サイト内
ウェブ

WILD-1のスタッフに聞いた!2022年春のキャンプギア売り上げトップ10

  • 2022年6月1日
  • Walkerplus

子供から大人まで、幅広い年代で楽しめるアウトドアアクティビティ。なかでもキャンプは、近年爆発的な流行を見せており、新たに挑戦してみようとアウトドアショップに足を運ぶ人も多い。そこで今回は、アウトドアショップ「WILD-1(ワイルドワン)」の2022年春の売り上げトップ10を調査!初心者はもちろん、ベテランキャンパーも今のキャンプギアのトレンドをチェックして、アウトドアグッズ選びの参考にしよう!

■【ショップ紹介】WILD-1
WILD-1は、関東を中心に国内で22店舗を構えるアウトドアショップ。キャンプや釣り、トレッキングなど、さまざまなアウトドアアクティビティで役立つギアを数多く揃えている。また、初心者向けの山歩きのイベントなども開催しているほか、栃木県にはWILD-1が運営するキャンプ場「ワイルドフィールズおじか」もある。

今回は22店舗を代表して、「WILD-1名古屋守山店」(名古屋市守山区)の売り上げトップ10を調査!副店長の横山さんに今シーズンのトレンドを伺うと、「20~30代のカップルや、グループでキャンプを始めたいという相談が増えています。ほかにも、『キャンプにハマったので、よりギアにこだわりたい』と来店される方も多いです」と教えてくれた。

それでは、WILD-1名古屋守山店の2022年春のキャンプギア売り上げトップ10を、横山さんのコメントともに発表しよう!

■2022年春のキャンプギア売り上げトップ10
■【第10位】tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン) マルチホットサンドイッチメーカーII(6578円)
アウトドアブランド「TULSA TIME」と「tent-Mark DESIGNS」がコラボレーションした、深さ18ミリと28ミリのクッカー、フタの3つがセットになったホットサンドメーカー。クッカー部分はフライパンとしても使えるので、これ1つで多彩なメニューが作れる。

「おしゃれなイメージでキャンプの朝食でも人気のホットサンドですが、これは分厚い食材も挟めるので、ガッツリ食べたい食いしん坊も満足させます♪」(横山さん)

■【第9位】Coleman(コールマン) ファイアーサイドレイチェア(1万3800円)
3段階にリクライニングでき、食事の際はもちろん、星空を眺める際にも快適に使うことができる万能チェア。燃えにくい生地でできているので、焚き火の近くに置いても安心だ。

「リラックスできる座り心地で、焚き火好きから人気があります」(同上)

■【第8位】tent-Mark DESIGNS 野蔵(NOGURA)(1万1000円)
2泊3日は持つ抜群の保冷力に加え、使い勝手のいい22リットルの容量で、ソロキャンプに最適なソフトクーラーボックス。30度の外気温でも、45時間の保冷力を発揮する。蓋の外上部には天板を装備しているので、簡易テーブルとしても使用できる。

「デイジーチェーンを装備しているので、バイクやカヌーへの積載に便利。旅キャンパーに人気です」(同上)

■【第7位】Qualz(クオルツ) メッシュトップテーブル12060(8800円)
リビングスペースに置くのにぴったりな、幅120センチ×奥行き60センチのテーブル。天板が金属製のメッシュでできているので、熱や濡れに強いのがうれしい。高さは65センチと37センチの2段階に調節できるので、シーンに合わせて活用できる。

「天板を3つ折りにして収納でき、コンパクトになるのも魅力です」(同上)

■【第6位】UNIFLAME(ユニフレーム) fan5DX(1万7600円)
ステンレス大鍋、ステンレス片手鍋、ライスクッカーDX、メッシュバスケット、フライパンの5種類がセットになった、クッキングウェアのベストセラーモデル。

「失敗しがちな炊飯も、このライスクッカーDXが救ってくれます。麺の茹で上げや野菜を洗う際など、実はメッシュバスケットもかなり便利です」(同上)

■【第5位】tent-Mark DESIGNS テンゲルスタンダード(2万1780円)
前室にフレームを入れることで大きな空間を確保したテント。雨の日でも快適に過ごすことができる。また、別売りのキャノピーポールを使って入り口部分のフライシート跳ね上げれば、タープのような快適空間を作れる。

「自炊しながら旅をする、バイクツーリングのお客様に人気。前後に入り口があるので、2人で使っても快適です」(同上)

■【第4位】LOGOS(ロゴス) 丸洗い寝袋 スリープジャック・2(4980円)
メイプルのカモフラージュ柄がサイドにあしらわれた、ブラウンカラーの封筒型シュラフ。適正温度2度まで対応するので、春から秋にかけての3シーズンで使える。ハンガーループ付きで干しやすいのもうれしい。

「『寝袋って洗えるの?』という初心者が抱きがちな疑問を、ズバリ商品名で解決しているのがさすがです」(同上)

■【第3位】UNIFLAME ツインバーナーUS-1900(2万3500円)
約3.9キロと軽いため、持ち運びが楽な2口のガスコンロ(2バーナー)。パワーブースターを搭載しているほか、風防性能も抜群なので、屋外で快適に使うことができる。また、汁受けは汚れに強く、衛生的なステンレス製。

「カセットボンベ式で取り扱いが簡単。スタイリッシュなルックスが人気です。同ブランドの『フォールディングガスランタンUL-X(1万3500円)』とセットで購入されるお客様が多いです」(同上)

■【第2位】snowpeak(スノーピーク) エントリー2ルーム エルフィールド(9万200円)
エントリーキャンパー向けの2ルームシェルター。4本のアーチフレームとリッジポールを用いたシンプルな構造で、初心者でも設営が簡単だ。インナールームとルーフシートを標準装備している。

「設営の簡単さに加え、悪天候にも強いのはさすがスノーピーク。テントとしてはもちろん、BBQなどデイキャンプのシェルターとして使えるのも人気の理由です」(同上)

■【第1位】Coleman ラウンドスクリーン2ルームハウス スタートパッケージ(7万6780円)
WILD-1別注の2ルームテントセット。設営が簡単なので、キャンプ初心者におすすめだ。4~5人用で、カップルからファミリーまでゆったりと使いやすいサイズ。専用のインナーマットとグランドシートがセットになっており、買い足しが不要なのもうれしい。

「インナーマットとグランドシートがセットでこの価格は魅力的。3面オープンできる開放的なリビングで、キャンプデビューに最適です」(同上)

WILD-1の2022年春のキャンプギア売り上げトップ10には、ロングセラーアイテムのほか、人気ブランドの別注モデルもランクイン!これからキャンプに挑戦する人はもちろん、ステップアップを考えている人も、気になるアイテムを見にお店に足を運んでみてはいかがだろうか。


※記事中で紹介している商品は売り切れとなっている場合があります。また、販売価格が記事中と異なる場合があります。
※記事内の価格は特に記載がない場合は税込み表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。
※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症の影響で随時情報が変わる場合があります。ご利用の際はできるだけ事前確認をおすすめします。
※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2022 KADOKAWA. All Rights Reserved.