところは一緒なのかなっていうのと、あとアニメが好きなところ、そしてアイドルというところはそのまんま一緒です。好きなことになると早口で喋るところも似ています。

――役柄が憑依して、なりきる人がいると聞きますが、自分の中でそういう変化ありましたか。

【佐藤美波】今回ミュージカルが初めてなのと、舞台がまだ2回目で経験が本当に浅くて、憑依するタイプなのかどうかもよくわかってないんです。佐藤美波として舞台上には出たくないなって思ってて、やっぱり三笠マーヤちゃんという役をいただけて、みなさんにマーヤちゃんを知ってほしい、マーヤちゃんを好きになってほしいので、私の存在はまるきり消すべきだと思っています。マーヤちゃんがふっと降りてきてくれることを待つしかないです。

■マーヤちゃんがツインテールだっていうのを見たときは、もう勝ちだなって思った

――完全オリジナルっていうことで皆さんも三笠マーヤを初めて見るわけですよね。佐藤さんが演じるマーヤのここを見てほしいなというのを教えてください。

【佐藤美波】本当にマーヤちゃんを全部見てほしいし、ちゃんと目に焼き付けてほしいんですけど、今回初めてミュージカルに出演するので、至らないところもたくさんあるかなとは思います。私自身もマーヤちゃんの魅力をたくさんお届けできるように全力で頑張るので、みんなに好きになってもらいたいです。

――すべて舞台オリジナルの曲になるのでしょうか。

【佐藤美波】はい、すべてオリジナルの曲になります。歌が苦手なので大苦戦中です。

――台詞はどんな風に覚えていますか?

【佐藤美波】台詞はやっていくうちにどんどん覚えるタイプで、逆に家で読んだりとかしてると、全く頭に入ってこないので、稽古場に行ってみんなと一緒にやって、頭に入れるっていうやり方じゃないと覚えられなくて。回数を重ねてみんなと一緒にやって覚える感じですかね。

――ヘアスタイルや衣装である制服について教えてください。

【佐藤美波】私は普段から結構ツインテールをする機会が多いんですが、マーヤちゃんもツインテールの髪型なんです。『ラブライブ!』のμ's(ミューズ)の矢澤にこちゃんがすごく大好きで、にこちゃんに憧れて普段からツインテールをしていたので、マーヤちゃんがツインテールだっていうのを見たときは、もう勝ちだなって思いました。完全オリジナルのミュージカルだけど、そこでもやっぱりツインテールなんだとすごくうれしかったです。

椿咲花女子高校も滝桜(たきざくら)女学院もどっちも、お嬢様学校感もありつつ、めちゃめちゃかわいらしいんです。上に着るブレザーもちょっと短い丈になって、それもすごくおしゃれだなって思いました。

――今回の舞台、出演者に同じAKB48の浅井七海さんはいらっしゃいますが、AKB48を飛び出して他の方たちとの共演になりますが、いかがですか。

【佐藤美波】私は人と会話するのが苦手で人見知りなので、ちょっとずつ稽古を重ねていくうちに段々仲良くなってこれたなっていう実感はあるんですけど、もう本当になーみん(浅井七海)がいてくれてよかったなって、心の底から思っています。

なーみんがいなかったらどうなってたんだろうと思って。多分心が折れていたかもしれないです。なーみんのおかげで他のキャストさんともお話できるし、感謝の気持ちでいっぱいです。

オーディションもなーみんと一緒に受けて、オーディションのときからずっと一緒で受かりたいけど、受かってもひとりぼっちだったらどうしようとか、いろいろ不安だったので、なーみんも一緒に受かったって聞いたときは、もう本当に心の底から安心してもう大丈夫だっていう気持ちになれてよかったです。

――最後に、ファンの皆さんへメッセージをお願いします。

【佐藤美波】まだ自分がその舞台に立っている姿をちゃんと想像できていないというか、実感できていないんです。やっと自分がことの重大さを実感したのが、一番最初に公開されたスポットCMの最後に流れる、バンダイナムコさんのロゴを見て、自分がラブライブ!シリーズの作品に関わっているんだということをすごく実感して、涙が出るくらいうれしかったので、私が涙を流すくらいにうれしい出来事をなるべくたくさんの人に見ていただきたいです。

0.1ミリでも興味を持ってくださったら、ぜひ劇場に足を運んでいただきたいなって思いますし、「未完成ドリーム」という素敵な楽曲もいただけたり、衣装もかわいいし、私自身としては初めてのミュージカルなので、私のファンの方にはぜひ観ていただきたいです。私のことを知らない、本当にラブライブ!シリーズが好きっていう方にもぜひとも観ていただきたいですし、ラブライブ!シリーズを観たことないけどちょっと気になるって方でも絶対に楽しめる作品だから本当に観てほしいです。

――最後のメッセージがすごく熱かったですね。内容もとても充実してました。

【佐藤美波】ありがとうございます。

――(横に座っていた浅井七海さんに質問)浅井さんは、佐藤さんと共演してみてどうですか?

【浅井七海】美波史上一番頑張ってると思うんですよ。AKB48の活動のときには、「もうちょっとしっかりして」みたいに心配になることが多いんですけど。このミュージカルではめちゃくちゃ一生懸命頑張ってて、感動してます。ちょっと上から目線ですみません。

一緒にオーディションを受けたときに、誰よりもラブライブ!の世界観に合ってるのがダントツで美波だなって。絶対美波は受かるなと思ってました。

【佐藤美波】ええうれしい。やったー。私がこんなに頑張ることはなかなかないから(笑)。

撮影・取材・文=野木原晃一

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2023 KADOKAWA. All Rights Reserved.