サイト内
ウェブ

STU48岩田陽菜が1st写真集を発売「今私が出来る最大限の大人っぽい私もたくさん詰まっています」

  • 2022年11月30日
  • Walkerplus

『花は誰のもの?』が大ヒット中のSTU48の1期生の主力メンバーとして活躍する岩田陽菜の1st写真集『選べないクレヨン』が2022年11月2日に発売。写真集へ込めた思いやこだわりなどを一問一答形式で答えてもらった。

■私が出す写真集には“かわいい”ももちろん沢山詰まっています
――写真集を出すと決まった時の気持ちを教えてください。

【岩田陽菜】ずっと写真集を出す事を夢にしていたので、本当に嬉しい気持ちでいっぱいでした!なかなか写真集を出せるメンバーも少ないと思いますし、難しい夢だと思っていたので、決まった時は驚きも大きかったです。

 
――秋元康先生から『選べないクレヨン』のタイトルをいただいた時の気持ちを教えてください。

【岩田陽菜】秋元康先生が私の写真集を見て、「選べない位にたくさんの魅力が、色がある」と思ってくださったことが誇らしい気持ちになったと言いますか、あまり自分に自信が無い私に、このタイトルはすごく自分に自信が持てる言葉でした。

 
――帯には“STU48の最上級かわいい”“10代最後の写真集”と書かれていますが、どんな内容の写真集になっていますか。

【岩田陽菜】“10代最後の写真集”ということで10代らしい制服のカットがあったりしますが、19歳、あともう少ししたら20歳で大人の仲間入りになるので、初挑戦の水着やランジェリーにも挑戦していますし、今私が出来る最大限の大人っぽい私もたくさん詰まっています。

そして、私は“かわいい”が昔から大好きで、そんな私が出す写真集には“かわいい”ももちろん沢山詰まっています。

 
――制作する上で、岩田さんがこだわった点があれば教えてください。

【岩田陽菜】衣装はかなりこだわらせていただきました!この撮影地では、「こういう衣装が着たい」「衣装はこんな色を着たい」「大人っぽいものも、かわいいのも私がときめくものが着たい」などなどたくさんこだわらせていただいております。

 
――『選べないクレヨン』に点数を付けるとすると何点になりますか。

【岩田陽菜】90点ですかね。1st写真集にしてはかなり良い出来だと自分でも思っております(笑)。ですが、あと10点は20歳になってこれからいろいろな経験をして、もっと魅力のある自分の姿をこれからも皆さんに見てほしいと思ったからです。
 
■表紙はみなさんが見て思わず手に取りたくなるような写真がいいと思った
――ロケはすべて地元・山口で、そして憧れの東京のかわいいスタジオで撮影したと聞きました。日程やロケーションについて教えてください。

【岩田陽菜】ぜんぶで5日間です。4日間朝から晩まで、山口のいろんなところに行って撮影をしました。山口のロケスポットは私の思い出のある場所にも行かせていただいて、懐かしくて、自然体の私が撮影できたと思います。私は昔から晴れ女なんですけど、雨だったり曇り予報でしたが、全て晴れていい天気で撮れてよかったです。5日目に撮影した東京のかわいいスタジオは、人生で1度は撮影してみたい場所だったので、夢が叶ってほんとに嬉しいです。

 
――表紙(カバー)の山口・秋吉台の景色が美しいですね。この写真に決めた理由は?また、別の候補もあったのでしょうか。カバー撮影時のお話を聞かせてください。

【岩田陽菜】表紙の写真は写真集に関わってくださった皆さんに決めていただきました。表紙は大事なので自分が好きなのを選ぶよりかは、万人受けするといいますか、みなさんが見て思わず手に取りたくなるような写真がいいと思ったので選んでいただきました。

 
――また、裏表紙は真っ白なうさぎのカットです。中面ではちょっとセクシーな白バニーの写真もいっぱいですね。この写真を裏表紙に決めた理由は?裏表紙撮影時のお話も聞かせてください。

【岩田陽菜】裏表紙も写真集に関わってくださった皆さんに決めていただいたのですが、この写真集で私が一番やりたかった撮影で、すごく私らしい写真なので私がもし選んでいたとしても、この白バニーちゃんの写真を選んでいたと思います。今までのアイドルの写真集には無い裏表紙でお気に入りです!

