サイト内
ウェブ

コスプレイヤーの本田夕歩が1st写真集を発売!「私の人生のような1冊」

  • 2022年6月15日
  • Walkerplus

SNSを中心に活動するコスプレイヤーの本田夕歩。本格的なグラビアに挑戦した1st写真集『本田夕歩1st写真集 amble』が6月15日に発売。写真集へ込めた思いやこだわりなどを一問一答形式で答えてもらった。

■「amble(アンブル)」というタイトルは私の名前にある“本田夕歩”の歩と結びついている
――『amble』を出すと決まった時の気持ちを教えてください。

【本田夕歩】正直、実感が湧かず頭の中がハテナだらけだったので記憶が曖昧です。それくらい衝撃もすごくてびっくりでした…!じわじわと不安な気持ちや嬉しい気持ちが交錯して不思議な感覚だったのも覚えています。

――どういった経緯で、写真集の発売を決めたのでしょうか。

【本田夕歩】最初は「写真集が決まりました!ではなく写真集を出すことに興味があるかどうか」でお話を頂いたので、あまり深く考えずに「興味あります!」と答えました。まさか本当にメジャーの写真集を発売することになるなんて思いもしなかったので、今でもふわふわした気持ちが残ってます(笑)。

――どんな内容の写真集になっているのでしょうか。

【本田夕歩】写真集のテーマが「ゆっくり、マイペースに歩いていく」なので等身大の私を感じられような表情は勿論、自分の人生を変えてくれたコスプレちっくな衣装などなど私の人生のような1冊になっております!

――制作する上で、本田さんがこだわった点があれば教えてください。

【本田夕歩】笑顔にしても、くしゃっと本気で笑ってるカットやセクシーな衣装の時はキメすぎじゃないの?ってくらいキメてる表情など…本当にさまざまな表情が見られるようにしました!特に浴衣のカットでのフワッと笑ってる顔は、自撮りで撮ってもなかなかできない表情だったので自分でもびっくりしました。

また衣装に関しても、自分が着てみたいものやチャレンジという意味での衣装もあって、それぞれ注目していただけたら嬉しいです。特にスタイリストさんお手製のうさぎとパンダチャイナのコスチュームはじっくりじっくり見てくださいね…!感想もお待ちしてます♡

――『amble』をタイトルにした理由を教えてください。

【本田夕歩】「amble(アンブル)」というタイトルは私の名前にある“本田夕歩”の歩と結びついています。写真集のテーマにもなっている「ゆっくり、マイペースに歩いていく」などの意味があります。編集担当の方が決めてくださったのですが、私にぴったりすぎて驚きが隠せませんでした…。あえて全て小文字なのも私らしくてお気に入りのポイントです。皆さんにも愛してもらえるタイトルになるといいな…!

――帯に「大人になりたかった」とコメントが載っていますが、詳しく教えてください。

【本田夕歩】普段SNSでは私服での写真が多く、あまり露出度の高いものは載せていなかったので、今回の写真集で大人になった私を見て頂きたいです。今までは避けてきた大人っぽいランジェリーなども挑戦できたきっかけになり、一歩また大人になれた気がします。

■学生時代とかとはまた違う青春を謳歌してる自分をギュッと凝縮した写真集
――『amble』に点数を付けるとすると何点になりますか。

【本田夕歩】100点中100点です!勿論、自分自身が完璧だとは思いませんが、今回この写真集に携わってくださったスタッフの皆さんや、ファンの皆さんのおかげで100点までレベルアップできていると思います!まだまだ限界突破できるよう精進してまいります…!

――カバーのイエローのワンピースがかなり目を引きます。この写真をカバーに決めた理由を教えてください。また、別の候補もあったのでしょうか。カバー撮影時のお話を聞かせてください。

【本田夕歩】カバーの黄色のワンピースは本当にお気に入りの衣装でもあり、カバー写真は大好きな1カットになっています。トータルバランスで見て盛れているのと、一目見て目立つ黄色でもあったのでこちらに決まりました!別の候補も勿論あったのですが、直感も含めて黄色のワンピースのカットが良かったので、今ではそれ以外が考えられないくらいお気に入りです。

カバー撮影時はとにかく顔もポージングも何もかもが◎じゃないとダメなので、逆に意識しすぎないようにしていたのを覚えています。

――また、裏表紙はセクシーなチャイナ服で目立ちますね。この写真を裏表紙に決めた理由は?裏表紙撮影時のお話も聞かせてください。

【本田夕歩】メインのカバー写真とは違ったギャップ感を出せるようにパンダチャイナのコスチュームのカットを選ばせていただきました!セクシー感もあり可愛さもありで、初見の方にも刺激が強すぎないものにしたつもりです(笑)。

