サイト内
ウェブ

モー娘。小田さくらが子猫ボランティアで育児体験。「将来はネットに頼らない母親になれそう」/さくらと猫

  • 2022年11月25日
  • Walkerplus

猫と一緒に育ち、猫のいない生活は考えられないというモーニング娘。‘22の小田さくらさん。これまで一緒に過ごしてきた猫は全て保護猫で、2020年にはご家族と一緒に保護猫のミルクボランティアも行ったそう。そんな彼女がこれまで共に過ごした猫の数は小田家の10匹に、ミルクボランティアでお世話した48匹を加えて、何と総勢58匹!ウォーカープラスではただの猫好きに留まらない小田さんの“猫”話をインタビューとオリジナル漫画でお届け。今回は、保護猫のミルクボランティアを手伝ってくれるオス三毛の吉と、ミルクボランティアのメリット・デメリットのお話です。


■ミルクボランティアを手伝ってくれる、強い味方!
こんばんは〜。モーニング娘。‘22の小田さくらです。
前回は子猫たちのトイレトレーニングと離乳食についてお話ししましたが、実は家猫の吉(キチ)がしばらくの間、このミルクボランティアを手伝ってくれていたんです。今回はまず、そのお話をしたいと思います。今、家には姉弟のセイラとのぶおと、オス三毛の吉と、クマの4匹がいますが、なかでも吉は好奇心旺盛!5歳ぐらいの男の子みたいにお兄ちゃんぶりたいみたいで、ボランティアで子猫を預かってくるといつもお世話してくれていました。

だいたい、いつも5匹ずつ預かるんですけど、私と家族の誰かがミルクをあげたり、トイレトレーニングをしていると、「俺、見てるし…」って感じで他の子猫を見てくれるんです。まるで保育士さんのようにみんなの真ん中にいて、寝かしつけてくれたり、離乳食を食べるのが下手で体中離乳食だらけになった子の体をキレイに舐めてくれたりしたので、本当に頼りにしていました(忙しいときは子猫部屋に来てほしくないのですが…)。ところが、ミルクボランティア第4便ぐらいから、パッタリと子猫部屋に来なくなったんです!最初はモノ珍しかったけど、どうもブームが過ぎてしまったらしくて…、それ以降は体に付いた離乳食も自分たちで拭いてました(涙)。

母曰く、ミルクボランティアは人間の子育てと一緒なんだそうです。そのせいか、最近、人間の赤ちゃんを見ても、猫の赤ちゃんを見ても、ツバメの赤ちゃんを見ても同じようなインスピレーションを受けるようになりました。どんな生き物でも赤ちゃんは顔がほぼ一緒に見えます(笑)。

■保護猫の赤ちゃんのお世話をして知った育児の常識
ミルクボランティアをやらせていただいて良かったことは、子猫と触れ合えたことです。あのめっちゃかわいい時期を一緒に過ごせることは滅多にありませんから。でも、猫に関してメリットを見つけるのって本当に難しいんです!だって、デメリットの方が多いですから(笑)。でも、そのデメリットを超えるぐらい“好き”という感覚を持っているから一緒に暮らしたり、お世話したりするわけですけど、感覚だから説明するのが難しいです。

まずメリットでいうと…、かわいい、面白い、ふわふわの3つぐらい(笑)。でも、子猫はありえないぐらいかわいいですね。あとはそんなかわいい子猫たちがめちゃめちゃ懐いてくれること。それから、赤ちゃんを育てるという感覚が21歳(2020年当時)で身に付いたのはありがたいことだなと思いました。猫ですけど(笑)。でも、育児はマニュアルじゃないということを知れた経験は貴重ですよね?将来的にもすぐネットに頼らず、目の前の子供をよく見て判断する親になれそうだなと思いました(笑)。

■好きだけど、言い出したら止まらない!赤ちゃん猫と暮らすデメリット
そして、猫と暮らすデメリットは、たくさんあります!寝られない。うるさい。トイレを失敗されると臭い。しかもそれが割と頻繁に起きる。洗うのが面倒くさい。洗濯物が増える。温度調節が必要なので、電気代がかさむ。そして、子猫はモロいので、ものすごく気を遣う。それから、痛い。子猫の爪はとても細いので、刺さるとものすごく痛いんです。特に爪の間に入った時が痛い!それから、まだ噛む力の調整もできないので、噛まれても痛い。甘噛みとかの次元じゃないんですよ。今回はこれぐらいにしておきますが、正直、まだまだあります!(苦笑)

でも、本当に大変なのは、離乳食を終えてからなんです。保護猫の掲示板とかに出ている子猫の時代は、本当に悪魔です(笑)。身体能力が高まってきているのに、心は赤ちゃんだから、大人の体で赤ちゃんのはしゃぎ方をするんです。人で考えるとすごいことじゃないですか(笑)?セイラちゃんとのぶおはその時代に我が家に来たので、本当に悪魔でした。家の中が大変なことになりましたが、それを上回るかわいさがあったので、嫌いにはならなかったですが。


ではでは。しーゆーあげいん☆★☆



【小田さくらさんプロフィール】
1999年3月12日生まれ、神奈川県出身。モーニング娘。’22のメンバー(11期)。ニックネームはさくら、おださく。ラジオ日本「モーニング娘。’22のモーニング女学院~放課後ミーティング~」に出演。特技はフラダンス、鼻歌。趣味はエモーショナル童謡。好きな音楽ジャンルはテクノポップ、VOCALOID。好きなスポーツはフィギュアスケート(見る専門)。座右の銘は「続ける」。

取材・文=及川静/撮影=中村和孝/漫画=オキエイコ

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2022 KADOKAWA. All Rights Reserved.