 
――STU48メンバーには写真集を見てもらいましたか?メンバーの皆さんも驚いたのではないでしょうか。お父さんやお母さん、家族、友達ほか周囲の反応はいかがですか。

【岩田陽菜】今回ちょっと刺激の強い写真もありますので、メンバー皆すごく驚いていました!1期生のメンバーは14歳の頃から一緒に活動しているので、「大きくなったねぇ」となぜかちょっと親のように言ってくるメンバーがたくさんいました(笑)。父も母も「きゃーー」と騒ぎながら見ている写真もありましたが、「素敵な写真集だね」と言ってくれました。

 
――扉のページの制服姿が岩田さんらしくて素敵ですね。いちばん最初に撮影したカットだと聞いきました。最初のカットはどんな思いで撮影されたのでしょうか。

【岩田陽菜】制服のカットは緊張せず、とにかく自然体で楽しもうと言う気持ちで撮影したので、10代らしいちょっと子供っぽい私が最初はたくさんいるなと思います(笑)。

――特にお気に入りのカットを教えてください。

【岩田陽菜】実はこれといったお気に入りのカットが決められておらず、まさに“選べない”状況なのですが、白バニーちゃんの左側のページがにこっとアップめで笑っているのと、右側のページがピンクのプレゼントがたくさんある中に囲まれているページの、この2枚の並びがすごくかわいくてお気に入りです。

■グラビア撮影は、本当に心の中ではすごく緊張と恥ずかしさでいっぱいだったんです
――渡辺麻友さんの写真集を思い出させるような写真もあり、先行カットの肌見せがかなり話題になっていました。初めての下着、水着の撮影はいかがでしたか。今後、グラビア誌から依頼があったら積極的に出演しますか?

【岩田陽菜】初めてなので、本当に心の中ではすごく緊張と恥ずかしさでいっぱいだったんです。渡辺麻友さんなどのアイドルさんの写真集を見るのが好きでたくさん持っていたので、それを見て勉強してこんなふういい写真が撮りたいと言う気持ちを事前にいっぱい持つことによって、緊張と恥ずかしさを隠していました(笑)。もし、グラビア誌さんからご依頼がありましたら積極的に出演していきたいと思っています。

――ふだん自分では見ないバックショットや、自分ってこんな表情するんだと驚いたことなど、新たな発見はありましたか?

【岩田陽菜】たくさんありました!やっぱり普段アイドルスマイルの写真を撮ることが多いので、私ってこんなにいろんな表情をするんだなぁと写真集を見てびっくりしました。自然体の表情も多く、キメッキメで撮影している時とは全然違う私が見られて面白いと思います。

――今回の撮影に向けて、ボディメイクなど準備したことはありますか。

【岩田陽菜】ジムに通いました。今まで運動がかなり苦手でやっても全然続かなかったのですが、これを機にジムに行って鍛えようと思い頑張って通っていました。でも、もともと筋肉がつきにくいらしく、まぁでも私が筋肉ムキムキな写真集を撮るのもちょっと違うなぁと思ったので、柔らかさもある、あざとボディを目指しました。

――撮影を振り返って、印象的だったことを教えてください。

【岩田陽菜】印象的な場面はたくさんありますが、制服で花火をした海辺での撮影は、メイクさんがエモい曲を流してくれながら撮影したので、昔の自分を考えながらの撮影ができました。この撮影で制服を脱いで大人になる決心がついたというか、自分の中ですごく印象に残っています。

――制作スタッフとはどんなふうにコミュニケーションをとりながら進めていきましたか?

【岩田陽菜】準備段階からすごく優しくお話ししてくださっていて、撮影する日が楽しみだなぁと思っていました。撮影中もたくさん「可愛いよ〜」とか「良い!!」とか言ってくださって、私は人見知りなので、ほんとに優しくてあったかい皆さんで良かったなと思います。

――衣装について教えてください。着てみてどうだったか、合わせてヘアアレンジについても教えてください。

【岩田陽菜】どの衣装もすごく可愛かったり、綺麗だったりでお気に入りです。ヘアアレンジも一緒にヘアメイクさんと考えながら、コロコロ変えたのですが、ヘアメイクさんと意見が合致していて、安心してお任せできました(笑)。

――ロケ中のオフタイムはどんな風に過ごしましたか?

【岩田陽菜】移動以外ほぼほぼオフタイムは無く、撮影をずっとしていました。移動中に気付かぬうちに寝ていた時もあったみたいで口を開けて寝ている写真をマネージャーさんに撮られていました(笑)。

――エッセイを書いてますね。どんな風に書いたのでしょうか。ロケ中に書こうと決めたものがあれば教えてください。

【岩田陽菜】エッセイは、とにかくこれを読んで、皆さんが安心するような、そして元気が出るエッセイを書きたいと思い書かせていただきました。最初に出てくるエッセイは、電車の中で撮影をしたのですが、少し目立つ格好だったみたいで、一般の方にかなり見られていたんですよね。

それで昔、私はかわいいのが好きでそういう服を着ていたのですが、「山口にはこういう子なかなかいないよねっ」て言われていたのを思い出して、他の子と違うってそんなに気にしなきゃダメなことなの?と悩んでいた時期が私にもあったなぁと思い、皆さんにもこういう経験があるのかなぁ。自分に正直に生きて欲しいなぁと思い書いたエッセイです。

――そして、クレヨンで描いたイラストも掲載されています。クレジットに「イラスト/岩田陽菜」と書かれています。どんなことを意識しながら描いたのでしょうか。

【岩田陽菜】私はイラストが上手くなく、「子供のような絵だね」ってよく言われるのですが、今回は写真集の題名に関連してクレヨンで描かせていただいたので、逆に私の絵とよく合っていて良かったんじゃないかなと思います。

――『選べないクレヨン』を出版することで、何か変化はありましたか?