裏表紙はメインのカバー写真とは違うイメージだったので、いつも通りな感じで写真を撮っていただきました…!どちらにも共通しているのがカバー写真を撮ってもらってるという感覚を無くしてポージングをしていたことです。

――本田さんにとって、どんな存在の写真集になりましたか。

【本田夕歩】学生時代とかとはまた違う青春を謳歌してる自分をギュッと凝縮した写真集です。写真集の内容自体は私の人生を変えてくれたコスプレの要素だったり、普段の私らしさが詰まっていますが、どんな存在かと言われたらパッと青春という文字が浮かびました。二度とこの気持ちは味わえないと思いますし、もう少し大人になった時に楽しかったなあと思い出せるような、そんな感じです(笑)。語彙力がなくてすみません。

――お父さんやお母さん、家族、友達には写真集を見てもらいましたか。

【本田夕歩】まだ先行カットやオフショットくらいではありますが見せました!特に家族はすごく喜んでくれて、職場の方々に宣伝しているらしいです(笑)。ちょっと恥ずかしさもありますが嬉しいですね…!

――本田さんが編集に大きく携わったと聞いております。写真のセレクトはどんなふうに行ったのでしょうか。

【本田夕歩】こだわった部分でもお話したのですが、表情やポージングです!表情に関しては普段の自分だったら載せないものや、選ばないものも視野に入れて写真を選別させて頂きました。ポージングも見ている皆さんが飽きないようにポーズが同じものは選ばないなど、こだわっています。

――扉のページがいきなりピンクのウサギのコスプレで、可愛らしいですね。ウサギのカットを頭にもってきた理由を教えてください。

【本田夕歩】やはり原点であるコスプレから始まるのが、この写真集のテーマにも合っていると思い選ばせていただきました。何気なく始めたコスプレが、まさかここまで私を連れてってくれるとは思いもしなかったので。本当に物語の始まりと言っても過言ではありません。

――ページをめくるにつれて、グラビア色が強くなりますね。グラビアの撮影はいかがでしたか。

【本田夕歩】久しぶりのグラビアでとても緊張しましたが、慣れは怖いもので恥ずかしさも緊張も気づいたら無くなっていました。ただ、あまりキメすぎないように、あくまで自然にというところではポージングが難しくて1人で苦戦していたのも覚えています。

――写真集はどこで撮影したのでしょうか。日程やロケーションについて教えてください。

【本田夕歩】海がきれいな伊豆の素敵なホテルで撮影させていただきました!2泊3日だったのですがまさかのスイートルームで、1人きりは寂しかったです。ずっと寝室が拠点になってました。時期はほぼ冬に近い秋です。寒さよりも撮影のことが気がかりであまり気になっていませんでしたが、冬の海での水着はさすがに寒かったですね(笑)。

■集中するとさっきまで考えていたことを忘れるタイプなので、撮影に専念出来た
――自分ってこんな表情するんだと驚いたことなど、新たな発見はありましたか。

【本田夕歩】浴衣のカットなのですが、机の下から覗いてフワッと笑っている表情です。恐らく奇跡の一枚に近いと思うのですが、普段自撮りをしていても見れない表情なので、ぜひ皆さんに注目して見ていただきたい!きっと現場の雰囲気が心地よくて生まれたお顔だと思います(笑)。

――今回の撮影に向けて、ボディメイクなど準備したことはありますか。

【本田夕歩】写真集の発売が決まる前からダイエットはしていたのですが、さらにエンジンがかかった感じです。撮影時期も決まるのが早かったので気持ちの切り替えも楽でした。この姿が世に出回ると考えれば、いつも食べていたジャンクフードも口に入らなくなりました。勿論、無理なダイエットはせず食べる時は食べてのメリハリをつけていたので、リバウンドはなかったです!

――精神面ではどんな気持ちで撮影に望まれたのでしょうか。

【本田夕歩】不安もいっぱいで緊張しまくりでしたが、いざ撮影が始まるとその緊張も解けていました。集中するとさっきまで考えていたことを忘れるタイプなので、撮影に専念出来てよかったです。

――撮影を振り返って、いちばん楽しかったことと逆につらかったことを教えてください。

【本田夕歩】1番楽しかったことは、素敵な衣装を着て撮影していただいたことです。もう二度と同じ衣装を着ることもないので、写真集を見ながらまた思い出に浸りたいです。

つらかったというか、かなり思い出に残っているのが冷水事件です。水着のカットでシャワーを浴びたのですが、寒すぎて冷たい水が出ていることにしばらく気づきませんでした(笑)。温水が出ていると思ったらまさかの!あの時は本当に感覚が麻痺してましたね。

