サイト内
ウェブ

【漫画】「逃げる」って、そんなにダメなこと!?少なくとも私は逃げたから今ここにいる/うつ逃げ

  • 2022年12月7日
  • Walkerplus

SNSでメンタルや生きづらさを題材にしたイラストと言葉を発信しているなおにゃんさん(@naonyan_naonyan)。うつ病と適応障害で会社を休職した経験があり、当時は「うつになって恥ずかしい。逃げるようで情けない」と感じていたものの、今では「休職して本当に良かった」と心から思っているそう。

コミックエッセイ「うつ逃げ~うつになったので全力で逃げてみた話~」は、そんななおにゃんさんの実体験をベースに描いた作品。病気から、会社から、果ては日本からも全力で逃げた1年間を、お届けする。


今回は、休職中ベトナムを訪れた時のエピソード。旅も後半となり、これまでの出来事を振り返っていると、「そもそも『逃げる』ってなんだっけ?」「あの時逃げてなかったら今頃どうなっていたんだろう…」と思ったそう。

■うつ病は、今まで固執していた考えを見直すいいきっかけになった
なおにゃんさんは子供の頃から、「逃げるな」「逃げちゃダメ」と聞かされていたそう。休職が決まった時に「情けない」「逃げるようで恥ずかしい」などと感じていた背景には、この幼い頃からの刷り込みが影響していたのだろうか。

「個人的には、刷り込みが影響しているように思います。両親はとても真面目で教育熱心な人だったので、私自身、根性論のようなものをすごく聞かされて育ちました。だからこそ、頑張らなかったり、逃げたりする自分はすごくダメなことをしていると自分を追い詰めて、責めてしまったりしたことも。でも、うつ病になってからは、それだけが『正しさ』ではないと思うようになり、今まで固執していた考えを見直すいいきっかけになったと思っています」

サイゴン川を眺めながら、「もしも人生を大きな川だと思ったら逃げることは単なる方向転換に過ぎなくて、逃げることでちゃんと前に進んでいるんじゃないんだろうか」と感じた今回のエピソードは、「うつ逃げ」の根幹を成しているように感じる。

「およそ10年前の出来事ですが、いつかこのことを何らかの形で描くだろうなと思っていたので、当時、自分なりに考えていたことをそのまま思い出して描きました。でも、サイゴン川の写真をあまり撮っていなくて、漫画を描く上で資料不足だったのが個人的にちょっと悔やまれました(笑)」

またベトナム旅行中に驚いたこととして、大群のバイクが通る道路が描かれている。しかもこの道路には信号機がないとのことだが、ラッシュ時は絶え間なくバイクが走っている状態なのだろうか?

「そうなんです…!信号機はあるにはあるのですが、自分が渡らないといけないメインの通りには全然なくて。現地の人はタイミングを見ながらスーッと渡っていて衝撃でした。いつも信号機のある歩道を渡っている日本人からすると、『絶対に無理!』となる道路です。これから初めてベトナムに行かれる人は、現地の動画を事前に見て、道路を渡るイメージをしておいた方がいいかもしれません…(笑)」

信号が渡れず30分間茫然と立ちすくむ彼女のもとに、突如現れた謎の人物。果たして無事向こう側に行くことはできるのだろうか!?「うつ逃げ」を今後も楽しみにしてほしい。

取材・文=石川知京

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2023 KADOKAWA. All Rights Reserved.