【岩田陽菜】ファンの皆さんと一緒に写真集を出すと言う夢に向かって頑張っていたので、ファンの皆さんとの絆がより深まったと思います。そして自分の夢が叶ったことによって、自分に少し自信を持つことができました。

■私はここまで大きくなったぞと成長した姿を見せたいなと思ったので晴れ着にしました
――TikTokでは発売40日前から発売日までのカウントダウンを毎日投稿されていました。動画編集を自身でやられたと聞きましたが、いかがでしたか?

【岩田陽菜】すごーく大変でした(笑)。でも毎日やることによって写真集が気になってくださる方も増えますし、ファンの皆さんも毎日写真集が楽しみになるので、良い事しかないなぁと思い、休みの日に一気に動画編集して作ったりしつつ毎日投稿がんばりました!

――写真集の発売記念イベントが開催されました。1部、2部が晴れ着、3部がメイド服で登場されましたね。晴れ着は岩田さんが自分で発注されたものだと聞きました。また、メイド服は岩田さんのために写真集を担当したスタイリストさんが作ってプレゼントされた衣装だと聞きました。衣装やイベントについて教えてください。

【岩田陽菜】1部2部を晴れ着でやったのはもう少しで20歳になると言うことで、リアルイベントに来てくださる皆さんには先に、私はここまで大きくなったぞと成長した姿を見せたいなと思ったので晴れ着にしました。ヘアメイクも凄くこだわっていて、1部はツイン団子にしてアップスタイルで、2部は羊ヘアのダウンスタイルにしたのですが、いろんな雑誌やSNSの投稿を見まくりこの髪型に決めました。

 
リボンは自分の欲しい感じのが見つからなかったので手づくりです。手芸屋さんに行って購入したものを、動画を参考にしながら不器用なので何時間もかけて大量に作りました。3部のメイド服は、スタイリストさんが私のために作ってプレゼントしてくださったもので、本当に可愛くてこれはもう写真集のイベントで着るしかないと思い、着させていただきました。

  
――写真集に関連するグッズも岩田さんが制作に関わったそうですね。こだわった部分を教えてください。

【岩田陽菜】とにかく皆さんが欲しいと思う、喜んでもらえるものを作りたいと思いグッズを考えました。アクスタはよく皆さんが連れて行って写真を撮るのを見ていたので絶対に欲しいなと思い作ったり、特別感満載のグッズを作りたいと思い、抱き枕カバーが作りたいと言ったら、なんとオーケーが出たので、作らせていただいたり。私も昔は48グループなどのファンをしていたので、どれもファンの皆さんのことがわかる私だからこそできた物になっていると思います。

――来年2月21日に20歳になりますね。岩田さんが思う「理想の女性」とは。

【岩田陽菜】やっぱり、自分の良いところをよく分かっていて、余裕のあるかっこいい女性が理想です。

――自分の今の大人度は?

【岩田陽菜】60%位です。STU48にいるといつまでも青春をしている気持ちになるのですが、20歳になったらそれも変わるのかな?と思っています。

――10代のうちにやっておきたいことはありますか?

【岩田陽菜】制服が好きなので、もう1、2回位制服を着て外に出かけたり、撮影したいなと思います。

――今後の目標、挑戦したいことを、お仕事とプライベートと両方教えてください。

【岩田陽菜】まずは、写真集をたくさんの方に見てもらえるように、そして好きになってもらえるよう頑張りたいと思います。

挑戦したいことはお仕事だとSTU48の曲でセンターポジションに立つことです。あと、声優のお仕事をした事がなく、チャレンジしてみたいです。プライベートでは色彩検定にチャレンジしたいです。

 
――最後にファンにメッセージをお願いします。

【岩田陽菜】ファンの皆さん、いつも応援してくれて本当にありがとうございます。私が今こうして1st写真集を出せているのも、今までたくさんの夢を叶えてきているのも、いつも支えてくださる皆さんがいるからこそです。ファンの皆さんはいつも私のことを支えてくれて、良い方に変えてくれます。これからもいろんな夢を一緒に叶えていろんな景色を一緒に見にいこうね。これからも応援よろしくお願いします。

文(回答)=岩田陽菜(STU48) 取材・撮影=野木原晃一 スタイリスト=大橋みずな ヘアメイク=前田紗良 協力=千葉由知(ribelo visualworks)

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2023 KADOKAWA. All Rights Reserved.