――制作スタッフとはどんなふうにコミュニケーションをとりながら進めていきましたか。

【本田夕歩】制作スタッフの皆さんとは各々お話する機会があったので、それぞれヘアメイクさんならメイクのことだったり、スタイリストさんだったら衣装についてなど聞いてました。またご一緒できるように頑張りたいです。

――特にお気に入りのカットを教えてください。

【本田夕歩】ありすぎて選べないです…が黒のボディースーツはお気に入りすぎて殿堂入りしてます。衣装はスタイリストさんのお手製で、ヘアメイクも衣装に合わせて濃いめになっております。何もかもが私の好きが詰まったような雰囲気なので、写真を見返していた時も1番わくわくしてました。

――衣装について教えてください。着てみてどうだったか、合わせてヘアアレンジについても教えてください。

【本田夕歩】衣装はどれもお気に入りです。スタイリストさんにこんな衣装が着たい!とリクエストさせて頂いたのですが、リクエスト通りの衣装ばかりで本当に感謝してもしきれないです。かなりタイトなスケジュールにも関わらず全てヘアを変えてくださって、ヘアメイクさんの本気を感じ私も俄然やる気が出たのを覚えてます。

――ロケ中のオフタイムはどんな風に過ごしましたか。

【本田夕歩】撮影終了時に素敵なお食事を頂いたのですが、本当に美味しかったです。撮影が終わると全てのスイッチが切れて、お腹もかなり空いていたので美味しいご飯が食べられて幸せでした。

――エッセイを書いてますね。どんな風に書いたのでしょうか。ロケ中に書こうと決めたものがあれば教えてください。

【本田夕歩】正直ロケ中には何も考えてなくて、いざ書いてくださいとなった時にパッと浮かんだものを文字に起こした感じです。パッと浮かんだものではあったのですが、書きたいことをまとめることができたので大満足です。

■一度とは言わず何度でも見返していただきたい
――『amble』を出版することで、何か変化はありましたか。

【本田夕歩】見てわかるような大きな変化はないですが、ちょっとずつ気持ちの変化はありました。もっと見られている意識を持つことだったり、普段の撮影にしろ写真集で学んだポージングや表情の作り方を思い出してみたり。口に出して言うことではないけど、自分の中でもっとこうしてみよう、ああしてみようなど向上心も芽生えた気がします。

――次に書籍を出版するとしたら、どんな内容のものを制作したいですか。

【本田夕歩】今回はグラビア感が結構ありましたが、次回はフォトブック的な感じで私服だったりメイクだったりもお見せできるようなものを作ってみたいです。

――写真集に関することで、上記で言い足りなかったことがあれば教えてください。

【本田夕歩】未だに夢なんじゃないかと思うことがありますが、写真集を発売できると決まったからには今まで応援してくださった方はもちろん、沢山の方に手に取って見て頂きたいです。普段の私らしさを多く語っていましたが、そうじゃない一面も見れる盛り沢山な1冊になっているので、一度とは言わず何度でも見返していただきたいです!

――現在の好きな言葉を教えてください。

【本田夕歩】褒め言葉全部です。あまり好きな言葉を意識したことないのですが、言われて嬉しいしテンションが上がるのは褒め言葉なので!特に「可愛い」は素直に嬉しいですね(笑)。

――本田さんが思う「理想の女性」とは?

【本田夕歩】仕草や、言動全てにおいて品のある大人っぽい女性です。

――自分の今の大人度は?

【本田夕歩】30%です!かなり低めですが、27歳あたりには90%を目指して頑張りたいです。

――20代のうちにやっておきたいことはありますか。

【本田夕歩】もっともっとコスプレをすることです。最近はコスプレも出来ていないので、出来るうちにやっておきたいです。

――今後の目標、挑戦したいことを、お仕事とプライベートと両方教えてください。

【本田夕歩】お仕事ではファッション・メイク系のお仕事がやってみたいです。特にお洋服が大好きなので普段着ないようないろいろな系統のお洋服を着てみたいですね!

プライベートでのやってみたいことは海外のディズニーランドに行きたいです。今はまだ難しいと思いますが、いつか行ける日を夢みて。それまで頑張ります。

――この写真集を見てくれたファンにメッセージをお願いします。

【本田夕歩】今回、1st写真集「amble」を手に取っていただいた皆さん。本当に有難うございます。普段の私を知ってくれている皆さんから見て、かなり衝撃だったのではないでしょうか?皆さんの感想を聞けるのがとてもとても楽しみです。何者でもない私をここまで応援してくださって本当にありがとうございます。感謝してもしきれません。これからも皆さんに沢山恩返しができるよう精進して参りますので、応援のほどよろしくお願い致します。

文(回答)=本田夕歩 撮影・取材=野木原晃一 

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2022 KADOKAWA. All Rights Reserved.