サイト内
ウェブ

「ジャパゲッティー」って何?大阪に現れた“無国籍スパゲッティー”の専門店に行ってみたら元気になった

  • 2022年8月6日
  • Walkerplus

毎日暑いと食欲がなくなったり、あっさりしたものが食べたくなったりするものだが、体のことを考えるとそうも言っていられない。筆者は「たまにはガッツリ、味の濃いものでも食べないとなぁ…」と、お昼ご飯の素麺を目の前に思ったりしているが、みなさんはどうだろうか。

そんな時に出合ったのが、2022年6月、大阪に新たに登場した「ジャパゲッティーノ」というお店。「ジャパゲッティー」の専門店だというが、「なんやそれ」と聞き慣れない言葉に思わず首をかしげた。わかるのは、なんとなくスパゲッティー的なものなのだろう、ということのみ。

「久しぶりにしっかりランチを食べてみるか!」と、今回は「ジャパゲッティー」を実食レポ。果たして、その正体とは?

■オフィス街の駅から直結という最高の立地!
訪れたのは「ジャパゲッティーノ クリスタ長堀店」。クリスタ長堀とは大阪市の心斎橋駅、四ツ橋駅、長堀橋駅の地下に広がるショッピングモールで、オフィス街に位置しているため仕事中のランチにも行きやすい立地となっている。11時から22時までの通し営業というのも魅力的だ。

入店してみると、大きなカウンター席のみ。1席1席アクリル板で仕切られ、おひとりさまでも訪れやすい仕様だ。席につくと、レモンの入った水がピッチャーごと運ばれてきた。この日はものすごく暑く、炎天下のなか自転車で店まで来た筆者にはありがたすぎるサービス。水をぐびぐび飲んで体を冷やしつつ、メニューを眺めることに。

■「ジャパゲッティー」はなんの略?スタミナ重視のラインナップ
メニューを見ると「特製spicytomatoスパゲッティー」「名物ナポリタンスパゲッティー」「ジャパゲッティー」の3つのジャンルがあるようで、人気は「特製spicytomatoスパゲッティー」から「乱切りソーセージベーコン スパゲッティー」、「名物ナポリタンスパゲッティー」から「ごろごろソーセージベーコン名物ナポリタン スパゲッティー」だそう。

ただ、今日のお目当ては「ジャパゲッティー」。説明には「『スタミナ&スパイシー&エスニック』なジャパニーズスパゲッティー」と書かれている。うすうす予想はしていたが、「ジャパゲッティー」とは「ジャパニーズスパゲッティー」の略だった。スパゲッティーを“炒める”という作り方が日本独自であるため、そう名付けられたそうだ。

「得体の知れなさすぎるものじゃなくてよかった…」と少しホッとしながら、「辛台湾!肉モツ スパゲッティー」「酸っぱ辛!エスニック海老きのこトムヤム スパゲッティー」などユニークな11種類が揃うジャパゲッティーから、今回は「とろっと海老玉!パクチー香るミーゴレン風 スパゲッティー」(1190円)を注文。インドネシア料理であるミーゴレンがスパゲッティーになっているところを想像できず、つい気になってしまったのだ。

メニューから「辛」「スパイシー」「スタミナ」などという言葉をたくさん浴び、急に食欲が出てきた筆者は、ジャパゲッティーと一緒に自家製フォカッチャ、コンソメスープ、オニオンサラダの3点が付くセットメニュー(160円)も注文。目の前の厨房から漂うおいしそうな香りに、さらにおなかをすかせた。

■ついに「ジャパゲッティー」とご対面!
待つこと10分ほど、注文したミーゴレン風スパゲッティーが到着!まず目に入ったのはそのボリュームのすごさ。一瞬驚いたものの、スパイスとパクチーの香りがたまらず、考えるより先にフォークを手にしていた。

ひと口食べてみると、想像がつかなかった“ミーゴレン風”というのも「なるほど」とすぐに納得。ほんのりレモンの爽やかさを感じる甘辛いケチャップ味に、エビ、卵、パクチーという具材はミーゴレンそのものだ。「スパイシーで元気が出る料理を食べたい、でもお米ほどガッツリじゃなく、するっと食べたい」というまさに今の筆者にぴったりの料理で、思わず感動!

「これは熱いうちに食べたほうがいいな」と判断し、そこからはパクパクとひたすら口に運び続ける。その途中、スタッフさんが「味変にどうぞ」と言いながら渡してくれたサテトムの存在を思い出し、少しずつかけて麺に絡めて食べると、レモングラスの風味やエビの旨味が追加されてたまらないおいしさに。一度は驚いたボリューム感だが、麺自体が大盛りなわけでなく、太めの麺を使い、それをさらにもちもちに仕上げているためボリューミーに感じたようだ。釜ゆでしたスパゲッティーを一度冷水でしめてぬめりを取り、それを強火で炒めることでもちっとした食感になるという。セットメニューもあわせて、ぺろりと完食した。

ガツガツと夢中でたいらげて、気が付けば素麺しか食べたくない日々のことはすっかり忘れていた。「ジャパゲッティーって何?」と気になっている人はもちろん、「暑い夏を乗り切るためにスパイスチャージしたい!」という人にもおすすめしたい1品だ。

取材・文=ウォーカープラス編集部

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

※記事内の価格は特に記載がない場合は税込み表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2022 KADOKAWA. All Rights Reserved.